質の高いUI/UXデザインを学べるスクール・講座おすすめ4選

質の高いUI/UXデザインを学べるスクール・講座おすすめ4選

Jumpei Hayashi

Jumpei Hayashi

こんにちは、Webクリエイタースクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(通称:デジLIG)」運営責任者の林です。

ここ数年で、新たにUI/UXデザイン講座を開講するスクールが増えていますが、しっかり学べるスクールは実はそう多くはありません。

そこでこの記事では、Webクリエイタースクールの運営者でもある弊社のスタッフに「UI/UXを学ぶのにおすすめのスクールはどこか」というアンケートをとり、名前のあがった4校の特徴や料金などを比較しました。

基礎からしっかりと学べるスクールを中心にまとめていますので、初学者の方もぜひ参考にしていただければと思います。

関連記事:Webデザインが学べるおすすめのスクールと講座まとめ

UI/UXが学べるおすすめスクール・講座4選

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG UIデザインプラン

デジタルハリウッドSTUDIObyLIGのUIデザインプラン出典:UIデザインプラン

最初が弊スクールの紹介となり恐縮ですが、UIデザインについて知見を深めたい方は、デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(通称デジLIG)のUIデザインプランをぜひご検討ください。

UIデザインプランは、UI/UXの概念の理解からアプリデザインの基本制作まで、話題のFigmaを使いながら実践的に学習できるプランです。

人気のWebデザイナー専攻やグラフィックデザイン講座などとセットで受講でき、UIデザイナーや幅広く活躍するデザイナーを目指したい方におすすめしています。

現役デザイナーから制限なくフィードバックをもらえることや、現場で活躍するデザイナーやマーケターのLIVE授業を受けられること、またカリキュラム外の制作もフォローできるなどの手厚いサポートも評判です。オフラインとオンラインを併用できるため、社会人の方でも働きながら通いやすくなっています。
 

弊社スタッフからのコメント
  • 現役デザイナーからのフィードバックを制限なく受けられ、カリキュラム外の制作もフォローできる
  • UIデザインと親和性の高いWebデザインについて基礎からしっかり学んだ上で、UIデザインを学習できる
  • 卒業生で実際にUI/UXデザイナーになっている方もいる、実際に転職につながる
受講料金(税込) 59,400円
学べるスキル Figma / スマホアプリデザイン/ UXのデザイン基礎 / UIトレース/ WEBサイトとアプリの違い / UIパーツとコンポーネント設計 / プロトタイプの基礎知識/ アクセシビリティとユーザビリティ
サポート体制 履歴書・職務経歴書添削、ポートフォリオ制作サポート、企業紹介など
セット受講例 【Webデザイナー専攻+UIデザインプラン】
576,400円(税込)
補助金活用時*(70%適用)の負担額:209,600円
※366,800円補助

*デジタルハリウッドSTUDIO by LIGは経済産業省が認定したリスキングを通じたキャリアアップ支援制度の対象です。対象条件などの詳細は、デジLIG公式サイトをご覧ください。
 
UIデザインプランの詳細へ

 

東京デザインプレックス研究所 UX/UI DIVISION

東京デザインプレックス研究所 UX/UI DIVISION出典:UX / UI DIVISION

東京デザインプレックス研究所は、渋谷に校舎を構えるデザインを専門的に学ぶスクール。通学制で、いわゆる学校のようにみんなで一緒に受講するスタイルが特徴です。

1クラスあたり10数名程度の少人数制を採用しており、目指したい職種に応じて複数のコースが用意されています。

就職サポートも手厚く、面接対策やポートフォリオ含む作品制作のアドバイスを受けることが可能です。
 

弊社スタッフからのコメント
  • UI/UXという複合的に色々学ぶ必要がある分野に対して、短期間で習得することにコミットしている印象がある
  • 授業料は高額だが、ちゃんとした学校感が出ており、特別講師陣の授業も多い
  • 「人間中心設計(HCD)」「行動経済学」「人間工学」「感性工学」の視点からUX/UI設計を学べる
受講料金(税込) 【UX/UI設計コース】528,000円*
【UX/UI総合コース】616,000円*
その他のコースについては公式サイトをご覧ください
学べるスキル UX/UI基礎 / ユーザーリサーチ / デザインツール / チームビルディング / 認知工学 / インターフェースデザイン / Webマーケティングなど
サポート体制 履歴書・職務経歴書添削、ポートフォリオ制作サポート、企業紹介など

※入学金などを含む総額です。

>>公式サイトへ

 

デジタルハリウッド 本科UI/UXデザイン専攻

デジタルハリウッド 本科UI/UXデザイン専攻出典:デジタルハリウッド 本科UI/UXデザイン専攻

UI/UXの専門コースがあるスクールが少ない中、デジタルハリウッドでは1年間の「本科UI/UXデザイン専攻」を開講しており、デザイン基礎からUI・UXを体現したデジタル表現を徹底的に学ぶことができます。

授業料はデジLIGと比較して高額になりますが、1年間かけてじっくりと学びたい人にはおすすめです。目的によって次の2コースから選択できます。

  • サービスデザインコース:UXを体系的に学び顧客のニーズを捉えたサービス設計に特化したコース
  • インタラクションUI実装コース:ユーザーの使い勝手を向上させたインタラクションUIを実現させるコース
弊社スタッフからのコメント
  • カリキュラム内容を見る限り、作り込んでいる印象がある。
  • 授業料は高額だが、特別講師陣の授業が多い。
受講料金(税込) 1,166,000円*
学べるスキル デザイン基礎 / UI/UX基礎 / HTML / CSS / JavaScript(jQuery・Vue.js・React) / Premiere Pro / After Effectsなど
サポート体制 履歴書・職務経歴書添削、ポートフォリオ制作サポートなど

