Webデザインスクールは無駄?失敗理由と評判からわかるメリットデメリット

Webデザインスクールは無駄?失敗理由と評判からわかるメリットデメリット

Jumpei Hayashi

Jumpei Hayashi

「Webデザインスクールって無駄なの?」
「意味ないって本当?」

Webデザインの仕事はリモート案件も多く、本業だけでなく副業としても人気の仕事。最近では、未経験からWebデザイナーへ就職・転職を希望する人や、フリーランスとして案件を獲得したいという人が、夢を叶える手段としてWebデザインスクールを選ぶことが増えています。

とはいえ、Webデザインスクールは独学と比較して費用もかかるため、失敗したくない・無駄になったらどうしようと慎重になることも。そこで今回は、「Webデザインスクールは無駄なのか?」というテーマで、独学との比較やWebデザインスクールのメリット・デメリットについて紹介します。
 

無駄・失敗したという意見がある理由

そもそもなぜ、Webデザインスクールが無駄という意見があるのでしょうか?その理由としては次のことが考えられます。

  • 独学でもできるから
  • 思ったような実力を身につけられないから
  • Webデザインスクールは費用が高いから
  • スクールに通うことが目的になってしまうから

具体的な内容について、以下より詳しく解説します。

独学でもできるから無駄

現在はWebデザインに関する本やオンラインで学習できる動画サービスも多くあり、Webデザインスクールに通わずとも独学でWebデザインを学ぶことができます。

このようなツールを活用し独学でWebデザイナーになれた人からすれば、Webデザインスクールは無駄と考えるのも自然でしょう。

ただし独学での勉強は、必ずといっていいほどつまづき、解決の糸口が見つからずスムーズに学習を進められないことがあります。また、社会人の場合は本業と並行して勉強を進める必要があり、時間の抽出や意欲を持ち続けることが非常に厳しいというのも現実です。

一方Webデザインスクールは、現役Webデザイナーとのマンツーマンのレッスンが受講できたり、不明点も個別ですぐに聞けることから、独学と比較して体系的かつスムーズに勉強を進めることができます。

さらには転職が未経験でも就職サポートや、フリーランスとしての案件獲得サポートがあるなど、さまざまなメリットが存在します。

思ったような実力を身につけられないから無駄

自分が想定していたような実力を身につけられなかったというのも、無駄だった・失敗したと感じる理由の一つです。

たとえばWebデザイナーとして転職をするのか、副業としてWebデザインの仕事をやるのかでも、身につけるべきスキルや学習方法が変わります。

これを知らずに目的にそぐわないWebデザインスクールを選んでしまった結果、思ったような実力を身につけられずに「無駄だと感じた」という人もいるようです。

独学の方がコスパがいいから無駄

独学の場合にかかる費用は、本や動画サービス、デザインツールなどの月額費用程度で、Webデザインスクールと比較するとかなり費用を抑えることができます。

デザインツール以外はほぼ費用をかけずに学習できることから、「Webデザインスクールよりも独学の方がコスパがいい」といった意見もあるようです。しかし、時間的なコストも含めて比較した場合、Webデザインスクールの方がコスパがいいと考えられます。

たとえば
  • 独学の場合:費用はほぼ無料、ただしWebデザイナーになるまで2年かかった
  • Webデザインスクールに通った場合:数十万円の受講料、ただし半年でWebデザイナーになって働いた

上記のパターンを比較した場合、後者の方がWebデザイナーとしての収入があることに加え、Webデザイナーとしてのキャリアも長く積むことができています。実務経験を積めばよりWebデザインのスキルを磨くこともできるので、結果的に、Webデザインスクールに通う方がコスパがいいと考えることができます。

通うことが目的になってしまうから無駄

Webデザインスクールに通うことに安心し、勉強すること自体が目的になった結果、Webデザインスクールが意味のないものになってしまう可能性もあります。

たとえば同じレッスンを受講していたとしても、目的がはっきりしている人とそうでない人は、情報へのアンテナの貼り方が異なり、結果的にインプットする情報の質・量に大きな差がでてくるでしょう。

