Webデザイナーとは?仕事内容や年収・将来性を徹底解剖

Webデザイナーとは?仕事内容や年収・将来性を徹底解剖

LIGブログ編集部

LIGブログ編集部

今やビジネスをする上で必要不可欠となっているWebサイト。それに携わるWebデザイナーも、需要が高まっていることは容易に予測できます。最近ではオンラインで好きな時間に受講できるWebデザインスクールも人気で、未経験からWebデザイナーを目指す人も増えている印象です。

しかし、未経験でも目指せる職業だからこそ将来性は大丈夫なの? 年収や働き方は? などの不安を感じている人も多いのではないでしょうか。今回はそんなWebデザイナーについて、仕事内容や将来性・働き方など、Webデザイナーの全容をざっくりと解説します。

このページを読んでわかること
  • Webデザイナーの業務の流れ
  • 将来性や年収
  • 未経験でWebデザイナーになる方法
  • Webデザイナーのやりがい
  • 必要なスキル
  • Webデザイナーに関する資格



それではさっそくみていきいましょう。

Webデザイナーの仕事についてその全容を解説

仕事内容〜Webサイト制作時の関わり方〜

Webサイト(ホームページ)に関連するデザインを行う人を、Webデザイナーといいますが、その仕事内容は多岐にわたります。具体的にはどんな仕事をするのか、まずはWebサイト制作の流れに沿ってWebデザイナーがどのように関わっているのか理解していきましょう。

ここではWeb制作会社でWebサイトを制作する場合を例に挙げて、仕事の流れを見ていきます。

Webサイト制作の流れ〜Web制作会社の場合〜
  1. クライアントにヒアリングする
  2. 市場調査・分析
  3. コンセプト・構成の決定
  4. デザインラフ(ワイヤーフレーム)の制作
  5. デザイン案(デザインカンプ/モックアップ)の制作
  6. 本番環境に実装

上記のうち、1~3はwebディレクター、4~6はWebデザイナーといったように職種が分けられる場合もあります(職種名やフェーズは会社により多少異なります)。ここからは、ぜひ自分はどこに携わりたいんだろう? といった視点で、それぞれのステップごとに仕事内容をチェックしてみてください。

1.クライアントにヒアリングする

Web制作をするファーストステップはクライアントからのヒアリングです。ヒアリングのミッションは、クライアントがなぜWebサイトを制作したいのか? という目的を明確にすること。

Webサイトの制作目的はクライアントによりさまざまで、例えば「商品を多くの人に知ってもらいたい」「優秀な人を採用したい」などがあります。もちろん目的がはっきり決まっていないクライアントもいるため、ヒアリングを通してクライアントの考えや目的を引き出していくことも必要です。

具体的にはこんなことをヒアリングします
  • Webサイトはどんな目的で制作するのか?
  • Webサイトに訪れてほしい人はどんな人なのか?
  • その人たちにどのような印象を持ってもらいたいのか?
  • サービスの優位性はどんなものなのか? など

2.市場調査・分析

続いて、ヒアリングをもとに市場調査や競合調査を行います。

競合調査は、クライアントの立ち位置をはっきりさせ、それをWebサイト制作に活かすことが目的です。競合との違いや優位性、目的を達成するには何をどう訴求すべきかを決めていきます。

ここがブレると、ユーザーに伝わらないデザイン・目的を達成できないデザインになってしまうため、じっくりと進めることが大切です。

3.サイトコンセプト・構成の決定

次のステップは、コンセプトの決定です。コンセプトとは、「誰に何を伝えたいのか、を表す概念」です。“メッセージ性”“サイトを見たときに感じてほしいこと”というとわかりやすいでしょうか。

サイトコンセプトを決める上では、「誰に伝えたいのか」「伝えたい人はどんな人なのか」といった点や、「その人たちに好きになってもらうにはどのようなコンセプトがいいのか」ということを考えていきます。

ここはWebディレクターやWebデザイナーを含む制作チームで決めていくことになります。

4.デザインラフ(ワイヤーフレーム)の制作

webデザイナーの仕事の流れ
ここからはいよいよ具体的なデザインの制作です。このフェーズはWebディレクターが担当する場合もありますが、Webデザイナーが担当することもあります。

ここは「決めたコンセプトは、どんな表現だとより魅力的に伝わるのだろう」といった話を、制作メンバーやクライアントと話し合いながら形にしていく作業です。具体的には、ワイヤーフレーム(サイトの設計図)を作成し、各デザイン要素のレイアウト・デザインを決めていくことになります。

例えばこんなことを決めます
  • メイン画像はどんな情報を置く?
  • メイン画像の下にはどんな要素を置く?
  • ボタンはどこに置くのが適切?

