社長って卒業文集にどういうことを書くの?関係者から卒アルを集める

社長って卒業文集にどういうことを書くの?関係者から卒アルを集める

菊池良

菊池良

社長・岩上貴洋の卒業文集を読む

b_03_b

中学のときの岩上。卒業文集は小学生のときのです。

 

20年後のぼく 岩上貴洋

 20年後──ぼくは、世界一周旅行に行っているだろう。
こんな夢を持ったのは、中学のころから、急激に英語ができるようになり、ドイツ語、フランス語、いろいろな国の言葉がスラスラと頭に入り、全国の言葉が今ではペラペラで、世界一周旅行に行ってみようと思ったのだった。

この時から20年後といえば32歳。ちょうど今ですね。

ちなみに現在は英語からしてペラペラではなくて、海外に行くときは知り合いに通訳を頼んでいるみたいです。

 

 日本に親と家族を置いて、小学生時代からの友達である野口くん、石川くんと来ている。
小学6年生に同じクラスだった人も誘ってみたが、忙しくて来られなくなってしまったのだ。
野口くんは、バスケの日本代表のレギュラーに選ばれ、石川くんはファミコンのソフトを作っている。

野口くんは日本代表だけど、忙しくないんですね。家族を置いて友達と行くところがなんとも小学生。

 

 今、石川くんはグーグーといびきをかきながら寝ている。始めはニューヨークで自由の女神を見て一泊し、北アメリカとかアメリカ中を車で走った。それにしても、アメリカの家というのは、すっゴーイ(原文ママ)大きい。

32歳の岩上は家の大きさに感銘を受けたようです。

 

 石川くんはアメリカ人と仲良くなった 名前はトムで28才ぐらいの人だ。今はトムと分かれて、飛行機に乗っている。

一瞬でいなくなるトム。

 

 少しは日本人がいるかと思ったけど全然いない。石川くんと野口くんは外国人と話していた。話が終わるとぼくのところに来て、「ふー、ビックリした」と言っていた。

2人して何にビックリしたのか。

 

 オーストラリアに行き、コアラを見ていると、小学6年のときに会ったパタソンさんがいた。アイスランドに行ったときは、二日酔いでゲッソリしていた。すごく寒かった。ほかにも、中国、フィリピン、フランス、ドイツといろんな国をまわり、112日が過ぎた。
まだタイには行ってないが帰ることにした。野口くんと石川くんも帰った。今度は家族でタイに行きたいと思いながら寝た。

なぜかタイにだけ行かない。ちなみに現在の岩上は、ベトナムにばっかり行っています。

【岩上のベトナム記事】

この記事のシェア数

554

菊池良
菊池良 メディアクリエイター / 菊池 良

ここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入りますここにテキストが入ります

菊池良の「やってみた」 | 20 articles