Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード
#156
STUDIO by LIG

【2021】東京おすすめWebデザインスクール9選!未経験からWebデザイナーを目指すあなたへ

こんにちは、Webデザインスクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」の天です。

今回は「Webデザインを学びたいけど、たくさんある学校の中でどこが良いのかわからない!」という方に、東京にある注目のWebデザインの学校をピックアップしました! 最近のコロナ禍で「通学に抵抗あるな」……という方にもおすすめの、オンラインで学べる学校もあわせてご紹介します。

未経験から6ヶ月でWebデザイナーになれるデジタルハリウッドSTUDIO by LIG

Webデザインスクール選びのポイント

また、私たちがおすすめするWebデザインスクールの選び方を3つ紹介します。どのスクールにしようか迷った際はぜひ参考にしてくださいね。

実践的かどうか

知識やツールの使い方をインプットするだけであれば本や映像教材でも十分に学べますが、自分が作ったWebデザインに講師からフィードバックをもらい改善していく過程は、スクールで学ぶからこそ得られる醍醐味だと思います。せっかくスクールに通うのであれば、どれだけ手を動かすカリキュラムがあるのかどれだけ講師からフィードバックをもらえる環境なのかを重視してみてくださいね。

また、実践形式はスキルアップだけでなくポートフォリオ作りにもつながります。スクールによっては転職サポートも充実しているので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

Web制作全体のことが学べるか

Webデザイナーとして就職したり、仕事を得たりするためには、デザインツールが使えるだけでは通用しません。実際の現場では、なんのためにWebサイトを作るのか、どういった人に使われるサイトなのかなど、論理的に考えた上でデザインをしていきます。さらにクライアントワークではマーケティングの知識やコミュニケーションスキルが必要不可欠です。

Web制作全体のことを学べるカリキュラムになっているかどうかも、選定ポイントに入れてみてくださいね!

学習が続けやすい環境か(通学orオンライン等)

Webデザインを学びはじめた方のほとんどは、「なかなか時間がとれない……」「やる気が続かない……」というお悩みを抱えています。スケジュール管理が問われる状況下だからこそ、モチベーションが自然と上がる環境に身を置けるかどうかってとても重要ですよね。

たとえばスクール選びの基準のひとつに「授業形式」があり、大まかに下記の3種類に分けることができます。

オンライン完結型 Web上で学習が完結する。講師とのやりとりもビデオ通話やチャットを通して可能。
通学型 校舎に通学して学ぶ。講師や受講生と対面のコミュニケーションができる。
オンライン+通学型 オンラインと通学が選べる、または組み合わせたスクール。

オンライン完結型のスクールの場合、24時間いつでも学習できるなど時間の融通がきくことが多いです。ただしPCの準備やインターネットなど学習環境は自分で整える必要があることも(なかには機材をレンタルしているところもあります)。

通学型のスクールはオンライン完結型のスクールよりも総じて料金は高くなりますが、講師や仲間に囲まれて学びに集中できる、いわば塾のような環境だと思います。ただし立地や営業時間に通いやすさが左右されてしまうデメリットも。日常生活に組み込めるかどうかを事前にイメトレしましょう!

またオンラインと通学が選べる、または組み合わせたスクールも多くあります。当校も通学とオンライン両方の学習スタイルを提供していますが、毎日通う方もいれば、週1回の通学+自宅オンライン学習の方もいますよ。

最近はコロナの影響もあり、スクールのオンライン化もどんどん進んでいます。どんな環境だったら学び抜けるのか、ぜひ自分にあった場所を模索してみてください。

▼おすすめのオンラインスクールはこちらにまとめてみました!

