わずか1ヶ月の転職活動で内定獲得!ポートフォリオ制作や面接のコツは?

わずか1ヶ月の転職活動で内定獲得!ポートフォリオ制作や面接のコツは?

Fujita Ayuko

Fujita Ayuko

こんにちは、デジLIGのまるこです!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(デジLIG)とは
株式会社LIGとデジタルハリウッドが業務提携をしてはじめたクリエイター養成スクールのこと。Webデザイナーや動画クリエイターを目指す方向けのカリキュラムを展開している。現在、上野・池袋・北千住・川崎・町田・大宮にて受講生を募集していて、無料説明会は毎日開催中!

本連載では、キャリアチェンジに成功した方のインタビューを通して、未経験からの学習方法や就職活動のノウハウ、スクール生活についての情報をお届けしています!

今回は、未経験から6ヶ月の学習を経てWebデザイナーに転職された三嶋さんにインタビュー! お仕事と並行しながらの学習についてや、わずか1ヶ月の転職活動で内定を獲得した方法についてお話を伺いました。

一緒に頑張れる仲間と理想の働き方を手に入れるための、スクールを最大限に活用する方法をぜひご覧ください。

本記事はこんな方におすすめです!

  • Webデザインに興味がある
  • 仕事と両立して勉強ができるか不安な方
  • Web業界で転職を考えている方
ico 人物紹介:三嶋さん【STUDIO池袋 2023年3月生/Webデザイナー専攻】
教育業界で働きながら、2023年3月からデジLIGに入学。2023年8月に卒業し、転職活動スタートからわずか1ヶ月で事業会社のWebデザイナーとして転職。サイトのMVやバナー作成、運用中のサイトのセッション推移の確認と改善など、さまざまな業務に携わっている。

スキルがないとできない仕事がしたかった

ーーさっそくですが、三嶋さんがWebデザインを学ぼうと思ったきっかけを教えてください!

もともと教育業界で働いていました。やり甲斐も楽しみもある仕事だったんですけど、何か資格や免許を持っているわけでもなかったので、業界の中で「経験だけ」を武器に生き残っていくのはちょっとしんどいかなと思っていました。そこで、自分にスキルがないとできない仕事がしたいなと思ってWebデザインを学ぶことにしました。

ーー手に職があると、何かあっても大丈夫な安心感がありますよね! ただスキルといっても色々あるかと思いますが、どうしてWebデザインだったんですか?

塾で働いていく中で、どれだけいいサービスやコンテンツがあっても子どもに届いていないと意味がないなと感じていて。業界問わず、「知らないと選べない」と感じることって結構多くて、魅力的なものを発信する側になりたいと思いました。

――素敵な動機ですね……! たしかにWebデザイナーは自分で枠組みから考えて制作していくので、より多くの人に知ってもらうにはどうするかを考えていきますもんね! スクールで学ぼうと思ったのはなぜですか?

まったく知らない世界だったので、自力で学習して中途半端になるのが嫌でスクールに通うことは決めていました。仕事の日はオンラインで学べて、でも校舎で学習する雰囲気も味わいたかったので、オンラインと来校を併用できるデジLIGを選びました。

デジLIGは実績のあるスクールっていうのも大きかったのと、説明会で学習から転職までの過程を聞いて一番イメージしやすかったっていうのもあります!

――そうだったんですね! 数あるスクールから選んでいただいてありがとうございます!

プロから褒められることがモチベーションアップに繋がる

――ここからはスクールの活用方法についてお伺いします。学習のスケジュールはうまく進められましたか?

最初はしっかりスケジュールを決めて学習してましたが、3ヶ月目くらいからそうもいかなくなってきて……。仕事と並行しながらの学習だったので、仕事終わりに自宅で学習していて寝落ちして……を繰り返してました。

デザインは寝落ちしてもどこまでやったか分かるんですけど、コーディングは自分がどこまで進めたか、たまに見失ってしまうことがあってちょっと大変でした(笑)。
。そこから平日学習するのを辞めて、休みの日にガッツリ時間をとって勉強する方法に切り替えました。

あとはトレーナーへたくさん質問したかったので、聞けるタイミングを考えて進めてました。「トレーナーのいる日にここまでまとめて聞こう!」「遅くてもここまでには終わらそう!」みたいな目標を立ててましたね。

自分の進め方としてはスケジュール決めすぎるのは良くなかったなぁって。
時間があったらどんどん進めた方がいいよ!!、って終わった今だから思います(笑)。

――それは本当にそうですね! 早く課題を終えたら自分で好きなもの作る時間ができますし、受講生のみなさんにも声を大にして伝えていきますね(笑)。

三嶋さんのある日のスケジュール

忙しくてもちゃんと自由時間をとって、勉強とプライベートのメリハリをつけて息抜きしながらやってました。

――学習中に楽しかったことはなんですか?