5.デザイン案(デザインカンプ/モックアップ)の制作

Webデザイナーの仕事の流れ
ワイヤーフレームができたら、デザイン案を制作します。デザインカンプ・モックアップとも呼ばれますが、つまりはデザインの完成見本をつくっていく作業。ここまで作成してきたワイヤーフレームに肉付けをしていくようなイメージでデザインしていきます。

例えばこんなことをデザインします
  • サイト内で使うアイコンや画像
  • サイトのフォントやサイズ
  • カラーの配色
  • アニメーションの動き

6.本番環境に実装

ここまで来ればサイトができあがるまでもう一息! サイトを立ち上げて、デザインを実装していきます。ここはWebデザイナーがやることがあれば、コーダー・プログラマーと呼ばれるコーディングを専門とする人が担当したり、外注先に委託する場合もあります。

以上がWebサイト制作の流れとWebデザイナーの仕事内容です。実際は”ここからここまではWebデザイナーの仕事”といった明確な定義はなく、会社によりどのフェーズからどのフェーズまで関わるのかは異なります。Webデザイナーへの就職・転職を考えている人は、この流れを参考にどのフェーズの仕事に携われるのか? をしっかり聞いておくと、ミスマッチを防ぐことができますよ。

プロジェクトの期間はどれくらい?
案件にもよりますが、簡単なLP(ランディングページ)の場合、受注〜納品まで2ヶ月程度。規模が大きくなれば6ヶ月〜、長い場合だと1年以上かかる場合もあります。複数のプロジェクトを掛け持ちして進めていくのが一般的です。

統計データからみるWebデザイナー(平均年収・労働時間)

続いて、厚生労働省が運営するjobtagより、Webデザイナーの平均年収や労働時間などの働き方について見てみましょう。

Webデザイナーが属する主な職業分類(デザイナー)の統計情報
  • 平均年収は全国478.6万円
  • 平均労働時間は172時間(月20日働いた場合、1日あたり8.6時間)
  • 就業人口193,830人

出典:Webデザイナー|jobtag

デザイナーの平均年収は、全国で478.6万円。全職種の平均年収307.7万円(厚生労働省「一般労働者の賃金」より)からすると、約55%高い結果になっています。

なお、平均労働時間は172時間。月20日働いた場合、1日あたり8.6時間という計算です。Webデザイナーは残業が多いというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、統計データでみると就業時間が長い印象はありませんね。

この平均労働時間にはフリーランスや自営の人も含まれることからこのような数字になっていると考えられますがWeb制作会社などの対クライアント案件が発生する場合はこの限りではありません。複数のプロジェクトを掛け持ちする場合や、案件の内容によってはどうしても忙しくなってしまうこともあります。

繁忙期はいつ?
決算期のタイミング(一般的には3月あたり)は、「予算が余ったからサイトを作りたい」といった理由で、案件が多くなる傾向があります。また、この時期は新卒採用サイトの解禁日にも重なるため、これも相まって忙しくなることもあります。

キャリアステップ・キャリアパス

Webデザイナーのキャリアパスとして考えられるのは、次の4つです。

スペシャリストとして活躍する

Webデザインの仕事が楽しい! 一生現場でやっていきたい! という人は、Webデザイナーのスペシャリストとしてのキャリアアップしていくことが可能です。

クリエイティブディレクター/アートディレクター

Webデザインに限らず、幅広いクリエイティブの制作、プロジェクトを管理する職種です。例えばブランドの広告などが該当します。

Webディレクター/プランナー

Webディレクターは、よりクライアントに近い立場で、Webサイトを制作していく職種です。「Webサイト制作全般に携わりたい」「顧客対応が好き」という人は、Webディレクターの仕事が向いているかもしれません。