Webデザイナーになるために必要なスキル

Webデザインスクールでは、おもに以下のツールや言語を学ぶことができます(実際にどこまで学べるかはスクールによって異なるため、コースの詳細をチェックしてみてくださいね)。

デザインツール

Adobe Photoshop

写真を加工・合成したり、デザイン・イラストの作成ができる画像編集ソフトウェア。写真素材をベースにしたデザインをする際によく用いるツールです。

Adobe Illustrator

テキストと画像を組み合わせたレイアウトの作成や、図形を組み合わせたイラスト作成ができるソフトウェア。ロゴの作成や印刷物のデザインをする際によく用いるツールです。

Adobe XD

Webサイトのワイヤーフレームやデザインカンプ(デザイン見本図)を作成できるUI/UXデザインツール。コメント機能などクライアントへの共有に便利なので、Web制作の現場でよく使われるツールのひとつです。

Webサイトの見た目に関わる言語

HTML/CSS

HTML、CSSともに、Webサイトの見た目を構築する基本の言語で、セットで使われます。

HTML(Hyper Text Markup Language)は、タイトル・見出し・画像・リンクなど、要素の構造を指定するための言語です。一方で、CSS(Cascading Style Sheets)は、HTMLで指定した要素をどのように装飾して表示させるかを指定する言語です。

▼詳しくはこちらの記事を見てみてください!

JavaScript/jQuery

JavaScript、jQueryは、Webサイトの見た目に動きをつける言語です。

JavaScriptは、HTMLのコードに埋め込んでブラウザの動的なエフェクトを実行できるプログラミング言語です。LIGブログでいうと、右下にでている「↑(上矢印)」を押すとページの最上部にググッと移動します。こういう動きをおこなえるのが、JavaScriptです。jQueryは、JavaScriptをより簡単な記法で表現できる、JavaScriptライブラリのひとつです(ライブラリとは、汎用性の高い複数のプログラムを再利用できる形にまとめたものをいいます)。

Webサイトの構築に関わるソフトウェア

WordPress

WordPressは、Webサイトを構成するテキストや画像、デザイン、レイアウト情報などを一元的に管理できる、無料CMS(Contents Management System)のひとつです。テンプレートが用意されているので、プログラミングの知識がなくてもWebサイトを作成できることが特徴です。

その他デザイナーとして身につけるべきスキル

実際にWebデザイナーとして働くためには、さらに身につけなければならないことがたくさんあるんです。たとえば……

  • Webサイトが完成するまでの全体像を把握し、周囲の人と協力しながらプロジェクトを前進させるWebディレクションスキル
  • お問い合わせ獲得や認知拡大など、Webサイトを作る目的を実現するためになにが必要かを考えるマーケティングスキル

Webデザイナーとして転職することを目指すのであれば、ぜひこれらは合わせて身につけていくことをおすすめします。

▼弊社のデザイナーにWebデザイナーに求められる役割やスキルの話を聞いたこちらの記事もおすすめです。

東京のおすすめWebデザインスクール

東京都内に校舎がある、通学しやすいWebデザインスクールをまとめました! 多くのスクールはオンライン・通学が選べるようになっています。

注:比較表中の「時間あたりの授業料の目安」は動画視聴時間などカリキュラムにかかる最低学習時間と、入学金・設備費などを除く講座費用から算出したものです。個人の学習時間やサポート時間は含まれませんので、あくまで目安のひとつとしてお考えください。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
https://liginc.co.jp/studioueno/

  • Web制作会社LIGが運営している実践型スクール
  • 現役デザイナーによるオリジナル講義がある
  • 個別の学習・就職支援があり、LIG就職の道も

授業形式 オンライン+通学型
コース・期間・税込料金 入学金:¥55,000-(講座追加ごとに+1.1万円)
 
