【2024】同業者に信頼されているブランディング会社7選

Noboru Yoshida

Noboru Yoshida

こんにちは。株式会社LIGデザイン部 部長の吉田です。

この世に「ブランディング会社」はたくさんあります。ただ、ブランディングは事業の根幹も左右するすごく大切なものですので、プロモーションなどではなく、本当に評価の高いところだけを知りたくありませんか……?

そこで弊社のクリエイターたちにアンケートをとり、クリエイターが選ぶ本当に強い、おすすめのブランディングデザイン会社を7つ選出しました。

ネットで調べたりとか、お金を頂いて掲載などを一切おこなっていない、「ガチ」のまとめになります。ぜひブランディング会社選びのご参考にされてください!

ブランディングデザイン会社のおすすめ7選

クリックでページ内の詳細にジャンプします!

株式会社LIG
Hi! Design
株式会社MIMIGURI
株式会社シフトブレイン
ハイライツ株式会社
エイトブランディングデザイン
Bees&Honey

アンケート調査の概要

調査期間:2023年9月
調査方法:インターネット調査
対象者:Web制作会社「株式会社LIG」でWebデザイナー、Webディレクターを務める男女12名
調査内容:「1人のクリエイターとして、ブランディングデザイン会社のおすすめを選ぶならどの会社を選びますか?」とアンケートを実施。回答が多かったものを選出。

株式会社LIG

株式会社LIG トップページ
弊社LIGは2007年の創業以来ずっとWeb制作をおこなっている会社です。年間150の多様なサイトを制作・リニューアルする実績に加え、毎年複数のWebデザインアワードを受賞しています。

全てお任せいただくことも可能ですが、最終的には自走を目的にしている企業に視座をあわせ、パートナーとして伴走することを得意としています。

丁寧なリサーチはもちろん、ヒアリングやワークショップを通して貴社の魅力を最大限に引き出します。

同時にお受けすることの多いWebサイトの制作やリニューアルにおいても、圧倒的なデザイン力でその魅力をWeb上に具現化いたします。

グラフィックやエディトリアル、イラストが得意なデザイナーもおり、Web制作やロゴ制作はもちろんのこと、パンフレットなどの紙媒体も含め実績があり、トータルでお受けすることが可能です。

株式会社LIGのおすすめポイント

・システム開発もおこなっていることからエンジニアも強く、プロダクトの見積もりまで含めて費用全体の概算がわかりやすい。

・大手企業から個人商店まで、ジャンルを問わない無数の実績があり柔軟な対応が可能。

・大きいオウンドメディアを持っており、発信できることも強み。

・戦略の策定など、上流工程からの支援も可能

株式会社LIGの制作実績


Webデザインアワード受賞!お客さま目線のサイトでPVが劇的改善 – 「日本テレビアート」リニューアル


リニューアルでCV数2倍を達成!BtoBサイト制作のポイントとは – 「レディクル」サイトリニューアル

会社概要

設立年 2007年
従業員数 230名(2023年4月1日時点 連結)
所在地 〒111-0056 東京都台東区小島2-20-11
URL https://liginc.co.jp/
電話番号 03-6240-1253

LIGにお問い合わせしてみる

Hi! Design


出典:Hi!design 公式ページ

Hi! Designはブランディングをメインとするデザイン会社です。高いデザイン力を生かしたブランディングを、様々な業界やジャンルで実現させています。

ホームページにたくさんの実績が掲載されており、一目でそのジャンルの多様さとクオリティの高さが見てとれます。

弊社クリエイターからの声

・無形商材、プロダクト、食品、アパレル……業界問わずハイクオリティなブランディングが見られる。

・グラフィックデザインだけでなく、パッケージやサインデザインなど隅々まで行き渡らせられる守備範囲の広さが素晴らしいです。

・苦手ジャンルはないのかな?と思うくらい、クールもクラフトも和もどんなテイストも素敵です。

会社概要・実績

設立年 2023年
実績 ひとはなコンサルティング リブランディング
PRONI株式会社 リブランディング
所在地 〒168-0073 東京都杉並区下高井戸4-35-10 S/CORRIDOR C-2-1
URL https://hi-designinc.com/

株式会社MIMIGURI


出典:株式会社MIMIGURI 公式ページ

組織の創造性の土壌を耕すための総合的なコンサルティング事業をおこなう会社。

対応範囲は多岐に渡り、人材育成から組織開発、組織デザイン、事業開発や経営戦略など幅広く対応している。

ファシリテーションやマネジメント、デザインに関する研究を続け論文や書籍の執筆も多く、その実績は文科省に「研究機関」として認定されるほど。

実績記事を見るだけでも、ロジックに基づいておこなっていることが伝わってきます。

弊社クリエイターからの声

・「ブランディング」と聞いて真っ先に思い浮かぶくらい、とにかく得意!という印象を持っています。

・常に徹底的にロジカルに進めている印象があります。それは言い換えれば「本質を外さない」ことであり、一番大切なことだと思っております。

会社概要・実績

社名 株式会社MIMIGURI
URL https://mimiguri.co.jp/
設立年 2021年
所在地 〒113-0033 東京都文京区本郷2-17-12THE HILLS HONGO 4F
実績例 変革の成長点を定義する。創造的対話を生み出す、ゆめみのリブランディング。
「ほしいに、ねがいを。」未来の“再会”ストーリーから逆算する、ガシャポンのリブランディング。