目的が曖昧なままWebデザインスクールに通い続けた結果、修了後に「もっとこの点をしっかり勉強しておけばよかった」となってしまい、Webデザインスクールに通っても無駄だったと後悔することに繋がります。

Webデザインスクールが向いている人・独学が向いている人

「独学とWebデザインスクールで迷っている」という人に向けて、どちらが向いているのか簡単に紹介します。

求められるスキルがわかっているなら独学がおすすめ

これまでにバイトやインターンなどでWebデザイン関係の就労経験がある人は、求められるスキルや何を学ぶべきか知っていることもあります。

この場合、まったくの未経験者と比較して学習の方向性が定まりやすく、周りに質問できる人がいるなら独学でも十分にスキルや知識を身につけることができるでしょう。

計画・継続が苦手な人はWebデザインスクールがおすすめ

勉強を進めるのが得意ではない・何をやっても続かないという人は、独学よりWebデザインスクールがおすすめです。Webデザインスクールは、プロが一人ひとりの目標に合わせて勉強方針を決めてくれるため、授業についていくことができれば基本的な知識とスキルは身につきます

課題の提出もありその都度自分の理解度も確認できるため、勉強方法からプロに任せたい人はWebデザインスクールの方が向いています。

すでに独学経験がある人は無駄になってしまう場合も

これまで独学でPhotoshopやIllustratorの使い方を学んでいるなど、基本的なスキル・知識がすでに身についている場合、Webデザインスクールの受講内容と重複してしまうことがあります。

改めて基礎から学び直したいならWebデザインスクールに通うのもおすすめですが、次のステップとして案件を獲得して実績を積む方が効率よくスキルを身につけられるでしょう。

Webデザインスクールに通っている人の口コミ・評判

ここまでWebデザインスクールが無駄・意味ないと言われている理由について紹介してきましたが、やはり通うことでのメリットは多く、選び方を間違わなければWebデザイナーになるための強い味方になります。

ここでは、実際にWebデザインスクールに通っている人の口コミや評判から、Webデザインスクールのおすすめ理由について詳しく見ていきましょう。

レッスンが受講できる以外のメリットがある

実際にWebデザインスクールに通っていた人たちの口コミを調査すると、Webデザインスクールに通うことで得られたつながりに対してメリットを感じている声が多数見受けられました。

Webデザイナーとしてプロで活躍する人や、一緒にWebデザイナーを目指す人と関わることは、スキルを磨けるだけでなく、モチベーションを継続することにもつながります。

実際に転職ができた・仕事がもらえたという口コミ

スクールに通って実際に就活・転職できるのかというのもスクールを選ぶ上で大切なポイント。実際に転職できた人や、仕事につながっている人の口コミを調査したところ、以下のような声が見つかりました。

口コミを見ると、Webデザインスクールに通って実際にWebデザインを仕事にできたという声が見受けられました。ただし、全員がすぐに就職できるとも限らないため、卒業後も就職サポートをしてくれるWebデザインスクールだと安心です。

無料体験レッスン・説明会の参加がおすすめ

Webデザインスクールはどこでも無料体験レッスンや無料説明会を実施しているので、各Webデザインスクールを比較して気になるスクールが決まれば、まずは無料体験・説明会に参加するのがおすすめ。

では、どのようなポイントを比較すればいいのでしょうか。次項目では、Webデザインスクール選びに失敗しないための比較方法について詳しく解説します。

失敗しない選び方と比較ポイント

通う目的はWebデザイナーへの転職か・副業か

Webデザインスクールはどこでも未経験向けの基礎知識から学べる内容になっていますが、正社員のWebデザイナーへの就職・転職なのか、副業やフリーランスとして仕事をしたいのかで受講すべきレッスン内容や選ぶスクールが変わってきます。