UIデザイナー

ただデザインをするだけでなく、ユーザーがより使いやすい設計やユーザー体験をデザインをしていく仕事です。

組織内でキャリアアップしていくこともできますが、会社によってはそれが難しい場合も。その場合は転職も視野に入れてキャリアを積んでいくことになります。

また、Web制作会社のWebデザイナーから事業会社のインハウスデザイナーになる、フリーランスになる、なども選択肢として考えられます。

将来性〜社会から必要とされるには〜

「Web制作ツールの進化によってWebデザイナーの仕事がなくなってしまうかも」
「Webデザイナーになる人が多くて、飽和状態なのでは?」


このような不安をお持ちの方もたくさんいらっしゃいます。最近では、誰でも簡単にWebサイトを作れるツール・サービスも多く存在しており、たしかに簡単なWebサイトをつくるだけならWebデザイナーは不要とも言えます。

言い換えれば、言われたものをただデザインをするだけのWebデザイナーはツールに代替されてしまったり、もし仕事があったとしても報酬が低くなってしまう可能性もあるということです。

Webデザイナーの仕事内容で紹介したように、Webサイト制作はクライアントの課題解決が目的です。これはクライアントの考えを引き出して形にしていくヒアリング能力や、マーケティングの視点を持ってデザインを組み立てていくスキルが必要になります。そしてこのような視点を持つためには、市場や流行の変化にアンテナを貼ることも必要です。

一見むずかしそうに感じますが、逆に言えばこのようなことができるWebデザイナーは数少ないともいえます。このような視点を持ったWebデザイナーであれば、「仕事がなくなってしまうかも」といった、過度な心配はいらないでしょう。

必要なスキル

厚生労働省が運営する「jobtag」では、各職業に必要なスキルを、しごと能力として数値化しています。

この数値を見ると、Webデザイナーに必要なスキルTOP3は以下の通り。

  1. 文章力
  2. 傾聴力
  3. 読解力

デザインなのに文章力? と思う人もいるかもしませんが、Webデザイナーはプロジェクトメンバーと一緒にチームで働く仕事。上流工程に携わることになれば、クライアントの考えを聞く傾聴力・考えを理解していく読解力も必要となります。

実務的なスキルとしては、やはりツールを使いこなせるのか? が重要。Webデザイナーの必須ツールとも言われるXDやPhotoshop、Illustratorやもちろん、WordPressなどのCMSの知識、HTML/CSSの言語の知識も必要です。

また、最近ではアニメーションを取り入れるWebサイトも多く、その場合はAdobe After Effectsを使ってデザインを行う場合もあります。

Webデザイナーのやりがい

自分の作品を披露できる

Webデザイナーとして手掛けたWebサイトやページは、自分の作品でもあります。Webを通じて多くの人に自分の作品を披露できることは大きなやりがいといえるでしょう。

クライアントに貢献できる

Webサイトを制作する目的には、数字的なアプローチとして売上の向上などを目的とすることもあります。

自分が制作したWebサイトやページによって集客や売上が向上した場合、クライアントの事業に対して自身の成果物が直接的に貢献していることになります。クライアントからの信頼も得ることができ、一個人のWebデザイナーとしての自信も必然的に生まれるでしょう。

スキルやセンスを活かして働ける

Webデザイナーを目指す人は、もともと何かを作り上げるのが好きな人も多いです。

アートではないため、自由になんでも表現するというよりかは、論理的に考えてデザインを制作することが基本ですが、自分の美的センスや表現力を発揮できる場面も多くあります。これまでの自分が見てきた表現や感覚をアウトプットして、成果物を残せるというのもWebデザイナーという仕事の醍醐味でしょう。

新しい技術に挑戦できる

制作会社で受託制作を行う場合、さまざまな企業や業種のWebサイトやページ制作を手がけられます。また情報を整理していく上では、その業界はどのようなニーズがあって成り立っているのかなども調べる必要がでてきます。

Webサイト制作を通じて、今まで知らなかった新しい知識が得られるのも魅力のひとつです。多くの業種や業界の新しい技術やサービスを知り、新しい情報をインプットしていくことで成長の実感が得られモチベーションにつながっていきます。

未経験からWebデザイナーになるには

そもそも未経験でなれるのか

結論からいうと、未経験でもWebデザイナーになることは可能です。この記事をご覧の人のなかには、Webデザイナーは美大やデザイン専門学校を卒業しないとなれないと思っている人もいるかもしれませんが、Webデザイナーは独学やWebデザインスクールでスキルを磨けば、就職・転職していくことができます。

参考:Webデザイナーの求人数
求人ボックスで【Webデザイナー/未経験/正社員/全国】の条件で求人を検索したところ、7,536件(2022年6月23日時点)の求人がありました!