株式会社シフトブレイン

SHIFTBRAIN(シフトブレイン) トップページ
出典:株式会社SHIFTBRAIN
コミュニケーションプランニング、デザイン、テクノロジーを得意とするブランディングスタジオです。

Webサイトの制作以外にもロゴや実写、アニメーションなどを使用したPVも対応。

サイトはもちろんロゴやコピーに至るまで、ハイレベルで、業界から「上手すぎる」との声も。

弊社クリエイターからの声

・D2Cブランディングですごく上手くいっているイメージがある

・過去事例・実績も豊富であり、どんな業界でも素晴らしいクリエイティブに仕上げています

会社概要

社名 株式会社シフトブレイン
URL https://shiftbrain.com/
所在地 東京都世田谷区代田5丁目10−7 nakahara-sou 101
設立 2003年11月
従業員数 29名
実績例 cucumu Branding

ハイライツ株式会社


出典:ハイライツ株式会社 公式ページ
Webデザインとグラフィックデザインをおこなうデザイン会社で、ブランディングの実績がとても豊富です。

企業やプロダクトのブランディングはもちろん、採用ブランディングも実績多数。

アートやサブカルチャーへの関心が高く、その方向性にも強みがあります。

弊社クリエイターからの声

・地元のテレビ局のリブランディングをされていて、パッとしなかったテレビ局のイメージが一気に変わって印象的でした。

会社概要

社名 ハイライツ株式会社
URL https://www.highlights.jp/
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-2-24リブ青山2F
設立 2010年
実績例 2023上半期 ブランディング実績

株式会社エイトブランディングデザイン


出典:株式会社エイトブランディングデザイン 公式ページ

エイトブランディングデザインは、社名にもあるようにブランディングを「専門」としているデザイン企業です。

対応ジャンルも幅広く、100件を超える実績があります。

リサーチやプランニングはもちろんのこと、コンセプト開発まで含め対応が可能で、トータルサポートを実現させています。

ブランディングの本も多数出版されており、業界内でも信頼度の高い会社です。

弊社クリエイターからの声

・ロジックがしっかりしているといつ見ても思います。

・企業はもちろん食品や神社など、対応範囲が本当に広く全てクオリティも高くあり、いつも感心します。

会社概要

社名 株式会社エイトブランディングデザイン
URL https://www.8brandingdesign.com/
所在地 〒107-0062 東京都港区南青山4丁目10番3号エイトビル
設立 2006年
実績例 ONDOホールディングス ブランディング
産泰神社 ブランディング

Bees&Honey株式会社


出典:Bees&Honey株式会社 公式ページ

様々な領域の専門家で組織されたブランドデザイングループ。国内外において様々な賞を受賞しています。

企業の「本当に在りたい姿」へとブランドを変革するための戦略やデザインを提供しています。

後述する、弊社LIGのリブランディングの際も外部パートナーとしてサポートいただきました。

弊社クリエイターからの声

・哲学的なアプローチでブランディングをしている。資産となり続けるクリエイティブがかっこいい。

・クライアントの本質をついたデザインに仕上げている。弊社で依頼した時、ものすごく突きつめて本質を炙り出そうとしていたのも印象的でした。

会社概要

社名 Bees&Honey株式会社
URL https://beeshoney.jp/
所在地 〒151-0053 東京都渋谷区代々木5丁目38−8 今井ビル 1F
設立 2010年
実績例 UUUM リブランディング
Moraine Corporation
リブランディング

ブランディングとは

「大辞林第三版」にはこのように記載されています。

経営・販売上の戦略として、ブランドの構築や管理を行うこと。
会社・商品・サービスなどについて、他と明確に差別化できる 個性(イメージ・信頼感・高級感など)をつくりあげること。

「個性をつくりあげる」とありますが、そもそも既に「ブランド」には「個性」があります。しかし認知度が高いブランドであっても、個性が正しく魅力的に世の中に伝わっていないこともあるのです。

「個性をつくりあげる」とは、「新しい個性をつくること」だけでなく、「すでにある個性を正しく魅力的に伝えること」でもあります。

💡ブランディングの基本的な考え方とフレームワークについて

ブランディング・リブランディングが必要な理由

前述の通り、大前提として「ブランド」には「個性」や「魅力」があります。

ブランドの個性・魅力が正しく魅力的に世の中に伝わっていなかったり、方向性に差異が出てきた際、ブランディング・リブランディングを行う必要があります。

ブランドの個性・魅力をどんなターゲットに対し、どんな価値を提供するかを明確にし、浸透させ、守り続けていくことが大切です。

顧客が迷うことがないように価値を届けるために、他社との違いを明確にし、顧客に選びやすくしてあげる必要があります。そのためにブランディングをおこなっています。

【実体験】ブランディング会社のうまい選び方

少し触れましたが、実は弊社LIGでも2年前にリブランディングをおこなっています。

「自社でもやってるのにどうして依頼を?」と思うかもしれませんが、もちろん自社でも進めつつ「第三者視点でも深掘りしてもらいたい」という意図から、一緒に自社のリブランディングをしてくれるパートナー会社を探しました。

💡リブランディングにおけるパートナー探しの実録はこちら

問い合わせする前にここを準備しよう!