Webデザイナー専攻(6ヶ月)¥440,000-
グラフィック経験者プラン(6ヶ月)¥352,000-
Web担当者プラン(6ヶ月)¥352,000-
Webデザイナー専攻 + WordPress講座(8ヶ月)¥525,800-
※ 120回までの分割払いも可能(例¥8,554×60回)
※ 上記費用には設備費(¥55,000-)も含まれています
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥49,500〜58,850
1時間:¥3,468
身につくスキル デザイン基礎 / Illustrator / Photoshop / HTML / CSS / JavaScript / カメラ / ライティングなど、コースによって異なります。
場所 上野、池袋、大宮
サポート体制 オンライン・オフラインでの不明点質問(無制限)
ソフト・ハードウェアの特別価格購入
就職・転職サポート
フリーランスの方へのお仕事提供 など

Web制作事業を展開する私たちLIGと、デジタル教育の圧倒的な実績を誇る“デジタルハリウッド”がコラボして設立されたWebデザインスクールです。自分の好きな時間に学べる画期的なカリキュラムや、LIGの現役デザイナーやクリエイターから学べる授業も充実しています。定期的な個別学習相談会や担任制度もあり、安心して学習できます。転職を目的としている方は、LIGヘの採用や、提携の会社を通して就職の斡旋をおこなっています。

資料請求はこちらから

個別説明会はこちらから

卒業生インタビュー

卒業生が制作した作品集

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー
https://haa.athuman.com/academy/webdesign/

  • オンラインスタイル・クラス担任スタイル・ブレンドスタイルが選べる
  • カウンセラーによる就・転職サポート
  • 現役プロ講師による個別サポート

授業形式 オンライン+通学型
コース・期間・税込料金 入学金:¥11,000- + 教材費、システム利用料
 
Webビジネス総合コース(6ヶ月)¥356,070-
Webデザイナートータルコース(10ヶ月)¥433,510-
Webデザイナーエキスパートコース(12ヶ月)¥715,000-
※ 教育訓練給付制度適用
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥43,000~59,300
身につくスキル デザイン基礎 / Photoshop / Illustratorなど、コースによって異なります。
場所 新宿、銀座、立川 など
サポート体制 教育訓練給付制度利用可
就職・転職サポート など

IllustratorやPhotoshop講座といった単科コース(3時間・16,500円~)から、Webデザイナー、Webディレクターを目指す方のためのセットコースまでラインナップされています。全国に29教室もあるため、ご自宅近くの教室を探すことができるのも特徴です。

Winスクール


https://www.winschool.jp/

  • 300種類以上の講座が選べる
  • 講師一人につき最大5名までの少人数レッスン
  • カウンセラーによる就・転職活動支援

授業形式 通学+オンライン型
コース・期間・税込料金(詳細 入学金:¥19,800- + テキスト代:¥9,900~
※ コースによって異なります
 
単科講座(7.5時間~)¥41,800~
WEBスタンダード(5/7ヶ月)¥206,800~
WEBデザイナー(7/9ヶ月)¥277,200~
WEBクリエイター(5/7ヶ月)¥206,800~
WEBマスター(9/10ヶ月)¥327,800~ など
※ 講座によって教育訓練給付制度が適用
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥37,400~41,360
1時間:¥3,428~4,136
身につくスキル Photoshop / HTML / CSSなど、コースによって異なります。
場所 北海道・東北エリア
都内・南関東エリア
四国エリア
など
サポート体制 ソフトウェアの特別価格購入
教育訓練給付制度利用可
転職・就職相談
など

全国各地に校舎を構えるWinスクール。資格取得や就職支援にも力を入れているので、資格を取りながら目に見える形で力を付けていける環境です。

📋資料請求
💡無料体験・説明会

KENスクール


http://www.kenschool.jp/

  • 開校31年の老舗
  • マンツーマンの個別指導
  • 幅広い分野のカリキュラムがある

授業形式 オンライン+通学型
コース・期間・税込料金 入学金:¥33,000-
 
Web Basicマスターコース(3ヶ月)¥155,100-
Web実践コース(6ヶ月)¥290,400-
Web実践就転職総合コース(6ヶ月)¥377,300-
Web実践プロデザイングラフィック就転職総合コース(9ヶ月)¥556,600-
など
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥48,400~61,800
1時間:¥3,522~4,081
身につくスキル Photoshop / HTML / CSS / Dreamweaverなど、コースによって異なります。
場所 新宿、池袋、北千住 など
サポート体制 個別授業フリータイム制度
インターンシップ制度
就職・転職サポート など

