いいとこすぎて移住しちゃいました / LAMP壱岐
いいとこすぎて移住しちゃいました / LAMP壱岐
2017.01.13
第21回
ディレクターズブックマーク

バレンタインデーにプレゼントしたいイケてるスイーツサイト特集7選

すまいる

こんにちは、ディレクターのすまいるです。
昨年はお世話になりました、今年もよろしくお願い致します。

あと1カ月もすれば、バレンタインデーです。
そろそろ渡すチョコは手作りにしようか、それともおいしいチョコやスイーツにしようか、悩みはじめるころではないでしょうか。

そこで今回は、バレンタインデーにプレゼントしたくなるようなイケてるスイーツサイトをご紹介します。日ごろの感謝を形に変えてチョコレートやスイーツを贈ってみるのはいかがでしょうか。

バレンタインデーにプレゼントしたいイケてるスイーツサイト特集7選

1.ジャン=シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX)

jean-charles

ジャン=シャルル・ロシュー(JEAN-CHARLES ROCHOUX)

パリで伝統的な技術とセンスを兼ね備えたフランスのショコラティエ。
スイーツ激戦区でもあるパリ6区にショコラトリーを構える世界的にも有名な人気店。チョコレートで作られた動物たちとジャングルな世界観がとても面白い。師匠であるミッシェル・ショーダンの独創的かつ芸術的な部分もきっちりと受け継がれていて、その独特な創作が人々の心を惹きつけている。とても食べるのがもったいないですね。

2.ジャン=ミッシェル・モルトロー(JEAN-MICHEL MORTREAU)

jean-michel

ジャン=ミッシェル・モルトロー(JEAN-MICHEL MORTREAU)

「世界で一番やさしいショコラを」を信念に、オーガニックカカオを使ったショコラにこだわるフランスのショコラティエ。そのこだわりはジャン=ミッシェル・モルトローがオーガニック農家の生まれであることから始まっている。希少なオーガニックカカオで作られたショコラは口に含めば消えるような味わい。そのブランドを伝えるWebサイトは、素材の良さがイメージしやすく、オーガニックショコラついて詳しく説明されているので勉強になります。ぜひ一度はオーガニックで品質の良いカカオを味わってみたいです。

3.ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)

pierre

ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)

「パティスリー界のピカソ」と呼ばれ、21世紀のパティスリー界の第1人者と言われるフランスのパティシエ・ショコラティエ。2016年の「世界ベストレストラン50」において、世界の最優秀パティシエ賞を受賞した経験をもつ。ピエール・エルメ・パリは、1998年に東京赤坂「ホテルニューオータニ」内に店舗オープンを皮切りに、青山ブティックをはじめとする東京、神奈川、京都、大阪、兵庫の大手百貨店などにもお店を構えている。
そんな超有名ブランド「ピエール・エルメ・パリ」のWebサイトは、パリのセンス光る華やかなデザインで、イラストが動くなど見ていて楽しさを伝えてくれます。掲載しているすべてがおいしそうですが、バレンタインデーにはボンボンショコラはいかがでしょうか。

4.ボナ(BONNAT)

bonnat

ボナ(BONNAT)

1884年設立、世代から世代に受け継がれた歴史のあるチョコレートメーカー。単一品種・単一産地のカカオを原料とするシングルオリジンビーンズチョコレートを世界で最初に製造した先駆ブランド。古くから歴史を受け継ぐブランドのWebサイトは、写真と文字のシンプルなデザインで、産地や製造の紹介など、ボナチョコレートのこだわりを感じさせます。多種に及ぶ地域のカカオを味わってみるのはいかがでしょうか。

5.モリ ヨシダ(MORI YOSHIDA)

mori yoshida

モリ ヨシダ(MORI YOSHIDA)

自分の技術や特技を競うバラエティー番組「TVチャンピオン2」で2006年、2007年と2年連続優勝した敏腕パティシエ・吉田守秀のブランド「モリ ヨシダ」。彼は2013年にパリ7区にお店をオープンし、2014年にはフランスのチョコレート愛好家の会C.C.C(クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)での品評会において、金タブレットと外国人賞を獲得している。そんな彼のブランドを支えるWebサイトは、スイーツ写真を背景に、こだわりとメッセージを添えたシンプルな伝え方をしています。スイーツの良さがダイレクトに伝わるサイトですね。

6.アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート(ANTICA DOLCERIA BONAJUTO)

antica

アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート(ANTICA DOLCERIA BONAJUTO)

イタリアのシチリアはモデュカで誕生した老舗のチョコレートショップ。16世紀から伝えられた古代チョコレート製法をほぼ受け継ぐそのチョコレートは、創業以来、モデュカの人々に愛されるチョコレートです。こちらのWebサイトは、1750年からの歴史が紹介されており、チョコレートに捧げた人たちの人生が見えてきて、感動します。一度は「古代チョコレート」といわれる味を味わってみたいですね。

7.ラデュレ(Ladure)

ladure

ラデュレ(Ladure)

マカロン・パリジャンの発祥のお店「ラデュレ」。ティー・サロン「サロン・ド・テ」をパリに初めて誕生させたお店で世界的に有名です。日本では、銀座にティー・サロン「サロン・ド・テ」を構え、ほかにもブティックとして銀座・日本橋・新宿・横浜・羽田空港にお店を構えています。そんなマカロンで有名なラデュレのWebサイトは、パリの街並みとマカロンが飛び交う世界感がとても可愛いらしい演出がなされていて、さらにおいしそう。見た目もとても可愛いからいただいた方を笑顔にできそうです。

まとめ

どのWebサイトも、オリジナリティーがあって世界観がとてもステキですね!
今回は少し高級なスイーツWebサイトを中心に集めてみました。
こんなにもステキなスイーツやチョコレートをメッセージを添えて贈ったら、義理チョコでも嬉しいですね!
絶対に本命チョコでも嬉しいはずです。サイトから買えるものもあるので、バレンタインデーのチョコ選びに活用してみてください。

LIGは、Webサイトのブランディングが得意ですから、制作メンバー全員でオンリーワンのWebサイトをご提案いたします!
ぜひお気軽にご相談ください!

 

お問い合わせはこちら

 

それでは、また!