まずは実体験から、ここを決めておくとスムーズに進む!という項目をお伝えいたします。

ブランディングする理由を明確にする

まずは目的やゴール、必要性を自社内で明確にしましょう。

・認知度の向上のため
・社内で意識や方向性を合わせるため
・自社を正しく理解してもらうため
・他社との差別化のため

などなど……ブランディングする理由は十人(社)十色のため、依頼前に自社内である程度の擦り合わせすることをおすすめいたします。

ブランディング会社に依頼した場合、早い段階でヒアリングやワークショップをおこないます。

自社内で理由を明確にしておくことで、ブランディング会社とのやりとりもスムーズに進行可能となります。

ブランディングデザイン会社にどこまで依頼するか決めておく

ブランディングプロジェクトは複数の工程に分かれるので、どこまで依頼するのかを決めておきましょう。

・最初の戦略設計から入る
・打ち出す魅力は決まってるので、デザインだけを頼む
・ロゴも一新するからロゴ制作まで頼む

など、どこの工程に参加してもらうのかもお問い合わせの前に明確にする必要があります。

会社によって請負可能な範囲も異なるため、問い合わせて話が進んだ後に「それはできません」となってしまってはもったいないです。

また、工程によって見積もり金額も異なりますので、正確な見積もりのためにも必要になります。

弊社LIGは全ての工程に対応可能です、どんなことでもお気軽にご相談ください!

実績・実例を確認する

アウトプットはブランディングデザイン会社によってそれぞれ少しずつ違いますので、実績は必ず確認しましょう。

近い業界の実績もあれば良いですが、しいて言えば、自社がやろうとしている内容と近いブランディング事例があると望ましいです。

コンペありきの場合は注意が必要

複数の会社で検討することはもちろんおすすめですが、コンペをする場合は注意が必要です。

実際に弊社のリブランディングをする際に複数社にお問い合わせをしたのですが、「コンペは参加しません」「発注前にデザイン提案はしません」と1、2通目のメールで言われるケースがありました。

ブランディング会社はたくさんありますが、本当に実力のある会社は少なく、そういった会社ほどコンペには参加してくれません。しなくても仕事が来るからです。

もしコンペで決めるつもりでしたら開口一番で断られる可能性と、実力のある会社を遠ざけてしまう可能性を少し考慮いただくといいかもしれません。

社内を巻き込むことをおすすめします

実際にリブランディングしてみて、社内への共有は非常に重要だったと考えています。

ここが不十分だと社員が「いきなり新しい方針ができた」と感じてしまい、社員によってはイメージの乖離が起きてしまいます。

なぜこのロゴになるのか、なぜこのデザインになるのか、などを深く全社に共有することを、実体験からもおすすめします。

まとめ

ブランディングによって、ブランドの持つ個性を正しく魅力的に世の中に伝えることができます。

弊社LIGでは「誰に何を伝えるのか」を明確にし、クライアントとしっかり方向性を擦り合わせ、1歩1歩と伴走しながらのブランディングをおこなっています。

どうすればいいかわからないなど、お悩みがありましたら、ぜひLIGに熱い想いをお聞かせください。全力でお手伝いをさせていただきます。

LIGに相談する

よくある質問

どういう風に進めていくのですか?

まず「理想の企業像」と「顧客が持っているその企業のイメージ」を確認し、言語化と可視化をします。

そしてWebサイトを制作する際には、「理想の企業像」を中心に構築しデザインの要素やコンテンツ作りの際に、「理想の企業像」と「顧客が持っているその企業のイメージ」のギャップを埋める部分を強化していきます

💡ブランディングのためにやっていることを2社で対談しました

💡ブランディングのフレームワークの一例「ODEN」はこちらから

具体的には何をやるのですか?

ブランディングの具体的な実務としては、デザイン面ですと要件定義から始まりロゴ制作、イメージボード制作、パッケージ制作、Web制作などが挙げられます。

クライアントの要望によって作業内容も異なり、会社によって対応可能な領域も異なりますので、お問い合わせすることをおすすめします!弊社LIGは全て含め対応可能でございます。

関連記事:ブランディングの具体的な進め方を実例とともに解説

LIGへのお問い合わせはこちらから

この記事のシェア数

クリエイティブディレクター/広告ディレクター/編集者。ヒト・モノ・コトを集めて編むことを得意とする。これまでメディア事業やtoCビジネスにおける新規事業開発・クリエイティブ領域を担当してきた。

このメンバーの記事をもっと読む
デザイン力×グローバルな開発体制でDXをトータル支援
お問い合わせ 会社概要DL