【2016年版】Facebook、Twitterに最適なOGP記述設定まとめ

エリカ


【2016年版】Facebook、Twitterに最適なOGP記述設定まとめ

こんにちは、ディレクターのエリカです。

突然ですが、OGPの記述って意識していますか?
OGP(Open Graph protocol)とは、単刀直入に言うとSNSでシェアしたときに表示される情報のことです。

ogp-setting-01

ogp-setting-02

OGP記述を設定することで、SNSでシェアされたときの視認性が高まるので、設定は必須としたいところです。
過去に何度か設定変更があり、いつも「何が最新なの?」と迷ってしまうので、2016年最新版をまとめてみました。

OGPの記述設定

HTMLの内に下記を記載します。

//共通項目
<meta property="og:title" content="ページのタイトル" />
<meta property="og:type" content="ページのタイプ" />
<meta property="og:url" content="ページのURL" />
<meta property="og:image" content="サムネイル画像のURL" />
<meta property="og:site_name"  content="サイト名" />
<meta property="og:description" content="ページのディスクリプション" />

//Facebook用
<meta property="fb:app_id" content="App ID" />
<meta property="article:publisher" content="FacebookページのURL" />

//Twitter用
<meta name="twitter:card" content="Twitterカードの種類" />
<meta name="twitter:site" content="@Twitter" />
<meta name="twitter:title" content="ページのタイトル" />
<meta name="twitter:url" content="ページのURL" />
<meta name="twitter:description" content="ページのディスクリプション" />
<meta name="twitter:image" content="サムネイル画像のURL" />

ちなみに、OGPを使用するときは「宣言」をしておくのが正式とされています。
色々と記述方法があるようなのですが、OGP公式サイトに倣うと下記の記述が最小限らしいです。

<html prefix="og: http://ogp.me/ns#">

OGP設定:共通項目

og:title
ページのタイトルを記載します。文字数制限はありませんが、Facebookをスマホで表示した時などはかなり短くなるので、記述する重要なワードは20文字以内に収めるとベターです。
og:type
ページのタイプを記載します。よく使用されるものとしては、トップページに「website」、ブログに「blog」、下層ページに「article」です。音楽や動画の指定もあるので、コンテンツに応じて設定するとよりよいです。
参考:OGP公式サイト>Object Types
og:url
ページのURLを記載します。
og:image
シェアした際に表示させたいサムネイル画像を指定します。
Facebookできれいに見せる推奨サイズは、横1200px × 縦630px (縦横比 1.91:1) です。(2016年11月時点)
Facebookはサムネイルを正方形にトリミングする場合があるので、半端な位置でトリミングされて困る時は、正方形内に必要な情報を配置しましょう。
確認には非公式のシミュレーター(2014年版)が便利です。
ファイルサイズは8MB以下とありますが、軽い方がベターでしょう。
og:site_name
サイトのURLを記載します。
og:description
サイトのディスクリプション(説明)を記載します。文字数制限はありませんが、概ね90文字程度が推奨されています。

OGP設定:Facebook用

fb:app_id
FacebookのApp IDを記載します。App IDの取得は面倒ですが、Facebookインサイト(解析機能)が使えるようになるのでおすすめです。
「fb:admins」というタイプもありますが、個人のFacebookアカウントに結びついてしまうので、企業利用では「fb:app_id」の方がベターです。
参考:Facebook アプリID取得方法 – User’s Manual2 – POWERED BY COMLOG
article:publisher
FacebookページのURLを記載します。Facebook専用のプロパティでは無いのですが、Facebookページとの紐付けができます。
Facebookページへ「いいね」していないユーザーのタイムラインに流れた時に、Facebookページへの「いいね」を誘導するボタンが表示されるので、とりあえず入れて損は無いです。
参考:Facebook公式リファレンス>article

OGP設定:Twitter用

twitter:card
Twitterカードの種類を選びます。選んだカードによって、URLをシェアした時にタイムラインに表示される内容が変わります。
画像の表示サイズが大きくて目立つ「summary_large_image」を使用することが多いですね。
参考:Twitter公式リファレンス>Twitterカード概要
twitter:site
Twitterアカウントとの紐付けができます。
twitter:title
twitter:url
twitter:description
通常とTwitter用で表示内容を変える場合は設定します。通常と同じ内容でよければ設定不要です。
twitter:image
通常とTwitter用で表示内容を変える場合は設定します。Twitterカードによって適切な縦横比が変わるので、必要に応じて設定しましょう。
Twitterカードに「Large Image Summary Card」を選んだ場合は、縦横比が1.91:1なのでFacebook用画像と同じサイズです。
ファイルサイズを1MB未満にする必要があるので気をつけてください。

デバッガーでOGPを確認

ページを公開したら、OGPが正常に表示できるかデバッガーで確認しましょう。

Facebook デバッガー

ogp-setting-03
https://developers.facebook.com/tools/debug/
※Facebookへのログインが必要です。

「デバッグ」をクリックすると、Facebookでシェアされた時のプレビューが確認できます。

一度スクレイピングされたページはFacebookにキャッシュされるので、もし後からOGPを変更した場合は「Scrape Again」で更新しましょう。

おまけですが、FacebookにはOGP専用の「Open Graphオブジェクトデバッガー」というデバッガーも存在します。

使い分け方がわからないのですが、ほぼ同じことができるのでお好みでどうぞ。

Twitter Card validator

ogp-setting-04

https://cards-dev.twitter.com/validator
※Twitterへのログインが必要です。

「Preview card」をクリックすると、Twitterでシェアされた時のプレビューが確認できます。

まとめ

気軽な気持ちで書きはじめた記事でしたが、思った以上に一次ソースを探るのに時間がかかってしまいました。

例えばTwitterカードなどは、最近まで7種類存在していたのですが、2016年11月時点で公式サイトのリファレンスを見ると、4種類に整理されているようです。

分かりやすくOGPを解説しているブログもたくさん見たのですが、日々情報は新しくなっているので鵜呑みはダメですね。分かりにくくても、最終的には公式サイトをチェックしなければと思い知りました。

「OGP設定っていろいろあるけど、何が最新なの?」と困っている誰かのお役に立てば幸いです。

最後に記事の参照元URLを添えて終わりにします。

OGP設定の参照URL

エリカ
この記事を書いた人
エリカ

ディレクター

おすすめ記事

Recommended by