UI/UXデザイナーの仕事とは?年収や必要なスキルを紹介します!

UI/UXデザイナーの仕事とは?年収や必要なスキルを紹介します!

Shota Utsunomiya

Shota Utsunomiya

こんにちは! Webクリエイタースクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(通称:デジLIG)」運営スタッフの宇都宮です。

UIデザイナー・UXデザイナーは、Webサイト制作に関わる仕事の中でも、近年、人気を集めている職種の一つ。

そんなUI/UXデザイナーの仕事内容や平均年収、求められるスキルなどを紹介していきます!

未経験から目指すなら……
デジタルハリウッドSTUDIO by LIG
💡現役Webデザイナーによる「現場レベル」の授業と、永続的な就職支援が特徴!
UIデザインのコースも人気です。今だけ受講料が最大70%キャッシュバック

UI/UXデザイナーとは?

UI(ユーザー・インターフェース)デザイナーと、UX(ユーザー・エクスペリエンス)デザイナーは、どちらもユーザー目線でサービスをデザインするという点は同じですが、仕事の内容は異なります。

UIデザイナーは、アプリや飲食店のタッチパネルメニューなど、ユーザーが製品・サービスにおいて直接接触する部分をデザインする仕事です。

ユーザーに配慮して、快適で分かりやすい画面設計・操作性を実現することが重要になっていきます。

対して、UXデザイナーは、製品やサービスを通じて、ユーザーが得られる経験をデザイン・設計する仕事です。

UXデザイナーにとって、ユーザーに「楽しい」「心地よい」といったポジティブな感情を与えられるかどうかが、一番のポイントです。

Webデザイナーとの違い

ちなみに、同じデザイナーという括りにある「Webデザイナー」とは何が違うのでしょうか。

ここまで紹介してきたように、UI/UXデザイナーは、アプリやWebサイトの操作性や顧客体験そのものをデザインする仕事です。一方で、Webデザイナーは、Webサイトに特化したデザイナーであり、クライアントの課題解決に向けて、企業のコーポレートサイトやランディングページの見た目を手掛けます。

ユーザー目線で画面設計やサービスをデザインするには、デザインスキルに加えて、競合他社の動向や市場変化の把握、ユーザーインタビュー、テストなどマーケティングに関する知識なども求められるため、UI/UXデザイナーの方が求められるスキルは高くなる傾向があります。

UI/UXデザイナーの年収や将来性について

UIデザイナーの平均年収は約600万円

出典:求人ボックス

価格ドットコムが運営する求人ボックスによると、UIデザイナーの平均年収は約594万円

日本の平均年収が414万円ですので、かなり高い水準にあります。

UXデザイナーの平均年収は約650万円


出典:求人ボックス

UXデザイナーの平均年収は649万円と、より高水準になります。UIデザイナーより高度な内容を求められますので、UIデザイナーからキャリアチェンジされる方も多くいらっしゃいます。

UI/UXデザイナーは数あるデザイナー職種の中でも高水準ですが、その理由はデザインスキルに加えて、マーケティングなど専門的な知識が求められること

さらにWebサイト・アプリを通じたコミュニケーションが普及した現代において、顧客体験の向上には高い需要があることが要因と言えるでしょう。

ユーザーのニーズも多様化していくであろう現代において、価格・使い勝手の良さだけでは、競合他社との差別化が難しくなってきています。

保ユーザーの顧客満足度に大きく影響を与える、UI/UXデザイナーの需要は伸びていくことが予想されており、将来的にも期待されている職業です。

UI/UXデザイナーの仕事内容

ここからはそれぞれの具体的な仕事内容について見ていきましょう。まとめられがちな二つの職業ですが、内容に違いがありますので、比較してみてください!

UIデザイナーの仕事内容

UIデザイナーは、Webサイトやアプリ・タッチパネルなど「ユーザーが直接触れる部分」を、分かりやすく・操作しやすいようUIを考えるのが仕事です。それでは、どのような流れで仕事を進めていくのかを見ていきましょう。

① ヒアリング・調査

はじめにおこなうのは、クライアントへのヒアリングです。サービスの強みやこだわり・ターゲット層・現状の課題・目的などを確認していきます。

その上で、市場調査・競合調査をおこない、競合との差別化・優位性、課題解決のためのアプローチを考えて、設計・デザインの方向性を決めるのに活用していきます。

② 設計

ヒアリング・調査結果をもとに、ユーザーが快適に操作するには、どのような配置・デザインが良いのかを意識して、画面上に表示されるフォントや画像、ボタンなどのデザインの制作を進めていきます。

③ ユーザビリティテスト・検証

できあがったデザインは、ユーザー視点に立って、検証を何度も重ねていきます。問題点を見つけ出して、改善を繰り返しながら完成を目指します。

ただデザインをするだけではなく、検証・改善を繰り返しながら、誰にとっても使いやすく必要な情報がすぐに見つけられるように、ユーザーの行動パターンを意識して、直感的に理解・操作できる配置や構成を考えていくことが重要です。

UXデザイナーの仕事内容

UXデザイナーは、前述の通り、製品やサービスを通じて、ユーザーが得られる経験をデザイン・設計する仕事です。主な仕事内容は以下のようになります。

① ユーザーリサーチ

UXデザイナーには、ユーザーの立場でものごとを考え、サービスを設計し・デザインに落とし込むことが求められます。アンケート調査、ユーザーインタビュー、行動観察などをおこなうことで、ユーザーのニーズや行動パターンへの理解を深めます。

② カスタマージャーニーマップの作成

カスタマージャーニーマップを作成することで、ユーザーの行動パターンや思考を「見える化」していきます。ペルソナを設定し、ユーザーの情報収集から製品やサービスを利用するまでの過程を記入して、ユーザーの感情・ニーズの変化を把握していきます。段階ごとの課題を分析して、改善点を見つけ出していきます。

