社長って卒業文集にどういうことを書くの?関係者から卒アルを集める

菊池良


社長って卒業文集にどういうことを書くの?関係者から卒アルを集める

こんにちは、ライターの菊池(@kossetsu)です。

k_ico 人物紹介:菊池良
株式会社LIGに所属するライター。ブログ記事の企画・執筆を担当している。

sotsu-1-2

よく有名人の卒業文集がメディアで紹介されたりしますよね。

「今、こんなことをやっている人は、卒業文集にこんなことを書いていた」って。

そこで思ったんですが……。

 

sotsu-2-2

自分が勤めている会社の社長は、どんな卒業文集を書いているんでしょうか?

社長の卒業文集を読もう

profile_detail104

4226f63265390a5d1b2e9d3847484ec8 人物紹介:岩上貴洋
株式会社LIGの代表取締役社長。大学に在学中からアーリーステージを対象とした独立系投資会社にて、投資業務、コンサルティング業務に従事。 2007年、株式会社LIGを創業。

 

profile_detail103

18ffe47ae091488567f5b7bacfbe9db71 人物紹介:吉原ゴウ
株式会社LIGの代表取締役社長。中学校を卒業後、農家、カヤックインストラクターなどを経て、ウェブデザイナーに。2007年に株式会社アストロデオを設立。2012年に株式会社LIGと合併。

彼ら2人の卒業文集をゲットしようと思います!

すべて本人たちには内緒で行っています。この記事が公開されたときに、この事実を知るでしょう。

岩上貴洋の卒業文集を調達する

b_01_b

岩上の卒業文集を手に入れるために、岩上の奥さんとFacebookで友達になりました。

で、最初に送ったメッセージが上の画像です。その後、いろいろあって小学校のときの卒業文集のコピーを郵送してもらいました!

吉原ゴウの卒業文集を調達する

b_02_b

吉原の卒業文集を手に入れるため、幼なじみでLIGの社員でもある竹内紳也に協力してもらいました。

3f3ec3021ddd559619f2290bc7036e586 人物紹介:竹内紳也
株式会社LIGに所属するメディアクリエイター。一度退職したが、出戻ってきた。

紳さん経由で卒業文集のデータをいただきました!

社長2人の卒業文集がこちら

sotsu-5-2

以上、手に入ったものがこれです。

 

b_04_c
クリックしらたデカくなります。

岩上貴洋の卒業文集をキャプチャしたもの。

 

b_09_c
クリックしらたデカくなります。

吉原ゴウの卒業文集をキャプチャしたもの。

それでは、ちょっと個別に読んでいきましょうか。文字起こしするにあたって、読みにくいところは改行したり、漢字にしたりしました。子どもならではの原文を味わいたい方は上の画像からどうぞ。

社長・岩上貴洋の卒業文集を読む

b_03_b

中学のときの岩上。卒業文集は小学生のときのです。

 

20年後のぼく 岩上貴洋

 20年後──ぼくは、世界一周旅行に行っているだろう。
 こんな夢を持ったのは、中学のころから、急激に英語ができるようになり、ドイツ語、フランス語、いろいろな国の言葉がスラスラと頭に入り、全国の言葉が今ではペラペラで、世界一周旅行に行ってみようと思ったのだった。

この時から20年後といえば32歳。ちょうど今ですね。

ちなみに現在は英語からしてペラペラではなくて、海外に行くときは知り合いに通訳を頼んでいるみたいです。

 

 日本に親と家族を置いて、小学生時代からの友達である野口くん、石川くんと来ている。
 小学6年生に同じクラスだった人も誘ってみたが、忙しくて来られなくなってしまったのだ。
 野口くんは、バスケの日本代表のレギュラーに選ばれ、石川くんはファミコンのソフトを作っている。

野口くんは日本代表だけど、忙しくないんですね。家族を置いて友達と行くところがなんとも小学生。

 

 今、石川くんはグーグーといびきをかきながら寝ている。始めはニューヨークで自由の女神を見て一泊し、北アメリカとかアメリカ中を車で走った。それにしても、アメリカの家というのは、すっゴーイ(原文ママ)大きい。

32歳の岩上は家の大きさに感銘を受けたようです。

 

 石川くんはアメリカ人と仲良くなった 名前はトムで28才ぐらいの人だ。今はトムと分かれて、飛行機に乗っている。

一瞬でいなくなるトム。

 