自分がデザインしたものに対して、トレーナーからフィードバックをもらってさらに良くしていくっていう工程が楽しかったです。自分が作って何か違うなと思うものでも、トレーナーが言語化して分かりやすく伝えてくれるので、自分でも「あぁ、そういうことだ!」と納得してました。

みなさんプロのデザイナーなので厳しめの意見をいただくこともありますが、その中で褒められるとやっぱり嬉しいですね。「全然まだ足りないけど、やりたいことは伝わる! デザイナーとしての野望は伝わる!」って言われたのは嬉しかったです(笑)。

ーープロに褒められると自信に繋がりますよね! 学習中に大変だったことはなんですか?

モチベーション維持が一番大変でした。
納得いくものができないけど、課題としては終わらせないといけない……っていう部分が一番キツくて。半年間しかないから止まってる暇なんてないのに、「今はいったんデザインから離れたい!」みたいなときがあって、気持ちを戻すのが結構大変でした。

ーーそうだったんですね……。そこからどうやってモチベーションをあげましたか?

トレーナーと話すのが1番モチベーションがあがりました。なんでモチベーションが下がっているか、デザインが思いつかないのかって自分では理由が分からなくて、トレーナーと話す中で明確になっていくことが多かったです。

なんかデザインが気に入らないなと思いながら作ったサイトでも、トレーナーと話していく中で「全体のデザインっていうよりボタンの形が気に入らないんだ!」とか気付きがすごい多くて。

答えを教えてもらうというよりは、困ったときの解決方法を教えてくれるのもありがたかったです。

もやもやしているうちはだいたい参考が足りてないって言われてからは、色々なデザインをたくさん見るようになりました!

ーープロに気軽に聞ける環境があるのは心強いですよね! 入学前と入学後のギャップはありましたか?

こんなに受講生同士で仲良くなったり、卒業してからも繋がりを持てる友だちができると思わなかったです!

「未経験の人も私と同じくらいの進捗なのかな」「みんなここでつまずいてるのかな」と、不安になることもありましたけど、気軽に進捗を話せる人がいたのがとても心強かったです。

受講生の中には経験者の方もいるので、「トレーナーに聞くまでもないかな?」というちょっとした疑問を気軽に相談できたり、「これ覚えとくといいよ!」とツールの使い方も教えてくれたりしたのもありがたかったです。校舎に行くと色んな人に会えて楽しかったですね!

ーー校舎でみなさんがお話していると、とても微笑ましいです! ちなみにみなさんと仲良くなったきっかけってなんですか?

懇親会に参加して同じ月生の人と仲良くなって、そこから知り合いの知り合いとつながって……という感じでどんどん増えていきました(笑)。

ーーそうだったんですね! 卒業後も校舎は利用できるので、ぜひみなさんで活用してくださいね。

卒業生向けサービス「LIG Creator HUB」について詳しく見る

こだわり抜いたポートフォリオ

ーーここからは転職活動について聞かせてください。転職活動はどのように進めましたか?

9月ごろからポートフォリオやポートフォリオに載せる制作物を作り始めました。完成してからは意外と早くて、11月20日に応募を始めて、12月15日に内定をいただきました。

焦らずちゃんと準備をする作戦で、運営スタッフと一緒に進めたのがよかったと思います!

ーー自主制作とても頑張っていた印象です! ポートフォリオはどのような部分を工夫しましたか?

スクールの課題の他に、バナー4種、サイト3種類を増やして、3ヶ月かけてポートフォリオ完成させました!

中身の作品は色々なデザインの幅を見せなきゃいけないので、様々なターゲット層のものを幅広く作るようにしていました。

ポートフォリオサイト自体も、「どういうコンセプトにしたのか聞かれることもあるからちゃんと言えるようにした方がいい」といわれて、自分の性格をデザインに落としこんで作りました。作品集というよりはサイト全体で自分を表現するみたいな感じです。トレーナーがそうやってポートフォリオを作っていて、「それやりたい!」と思って参考にしました。

でも、鬼のフィードバックでなかなか自主制作が完成せず、本当に大変で……(笑)。ポートフォリオの自分の写真も運営スタッフに撮っていただき、気合いを入れて作ったので気に入ってます。

――転職サポートもトレーナーも運営スタッフまでもうまく使ってますね(笑)! 転職サポートはどうでしたか?

デジLIGのキャリアサポートだけで転職活動してましたが、こんなに手厚くしてもらえると思ってなかったです!! ポートフォリオのフィードバックも、採用目線で実務みたいにたくさん言っていただいたのが本当にありがたかったです。それがなかったら1ヶ月で内定までもらえてなかったと思うし、考えられないですね。

――そう言っていただけて何よりです! 面接で大変だったことはありますか?

最初に何件か面接を受けた際、手応えがあったのに続けて落ちたタイミングがあったのですが、何がいけないか分からなくて……。運営スタッフに、「今までの面接でどう聞かれて、どう答えたか振り返ってみましょう」と言われて細かく分析しました!