開校して31年、パソコンスクールとして運営されてきた「KENスクール」は、Webデザイン以外にも3D-CAD、Office、ネットワークまでの幅広い講座が充実しているのが特徴です。3時間から学べる単科講座も用意されていて、短い期間でお手軽に通学できます。

オンライン受講を希望の場合、「KENスクール ONLINE」のお申込みが必要です。

📋資料請求
💡無料カウンセリング

バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ

バンタンデザイン研究所 キャリアカレッジ
https://www.vantan-career.com/

  • グラフィックデザインが学べる専門学校
  • 10~20人の少人数クラス制
  • 独自の映像教材で授業の予習復習ができる

授業形式 通学型
コースの種類 入学金:¥50,000-
 
グラフィックデザインコース(6/12ヶ月)¥430,000~
アートワーク&イラストコース(6/12ヶ月)¥430,000~
空間デザインコース(6/12ヶ月)¥430,000~
フォトグラフィコース(6/12ヶ月)¥430,000~ など
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥57,500~71,600
1時間:¥4,130
身につくスキル DTB基礎/Illustrator/Photoshopなど、コースによって異なります。
場所 東京(恵比寿)、大阪
サポート体制 教育クレジット利用可 など

東京と大阪の2拠点に構えるバンタンデザイン研究所キャリアカレッジ。忙しい転職者や学生であっても「週1なら通えるかも」という方も多いのではないでしょうか。週1日で4時間の通学が可能なプランもあるので、仕事をしながら少しずつ学習を進めたい人にとって学びやすい環境です。

📋資料請求
入学までの流れ

東京デザインプレックス研究所

東京デザインプレックス研究所
https://www.tokyo-designplex.com/

  • 「デザイン」に特化した専門学校
  • 少人数制の対面・実践形式授業
  • カリキュラムとは別に、2年間約80のプログラムを無料で受講できる

授業形式 通学型
コース・期間・税込料金 入学金:¥33,000-
 
Web&スマートフォンサイト制作コース(185時間)¥583,000-
Webデザイン総合コース(235時間)¥693,000-
Webクリエイティブ総合コース(285時間)¥803,000-
など
※ 給付金制度対象講座あり
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥80,300~97,100
1時間:¥2,817~3,151
身につくスキル デザイン基礎 / Illustrator / Photoshop / HTML / CSS / JavaScript / jQuery / Adobe XD / マーケティング / UI・UXデザインなど
場所 渋谷
サポート体制 教育訓練給付制度利用可
キャリアセンターの就職サポート
修了後も3年間学校設備が使える
など

デジタルデザイン・空間デザイン・ビジネスデザイン・コミュニケーションデザインの領域が学べる専門学校。短期集中型の昼間部、週2~3ペースで通う夜間部、土日集中クラスなど、ライフスタイルにあわせた通学が可能です。ポートフォリオアドバイスや施設利用など、修了後のサポートが手厚いのが特徴でもあります。

📋資料請求
入学募集要項

オンラインのおすすめWebデザインスクール

コロナ禍でも安心! 一度も通学することなく、完全オンラインで学べるオンラインWebデザインスクールもご紹介します!

