BiTT開発
BiTT開発
2015.04.24

フロントエンドエンジニアであり続けるために効率的に情報収集を行う方法

先生

手法6 – MDN

MDNはMozilla Developer Networkの略称です。

Firefoxの情報だけでなく、HTMLやCSS,JavaScriptなどブラウザに関連するさまざまなドキュメントやデモが掲載されています。
特にドキュメントはサンプルコード付きでわかりやすいものが多いので、学習や調べ物にも役に立ちます。
また新しく実装される機能や勧告前の機能についても網羅されているので、最新情報を得ることもできます。

デモページでは最新の技術を利用したリッチなデモが見られるので、見ているだけでも楽しいサイトです。

手法7 – 勉強会

HTML5 Minutesはじめ、多くの勉強会が開催されています。
知らなかった情報などが聞けたり、懇親会などで人脈を広げたり、直接質問ができたりします。勉強会本編のみならず、懇親会まで参加することをオススメします。個人的には懇親会がメインで参加することも多いです。

登壇することで得られることも多いので定期的に参加すると良いと思います。

「IT/Web業界を中心に勉強会・セミナー・イベントが探せるサービス6選」で勉強会を探せるサービスを紹介していますので、こちらで探すと効率よく見つけられると思います。

手法8 – メールマガジン

こちらも古くからある手法ですが、最近かなり良くなってきています。
CodeGridとFront-end Weeklyが特にオススメです。

CodeGridはフロントエンド集団であるPixelGrid社が運営しているサービスで、フロントエンドに特化した情報が得られます。
一部有料ではありますが、購読すると定期的にメールで更新情報とその時のトレンド情報が送られてきます。ひとつひとつの記事が深いので読み応えがあります。

Frontend WeeklyはFrontrendのメンバーを中心に運営されているフリーのメールマガジンです。主に海外からの情報に簡単な日本語コメント付きで送られてきます。
海外のサイトを巡るのは大変なので、こうしたありがたいサービスを活用しない手はありません。こちらは無料なので、すぐに購読することをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
フロントエンドは情報に溢れています。効率良く興味のある情報を見つけてスキルを高めていきたいですね。

 

【Webの流れをチェックする】

エンジニアの知識を深める!情報収集に役立つまとめ

エンジニア必見!Webデザイン・制作に役立つサイト26選

Web業界では定番!毎日見たいIT系ニュースサイトまとめ14選

Webディレクターならチェックしたい、ニュースサイト15選。