※入学金などを含む総額です。

>>公式サイトへ

 

nests Web Design アドバンスコース(UIUX)

nests Web Design アドバンスコース(UIUX)出典:nests

デジLIGと同じく、制作会社が運営するWebデザインスクールです。Web Design アドバンスコースでは、UXデザインを中心とした理論を学び、制作を通してスキルを身につけます。

開講は毎週土曜日の3時間(全21回・6ヶ月)でオンラインでも受講可能なため、社会人でも通いやすいスクールです。
 

弊社スタッフからのコメント
  • デジLIGの入学検討者からよく名前を聞くスクール
  • Webコースのカリキュラムに付随してUI/UXも学べる
受講料金(税込) 415,800円*
学べるスキル Adobe XD / Illustrator / Photoshop / HTML / CSS / JavaScript / jQuery / PHP / MySQLデザイン基礎 / UI/UX基礎など
サポート体制 履歴書・職務経歴書添削、ポートフォリオ制作サポートなど

※入学金などを含む総額です。

>>公式サイトへ

UI/UXが学べるスクール比較一覧表

今回紹介したスクールを一気見できるように比較表をご用意しました。

※スクール名をクリックまたはタップすると、紹介箇所まで戻ります。

スクール名 特徴 受講料金の総額(税込)
デジタルハリウッド
STUDIO by LIG
UI/UXの概念の理解からアプリデザインの基本制作まで、話題のFigmaを使いながら実践的に学べる
現場で活躍するデザイナーやマーケターのLIVE授業を受けられる
【UIデザインプラン単体】
59,400円
【Webデザイナー専攻とのセット受講】
576,400円
東京デザインプレックス研究所 少人数制の通学型スクール
目指したい職種に応じて複数のコースが用意されている
【UX/UI設計コース】
528,000円
【UX/UI総合コース】
616,000円
デジタルハリウッド デザイン基礎からUI・UXを体現したデジタル表現を学べる
1年間かけてじっくりと学べる
1,166,000円
nests UXデザインを中心とした理論を学び、制作を通してスキルを身につけられる 415,800円

失敗しないために!UI/UXデザインスクールの選び方

UI/UXデザインを学べるスクールは数が少なく、学費もやや高い傾向があります。もし今回紹介したスクール以外を検討されている方は、せっかくのスクールを無駄にしないために、以下のポイントを意識してチェックしてみてください!

現場で通用するデザインスキルが身に付くか

知識やツールの使い方だけならば独学でも充分に学べます。

現場で活躍するスキルを身につけるには、理論だけでなく実践的な経験も必要です。カリキュラム内容を確認し、手を動かすカリキュラムがどれだけあるかなど、実践的なスキルが身につきそうか確認すべきでしょう。

また、せっかくスクールに通うのでしたら、業界の経験豊富なデザイナーからフィードバックをもらえる環境が望ましいです。

講師への質問回数に制限がないかなどもあわせてチェックしてみてください。

無理なく勉強を続けられるかどうか

実際に多くの生徒さんが、「時間がとれなかった」「やる気が続かない」というお悩みを抱えています。着実にスキルを身につけるためにも、自分のライフスタイルや特性に応じて、続けやすい授業形式を選ぶことが重要です。

例えばオンライン形式の場合、時間の融通が利きやすい・場所にとらわれず勉強できるなどのメリットがありますが、自己管理が苦手な人はモチベーションの維持が難しい側面があります。

完全通学型の場合は、ある程度の強制力が働くためモチベーションの維持はしやすいですが、基本的に講義日時が固定されているため融通が利きません。

このようなメリット・デメリットを踏まえ、自分にとって通いやすい、続けやすいスタイルのところを選んでください。

就職支援などのサポートが充実しているか

もし就職・転職を目的としているなら、他業界からのキャリアチェンジはそう簡単ではありません。最新の傾向を把握し、履歴書やポートフォリオの添削、面接対策なども一緒にやってくれるスクールをおすすめします。

特にポートフォリオは自分のスキルを証明するものとなり、そのクオリティが選考に大きく影響しますので、力を入れてくれるスクールを選ぶようにしましょう。

スムーズに学習を進めるためには、レッスン以外の時間に疑問解消できる環境(チャットやオンラインのサポート)があるのかも確認してみてください。

さいごに

弊社のスタッフにアンケートをとり、UI/UXを学ぶ上でおすすめできるスクールを4つ紹介しました。せっかく通うのであれば、100%活かしきれるような自分に合った環境でぜひ学んでいってください!

この記事が何かのご参考になれば幸いです。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGでは無料の個別説明会も毎日実施してますので、少しでもご興味あればぜひご参加ください!
 
デジLIGのUIデザインプラン詳細へ

この記事のシェア数

日本大学芸術学部卒業後、テレビ、ラジオ、Webメディア、プロスポーツイベント等、複数の媒体にてディレクター職を経験。2018年9月からLIGにセールスメンバーとして入社し、教育事業部に配属(現デジタルエデュケーション部)。自身がクリエイターを行なっていた経験を生かし、現在は部長としてWebクリエイタースクール事業「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」の事業企画、運営を行い、クリエイター育成をミッションとしている。

このメンバーの記事をもっと読む