CodeCamp

CodeCamp
https://codecamp.jp/

  • マンツーマンのオンラインレッスン
  • レッスンは当日予約可能(7~24時の間)
  • 自分に合う講師を選べる

授業形式 オンライン完結型
コース・期間・税込料金 入学金:¥33,000-
デザインマスターコース(2/4/6ヶ月)¥148,000~
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥55,000~82,500
1時間:¥7,500~12,700
身につくスキル Illustrator / Photoshop / HTML / CSS / JavaScript / jQuery / Bootstrap
サポート体制 マンツーマンレッスン
キャリア実現お祝い制度
キャリアアドバイザーによる転職サポートなど

ビデオ通話を利用した、オンラインのマンツーマンレッスンです。オンラインなので、忙しい社会人の方でも場所を選ばず受講が可能です。WebデザインコースはPhotoshop・Illustratorを使って基礎からツールの使い方を学ぶことに特化したコースや、自分のデザインでWebページをつくることをゴールとする上級者向けコースもあります。

TechAcademy

TechAcademy
https://techacademy.jp/

  • 週2回現役デザイナーによるメンタリングが受けられる
  • 先割キャンペーンあり
  • 受講生限定の転職支援サービス

授業形式 オンライン完結型
コース・期間・税込料金 Webデザインコース(1/2/3/4ヶ月)¥174,900~
時間あたりの授業料の目安 1ヶ月:¥84,975~174,900
1時間:¥3,400~8,500
身につくスキル デザイン基礎 / Photoshop / HTML / CSS / jQuery / Sassなど
サポート体制 チャットサポートあり
現役デザイナーによるメンタリング
無料の転職サービス利用可能

定期的に現役デザイナーによるマンツーマンメンタリングが受けられます。テキストベースのカリキュラムで、不明点があればオンラインで質問も可能。同じカリキュラムを短期でこなす4週間プラン~ゆっくり学習したい人向けの16週間プランと、自分のペースで学習が進められます。早期申込により、受講料の割引が受けられるのも嬉しいポイント。

💡無料説明会動画

▼もっとオンラインスクールが知りたいという方はこちら!

東京のおすすめ職業訓練校

さいごに、Webデザインを学びながらお金がもらえる職業訓練校をご紹介します。職業訓練校とは、就職を目的としたスクールのことをいいます。受講費用は無料(テキスト代などはかかります)で、国から職業訓練受講給付金をもらうことができます。ただし下記が受給の条件となるので注意が必要です。基本的に、在職中の方は対象にはなりません。

  • ハローワークに求職の申込みをしていること
  • 雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でないこと
  • 労働の意思と能力があること
  • 職業訓練などの支援を行う必要があるとハローワークが認めたこと

参考:職業訓練受講給付金(求職者支援制度)|厚生労働省

ファウンデーション フェリカTA

ファウンデーション フェリカTA
http://www.felica.info/kikin/web.shtml

  • 給付金月10万円をもらいながら学べる
  • インターンシップ制度・求人募集あり

授業形式 通学型
コース・期間・税込料金 Webサイト制作科(6ヶ月)テキスト代 ¥12,202-
身につくスキル Illustrator / Photoshop / PHP / HTML / CSSなど
場所 池袋
サポート体制 職業訓練受講給付金
インターンシップ制度
求人斡旋

Webサイト制作全般が学べる通学型の求職者支援訓練校です。受給資格の制限はありますが、なんと受講料が無料! テキスト代の12,202円のみで半年の講義を受けることができるという、破格の値段設定です。

💡学校見学会
募集要項

タイプ別おすすめスクールまとめ

スクールの特徴を考慮して、「就転職者」「社会人」「副業・主婦(主夫)」「独学者」向けに、おすすめスクールを分類してみました!

就・転職希望者におすすめのスクール

いまや無料でカウンセラーによる就・転職サポートや求人紹介が受けられるのは当たり前。今回は、就・転職に不可欠なポートフォリオにも載せられる作品がカリキュラム内で作れるスクールを選んでみました。