そのためまずは、通う目的に応じてWebデザインスクールを比較・検討するのがおすすめです。

正社員として就職・転職を目指している場合

正社員のWebデザイナーを目指す場合、基礎知識から実践スキルを学べることに加え、就職・転職支援に力を入れているスクールを選ぶのがおすすめ

費用は多少高くなりますが、メンターに相談ができるだけでなく、面接に必須のポートフォリオの添削を行ってくれたり、就職を保証するWebデザインスクールもあります。

在学中に就職・転職が決まらない場合は、卒業後も継続してサポートを受けられるスクールもあるため、正社員としての就職を目指すならこのようなWebデザインスクールから比較するのがおすすめです。

副業で仕事をしたい場合

副業として仕事をしたい場合は、Webデザインの基礎知識やWebデザインツールの使用スキルなど、副業に必要なスキルを短期で学べるWebデザインスクールがおすすめ。副業案件の紹介サポートのあるスクールであれば、在学中に実績を作ることも可能です。

ただし、未経験から副業案件を獲得する場合、まずはバナー制作のような単発の仕事を受けるパターンが多いです。未経験から間もないと単価の安い仕事が多くなるため、費用対効果を考えてスクールを選ぶことが大切になってきます。

身につけられる知識やスキルを比較する

目的に応じてWebデザインスクールを絞っても、受講できるレッスンやコースがさまざまあって悩んでしまうことも。実際に受講レッスンやカリキュラム内容を比較することも大切です。

なかでもカリキュラムが実践的な内容を含むかは重要な比較ポイント。たとえば、Webサイト制作やポートフォリオ制作がカリキュラムに入っているかは、正社員への就職・転職を目指す方には必須項目です。また、講師からフィードバックをもらいやすい環境かどうかも事前にチェックしておくことをおすすめします。

比較ポイント
  • Webサイト制作やポートフォリオ制作がカリキュラムに入っているか
  • 実務を経験できるか
  • 講師への質問回数無制限 など

なお、Webデザイナーに必要になる主な知識・スキルは次の通りです。

デザインツールの基礎知識と操作スキル

Webデザインの仕事をする上で必ず必要になるのが、Adobe Photoshop(フォトショップ)やIllustrator(イラストレーター)などの画像編集・加工ツール。Photoshopは主に写真の加工・編集、イラストレーターはロゴやイラストの作成に利用します。

この2つのツールに加え、Adobe XDなどのWebサイトのワイヤーフレームやプロトタイプ作成ツールの知識・操作スキルも必要です。

HTML/CSSのコーディングスキル

Webサイト制作時に必要なのが、HTML・CSSなどのコーディングスキル。デザインに動きを足したい場合、これに加えてJavaScriptなどの言語知識も必要になります。Webデザインスクールのカリキュラム比較時には、HTML・CSSやJavaScriptなどのスキルも身につけられるかどうかもしっかりと比較しましょう。

通いやすさ:生活スタイルに合わせて選ぶのがおすすめ

Webデザインスクールの授業形式には、オンライン型、通学型、もしくは両方の3パターンがあります。オンラインスクールの場合、面談や講師とのやりとりもすべてオンライン上で完結し、レッスンは24時間いつでも視聴可能と融通が利きやすいのが特徴。

一方で、他の受講生とのコミュニケーションが取りづらいなど、モチベーション維持としてはイマイチな点もあります。

通学型の場合、授業の日程・カリキュラムが決まっている時間固定型のスクールもあり、サボり癖がある人はこのようなスクールがおすすめ。迷う場合は、オンラインと通学が選べる、または組み合わせて学習できるWebデザインスクールを選びましょう。