では、未経験でWebデザイナーになるにはどうすればいいのでしょうか。

未経験でWebデザイナーになるには

未経験からWebデザイナーになるには、主に以下の3つの方法があります。

  • 独学で勉強する
  • Webデザインスクールに通う
  • 未経験・初心者可の求人に応募し現場で学ぶ

それぞれ詳しく解説します。

独学で勉強する

Webデザインを独学で学ぶメリットとしては、費用がかからない・自分の好きな時間に勉強ができる点があります。自己管理をしっかりできる人にはおすすめの勉強法です。

独学で勉強するときにおすすめなのが、本やツールを活用して学ぶことです。独学で勉強したいけど何から始めればいい?と悩んでいる人は、以下記事で未経験から独学でWebデザイナーになった方法を紹介しているのでぜひご覧ください。

Webデザインスクール・専門学校に通う

社会人の方でこれからWebデザインを学びたい方には、スクールでの勉強がおすすめ。効率よくWebデザインの知識・スキルを身につけられるので、近道になります。スクールは2~3年程度通うものが多いですが、最近では好きな時間にオンラインで講座を受けられるようなWebデザインスクールも人気です。就業中の人・子育て中のママさんでもWebデザインの知識・スキルを身につけやすくなっています。

Webデザインスクールの比較方法やおすすめの学校についてはこちらの記事で紹介しているので、合わせてご覧ください。

未経験・初心者可の求人に応募し現場で学ぶ

数は少ないものの、IllustratorやPhotoshopが使えれば未経験可という求人も存在します。この場合、まずはWebデザインのアシスタント業務から始まり、キャリアを積んでいくことで一人前のWebデザイナーになっていくイメージです。

雇用形態はバイト・契約社員などさまざまですが、ゆくゆくは正社員への切り替え可能性がある場合も。このような求人に応募し、現場で学ぶのも一つの手です。

必要な資格

Webデザイナーには、この資格を持っていないとなれないというものはありません。資格がなくてもWebデザイナーになることは可能です。

ただし、Webデザインに関する資格を取得することで正確な情報や知識を習得できるというメリットもあります。また就活・転職時には、面接官に意欲をアピールできる可能性もあるので、余裕があれば受検してみるのもいいでしょう。

Webデザインに関する資格
  • アドビ認定エキスパート
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験

Webデザイナーにおすすめの資格はこちらの記事でまとめているので、合わせてご覧ください。

まとめ

ここまでWebデザイナーの仕事について紹介しました。長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございます。

LIGでは、たくさんのWebデザイナーが働いており、以下の記事ではリアルな現場の声を紹介しています。Webデザイナーについてよりイメージを沸かせたい人は、ぜひあわせてご覧ください。

よくある質問

ここまでの内容を、質問形式でおさらいしていきます。

Webデザイナーってどんな仕事?

Webサイトに関するクリエイティブをデザインする仕事です。Webサイト全体のデザイン・各コンテンツのクリエイティブデザインするなど、仕事の内容・幅はそれぞれです。

Webデザイナーは未経験でもなれますか?

なれます。Webデザイナーは言語やグラフィックツールの基本的な知識があれば、未経験者でも目指せる職業です。

独学で学ぶにはどうしたらいい?

独学で勉強するときにおすすめなのが、本やツールを活用して学ぶことです。具体的な勉強方法は、以下記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

この記事のシェア数

28

LIGブログ編集部
LIGブログ編集部

LIGブログの企画・執筆・編集をしています。マーケティング、SEO対策、デザインに強みを持ったメンバーが、最新情報やノウハウをわかりやすくお届けします。