社会人におすすめのスクール

オンライン完結、時間に融通がきく、通い方のカスタマイズ性など、働きながらでも続けやすいスクールを選んでみました。

▼こちらの記事もおすすめ

副業・主婦(主夫)におすすめのスクール

今回の記事では詳しく紹介していないですが、副業を得るためにスキルアップしたい方や、お子さんを持つ方に嬉しいサービスのあるスクールはこちら。

独学者向けのWeb講座も

気軽に単科から購入できる買い切りの講座や、サブスクリプション制のオンライン講座は、独学の方にもおすすめです。

独学派vsスクール派? 先輩デザイナーに聞いてみた

ico 独学派:おまめフリーランスのフォトグラファーからLIGに転職。「ポートフォリオサイト」「古代文明のメディア」自作のためにWebデザインを学びはじめた。現在は自社デザイナーとして働いている。
ico スクール派:えびちゃん元銀行員。デジタルハリウッドSTUDIO by LIG卒業後、LIGに入社し、現在は自社デザイナーとして働いている。女性向け、綺麗めなデザインが好き。

どうしてスクール/独学を選んだの?

独学派のおまめさん

icoもともとデザイナーをお仕事にするつもりはなくて、大学時代に趣味の一環でWebデザインの勉強をはじめたんです。学生でお金がなかったこともあり、未経験OKのデザイナーインターン募集だったりと、お金をもらいながらWebデザインを学べるような機会に積極的に飛びついていました(笑)。スクールを選ばなかったのは、職にするために技術を学びたかったわけではなく、自分がしたいこと(ポートフォリオサイトの制作)を実現するためにデザインを勉強しはじめたからでしょうか。

スクール派のえびちゃん

ico私はデザイナーへの転職目的で学びはじめました。スクールを選んだのは、周りにデザイナーの知り合いがおらず、気軽にフィードバックをもらえる環境が欲しかったからです。あとは働きながら勉強する必要があったので、スクールのほうが効率よく体系的に学べると思いました。

スクール/独学に向いているのはどんな人?

独学に向いている人・向いていない人

ico独学が向いているのは、私のように「こういうサイトが作りたい」など作りたいものが明確な人ですね。自分が好きなものを好きなように作りたいだけだったので、独学でよかったと思います。性格的に考えるよりもとりあえずやってみたいという人も、まずは独学からはじめてみてもいいかもしれません。
 
独学が向いていないのは、デザイナーとして手に職つけて働きたい人です。独学では何をするにも時間がかかったし、そもそもデザインの基礎のキもわかっていない状態だったので、今思えばあれは「勉強」というより「創作活動」に近かったのかも……。何を学んだら良いのかわからない人や、基礎から体系的に学びたい人は、スクールが良いと思います。

スクールに向いている人・向いていない人

ico働きながら学びたい仲間がいたほうがモチベーションに繋がるいろいろな人と情報交換したい、という人はスクールが向いていると思います。あとは、自分だけでは学習のペースが作れないから期限を定めてほしい、という人もスクール向きですね。
 
スクールが向いていないのは、やっぱりおまめさんみたいにやりたいことがはっきりしている人じゃないでしょうか。コーディングだけ学びたいなど、目的が明確であれば自学習も可能だと思います。

スクールって実際どうなの? 卒業生に聞いてみた

当スクールの卒業生に、スクール生活の様子や卒業後の進路、勉強のコツなどを聞いてみました。「スクールって実際どうなんだろう?」と気になる方はぜひ覗いてみてくださいね!

「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」は毎日個別説明会実施中!

私たち「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」の個別説明会では、カリキュラムの説明はもちろんのこと、みなさんのご希望やご状況をヒアリングした上で、これからどんなスキルや経験が必要か、真摯にアドバイスいたします。ぜひ少しでもご興味あれば、気軽にご予約ください!

スクールの特徴

  • Web制作会社LIGが運営しているから、実践的なスキルが学べる!
  • マンツーマンの転職相談やポートフォリオ添削をいつでも受付中!
  • 幅広く学べるのも魅力! 通常カリキュラムとは別に、Webディレクションやマーケティングが学べる授業を定期開催!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGの説明会を予約する!

自分にあったスクールが見つかりますように!

以上、天でした!

3 0 0 0