「客観的に見て、欲しい答えじゃなかったのかな?」と思ってからの面接は、自分自身もすごい喋れるし相手の反応も良かったです! 最初は質問に対して欲しい答えを言えてなくて、ずれてしまってたんだろうなとあらためて思いました。

やっぱり面接を受け続けるより、ちゃんと改善するのが大事だなと実感しましたね。

――自分を客観的に見るってなかなか難しいですよね。ポートフォリオを作り込んだ結果が1ヶ月での内定に繋がったんですね。素晴らしいです!

今できる自分の最大限をやることが大事

――現在はどのようなお仕事をされているのですか?

1月から事業会社で働いています。
サイトのMVやバナー作成、運用中のサイトのセッション推移の確認と改善、社内外から依頼された制作物の作成(名刺やサービスの保証書など)、サイトの更新作業など、さまざまな業務をおこなっています。

自分が作ったバナーがどれくらいクリックされて、サイトを見られて、コンバージョンしているのかを毎日追っています。最初から色々な仕事を任せていただけて、入社してすぐこんなに実務を経験できるとは思ってなかったです!

――実際に働いてみてどうですか?

自分が作ったものを数字で検証できるのは面白いです! 数字を見ることで、よりコンバージョンを意識したものを作らないといけないし、作って終わりじゃなくてその先のことも考えるようになりました。

デザインひとつで数字が変わるというのが見て分かるので、下手なものを作れないなっていう緊張感はありますね(笑)。

あとは、一緒に働いている先輩たちも未経験からWebデザイナーに転職した方がほとんどで、そんな風には思えないくらいみなさんバリバリ働いています。「自分もこうなりたい!」と思える環境で働けているのがとても楽しいです。

――おおお、“デザイナー”っていう感じですね! スクールで勉強してて良かったな、あの経験が活きてるなと思うことはありますか?

作成する・意図を伝える・フィードバックをもらうという流れは受講生時代とあまり変わらないので、スクール在学中から実務に近い環境で学べていたんだなとあらためて思いました。伝えるべきことや言語化については、スクールでたくさん経験できたのですごく活きてると思います!

――実際に学んでみてどうでした?

いま振り返ると、楽しい毎日だったなと思います!!

ポートフォリオを作っていたときは、とにかく大変で辛くて「デザイン向いてないかも……」「これを仕事にするってやっていけるのかな……」と思ったこともありましたが、実際に働いてみたら、数字が絡んでくるのでやりがいもあるし面白いです!

コンバージョンを上げるために全員で一緒に考えてやっていくのが楽しいですし、今後はライティングもやらせてもらう予定です!  自分は事業会社の働き方が合ってるんだと、働いてみて思いました。 

――転職活動頑張って乗り越えた結果ですね! 三嶋さんの今後の展望はありますか?

ディレクションもやれるデザイナーになりたいです! 現場の肌感を感じるためにまずはデザイナーをやっているので、最終的にはコンセプト作りから携わって、デザインのアドバイスもできるようになりたいと思っています!

――色々経験させてもらえる会社で、さらなる成長を期待しています! 最後に、未経験からWebデザイナーを目指す受講生の方々にメッセージをお願いいたします!

これを言う立場になると思ってなかったので感慨深いです(笑)。

自分自身も他の受講生さんの制作物を見て焦る気持ちもありましたが、そこで一喜一憂してるのは勿体ないです! それよりも高く評価されているサイトや、世の中に出回っているデザインを見て、そこに寄せていくのが重要だと思います。

あとは、デザインを嫌いにならない程度に気楽に学習することを意識していました。Webデザイナーになったら終わりでは無いので、長い目で見て、今できる自分の最大限をやることが大事だと思います! 上手くできなくても、「まだ半年しかやっていないし、これからだ!」という気持ちでやってみてください。

――ありがとうございました!

さいごに

今回は、未経験からWebデザイナーに転職された三嶋さんからお話を伺いました。

応募からわずか1ヶ月で内定を獲得できたのは、スクールをフルで活用しポートフォリオ作成に注力したという三嶋さんの努力があってこそだと、たくさん伝わってくるインタビューでした!

学習スタートから1年経たずして、Webデザイナーとして働くお手伝いができて、デジLIGスタッフ一同も大変嬉しく思います。

ぜひこの記事がWebデザイナーを目指す方の参考になれば嬉しいです。

デジLIGでは、Webクリエイター・動画クリエイターを目指す方を応援しています。スクールでの学習を検討されている方は、ぜひお気軽に無料個別説明会へお越しください!

無料説明会予約へ

資料請求へ

この記事のシェア数

大学を卒業後、京都のホテルにて6年間フロントスタッフとして勤務。国内外のお客様への接客や観光案内を経験。関東に戻るタイミングで学生時代の友人であるDigital Education部 部長・林の紹介でLIGに入社。現在は同事業部にてクリエイタースクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」の運営を中心に受講生のサポートをおこなう。

このメンバーの記事をもっと読む
デジLIG卒業生インタビュー | 70 articles