以上を踏まえ、「通ったけど無駄だった」とならないように、自分に合ったWebデザインスクールを比較してください。

おすすめのデザインスクール

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG|未経験から就職を目指す人におすすめ

デジタルハリウッドSTUDIO byLIG出典:デジタルハリウッドSTUDIO by LIG

デジタルハリウッドSTUDIO byLIGは上野・池袋・北千住・大宮・川崎に教室があり、通学して勉強できることに加え、オンラインでの受講もできるWebデザインスクール。Web制作事業を展開する「LIG」のノウハウが詰まったカリキュラムや、LIGの現役Webデザイナーが加わった授業や、職場体験のチャンスがあることから人気です。

一番人気の「Webデザイナー専攻」は6ヶ月間のカリキュラムで、前半4ヶ月間でインプットとアウトプットを繰り返し、スキルを定着させます。後半の2ヶ月間は企画からデザイン・コーディング・完成までのWebサイト制作の一連の流れを経験可能です。

なお、作り上げた作品は、そのままポートフォリオとして就職・転職時に提出できるのも嬉しいポイント。無料説明会や体験受講も実施しているので、まずは参加して雰囲気を掴んでみてください。

  • 費用:495,000円~(Webデザイナー専攻)
  • 特徴:職場体験や就職相談など現場に一番近い制作会社運営のスクール

CodeCamp(コードキャンプ)|オンラインで完結させたい方におすすめ

CodeCamp出典:Code Camp

社会人で働きながら通うなら、オンラインで完結できるWebデザインスクールがおすすめ。CodeCampはマンツーマンのオンラインレッスンで、時間は朝7~夜23時までと社会人でも学習しやすいのが特徴です。

Webデザイナーとして働きたい人には、「Webデザインマスターコース」がおすすめ。転職や副業できるレベルのスキル習得が目指せる他、ディレクションやマーケティングのスキルを身につけることができます。またポートフォリオの作成や副業実践もカリキュラムに含まれているのもおすすめポイントです。

  • 費用:528,000円〜(Webデザインマスターコース)
  • 特徴:マンツーマンレッスン、早朝〜夜遅くまで学習できるWebデザインオンラインスクール

SHElikes(シーライクス)|副業向け・女性におすすめのスクール

SHElikes出典:SHElikes

SHElikesは、未経験からクリエイティブ職を目指す女性向けのWebデザインスクールとして人気です。青山、銀座、名古屋、梅田に拠点を構え、受講生同士の交流も盛んに行われているため、仲間を作りたいという人には特におすすめ。

オンラインのWebデザイン講座以外にも、コンテンツのライティングを学べるライターコース、マーケティングを基礎から学べるWebマーケターコースなどの講座があり、受け放題コースであればすべて自由に受講できるのが特徴です。またほとんどのコースが1~2ヶ月で完結します。無料体験レッスンも実施中です。

  • 費用:月額10,780円+入学金162,800円(月5回プランの場合)
  • 特徴:受講生同士の交流も盛んな女性向けWebデザインスクール

上記のスクールを比較した記事はこちら

まとめ

今回は、「Webデザインスクールは無駄なのか?」というテーマで、独学との比較やWebデザインスクールのメリット・デメリットについて紹介してきました。結論、Webデザインスクールは選び方を間違えなければ、Webデザイナーを目指す人の強い味方になります。

この記事がWebデザインスクール選びの参考になれば嬉しいです。最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事のシェア数

20

Jumpei Hayashi
Jumpei Hayashi Digital Education / Manager / 林 隼平

日本大学芸術学部卒業後、テレビ、ラジオ、Webメディア、プロスポーツイベント等、複数の媒体にてディレクター職を経験。2018年9月からLIGにセールスメンバーとして入社し、教育事業部に配属(現デジタルエデュケーション部)。自身がクリエイターを行なっていた経験を生かし、現在はマネージャーとしてWebクリエイタースクール事業「デジタルハリウッドSTUDO by LIG」の事業企画、運営を行い、クリエイター育成をミッションとしている。

自己紹介をもっと見る