③ プロトタイプの作成

ユーザーがサービス・製品のデザインを体験するための試作品となるプロトタイプを作成します。プロトタイプで操作性・使い勝手の良さなどを確認し、問題点が見つかれば改善を繰り返して、一般公開に向けて検証を進めていきます。

このように、UXデザイナーは、ユーザーにより良い体験を提供するために、見た目のデザインだけでなく、ユーザーへのインタビューやプロトタイプによるテストをおこない、サービス全体の設計をデザインします。

UI/UXデザイナーに必要なスキル

UI/UXデザイナーとして仕事をする上で求められるのはユーザー思考、プロジェクトを推進するために必要なコミュニケーションスキル、デザインに関する知識など複数のスキルが求められます。

ユーザー思考
UI/UXデザイナーは、ユーザーの使いやすさやニーズに応えるための設計を考える仕事であり、ユーザーの立場でものごとを捉えることが非常に重要です。

ユーザーの持っている課題を解決するために、どのように行動するかなどのイメージを働かせることも必要となってくるでしょう。

コミュニケーションスキル
UI/UXデザイナーは、プロジェクトを進める中で、さまざまな人と関わる仕事であり、コミュニケーションスキルも求められます。

ユーザーインタビューなど社外へ直接声を聞きにいくこともありますし、社内においてもマーケターやエンジニアなど多くの人と認識を合わせながら、プロジェクトを推し進めていきます。円滑にプロジェクトを進め、チームで結果を出すためにも、コミュニケーションスキルは重要です。

デザインスキル
Webサイトやアプリなどの画面デザインをおこないますので、UIデザイナーにとってデザインスキルは必要不可欠です。

Adobe Illustrator・Photoshopなどの基本的なデザインツールの技術習得に加えて、配色やフォントなどの知識も身につけておく必要があります。

また、近年ではシェア率が高まっているFigmaの経験なども求人で問われることが増えています。

UXデザイナーは表層的な部分のデザインは自身がおこわないことが多いですが、デザインスキルを持っておくことで、クライアントやチームメンバーへのアイデアの共有などの際に役立つ場面が多くあります。

UI/UXデザイナーにどうやってなるの?

UI/UXデザイナーになるのに必要な資格はありません。が、デザインやマーケティングスキルの習得は必要不可欠です。

社会人の方で、これからUI/UXデザイナーを目指す場合は、下記の方法で目指すことが可能です。

① スクールでの学習

未経験から、最短ルートでデザインスキル・UI・UXデザインの知識を身につけたい人なら、スクールでの学習もおすすめです。

デザインの知識を基礎から応用的な部分まで、体系的に学ぶことができます。スクールによっては転職サポートをおこなっていることもあるので、未経験での転職活動においても安心して進められる場合もあります。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGではWebデザイン+UIデザインが学べるコースもございますので、よろしければチェックしてみてください!

土日と夜間開校で社会人も通いやすく、転職サポート実績も豊富にあります。また、経済産業省による支援事業として認定されていますので受講料が70%キャッシュバックされます!

スクールの公式サイトへ

学生の場合は大学でも

学生の場合は、UI/UXを専攻できる大学・専門学校への進学や、総合大学で学習中にWスクールでスキルを習得した上で、専門部署のある会社へ入社してキャリアを積んでいくこともできるでしょう。

UI/UXデザイナーはユーザー目線でものごとを考えて、デザインや企画・設計に落とし込んでいくため、総合大学などで、行動心理学などが学べる学科を選ぶのも良いでしょう。

また、新卒でUI/UXデザイナーを募集している企業は、Webデザイナーに比べると少ないです。インターンとして募集をかけている企業もあるため、経験を積むために参加してみるのもおすすめです。

UXデザインが学べるスクールについてはこちらの記事からご確認ください!

② Webデザイナーなど近しい職種からのキャリアチェンジ

WebデザイナーとUIデザイナーは、どちらも「ユーザーが直接接触する部分」をデザインする仕事であり、デザインやコーディングスキルなど共通するスキルがあります。

UIデザイナーにはさらにユーザー視点での設計などにあたって、マーケティングのスキルについて学ぶことで、キャリアチェンジを目指すことができます。

また、UXデザイナーは、WebデザイナーやUIデザイナーよりも求められるスキルが幅広いため、UIデザイナーなどで経験を積んだ上で、キャリアチェンジをすることもあります。

まとめ

今回はUI/UXデザイナーの仕事内容や求められるスキルについてお伝えいたしました!!

ユーザーのニーズが多様化している現代において、UI/UXデザイナーは需要が高まり、活躍の場面も増えていくと予想される職業です。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGでは、Webデザインと一緒に学べる「UIデザインプラン」を開講しています。こちらも受講料金70%キャッシュバックの対象となります。

UI/UXデザイナーに興味のある方は、ぜひデジLIGの個別説明会へご参加ください! 無理な勧誘などは一切ございませんのでご安心くださいませ。

スクールの詳細を見る

個別説明会を予約する

この記事のシェア数

Shota Utsunomiya
Shota Utsunomiya Digital Education / School Adviser / 宇都宮 翔太

愛媛大学を卒業後、地元の印刷会社にて、法人営業としてデザイナーと連携してパンフレットやカタログ・Webサイトの企画提案や進行管理などを担当。自身も写真を趣味としており、クリエイティブな分野に携わっていきたいと思いLIGに入社。現在はDigital Education部にてクリエイタースクール「デジタルハリウッドSTUDIO by LIG」の営業、運営企画、受講生のサポートを行う。

このメンバーの記事をもっと読む