 少しは日本人がいるかと思ったけど全然いない。石川くんと野口くんは外国人と話していた。話が終わるとぼくのところに来て、「ふー、ビックリした」と言っていた。

2人して何にビックリしたのか。

 

 オーストラリアに行き、コアラを見ていると、小学6年のときに会ったパタソンさんがいた。アイスランドに行ったときは、二日酔いでゲッソリしていた。すごく寒かった。ほかにも、中国、フィリピン、フランス、ドイツといろんな国をまわり、112日が過ぎた。
 まだタイには行ってないが帰ることにした。野口くんと石川くんも帰った。今度は家族でタイに行きたいと思いながら寝た。

なぜかタイにだけ行かない。ちなみに現在の岩上は、ベトナムにばっかり行っています。

【岩上のベトナム記事】

社長・吉原ゴウの卒業文集を読む

b_06_b

中学時代の吉原。今と比べてヒョロいです。子どもっぽさが漂っています。

 

私の担任 吉原豪

 私の担任はいろいろとうるさかった。一年生の始めのころはとても穏やかなんだと思った。でも怒ると怒鳴るし、物にあたるし。始めのうちはとても怖かったけど、そのうちキレる担任を見て、面白いなぁと思えてきた。

面白いって。ダメな人の典型的な思考ですね。

 

 私はよく怒られたが、先生方が悪いと思う事もいくつかあった。どうしてもう少し頭をやわらかくできないのだろう、とよく思った。とにかくクソすぎて紙が足りないので終わり。

終わった……。どうしても言いたかったってことが伝わってきますね。

 

一番の思い出フィールドワーク
 一年生の時に、一日つかって班ごとに信濃町を調べることが目的だったような気がする。
 私たちの班は野尻湖に行った。
 私たちの班はたしか、高遠和也くんとTくんと他2〜3人いた気がするが忘れてしまった。

一番の思い出なのに記憶が曖昧ですね。

ちなみに「高遠和也くん」というのは今はLIGの取締役をやっています。

18ffe47ae091488567f5b7bacfbe9db7 人物紹介:高遠和也
LIGの取締役。大学卒業後、JAVAプログラマーとしてのキャリアをスタート。 その後C#やCurlでの開発に携わった後、PHP、Javascriptなどを使ったエンジニアとしての活動を開始。2007年に吉原ゴウとともに株式会社アストロデオを創業。

ちなみに卒業写真はこんな感じ。

 

b_07_b

髪が長い!!

 

 私たちは野尻湖の水質を調べた。飲めることがわかりました。
 そうしたら、いきなりTくんが「この水ぜんぶ飲めるの? やったー!!」と言いながら、ガブガブと飲み始めました。そのとき、私は見てしまったのです。水をガブガブ飲むTくんの目の前にツバを「ぺっ」と吐く和也くんの勇姿を!
 Tくんはそれに気付かずに飲んでいたように思います。私はまだ一年生だったのでお互いをよく知りませんでした。私はTくんは変で馬鹿だと思いました。和也くんはすごい人だと思いました。
 三年生になっても、Tくんは変で馬鹿でした。和也くんはますます凄くなりました。私は頭が上がりません。

今じゃ吉原の方が立場が上なので、上がっています。

あと野尻湖には、サテライト・オフィスを作っていますね。行動範囲がずっと変わらんですね。

 

ギャンブラー伝説
 私たちは三年生になってギャンブルにハマりました。麻雀、ポーカーなどなど。とくに麻雀にはハマりました。
 ポーカーでは、勝った人と負けた人の差がとても開きました。私はもちろん大勝です。Tくんは前に書いた通り変で馬鹿なので一番負けていました。麻雀はTくんに向いていないのでやらないようです。
 麻雀は和也くんがやはり強いです。なぜかと言うとイカサマをするからです。私は一度現場をおさえたのですが、「こんど現場を抑えたらな」と言われました。和也くんは怖いので私は泣き寝入りする他ありませんでした。
 あとSくんは麻雀弱いです。
 紳也くんはカッコイイです。

「紳也くん」は冒頭で卒業文集を提供してくれた紳さんですね。会社に同級生入れすぎですね。

 

b_05_b

中学のときの紳さん。顔が変わっていません。吉原や高遠と違って、パーツが完成されてる。

LIGにもゴーストライターがいた

……と、卒業文集を見てきて一つの疑惑が生まれました。

あなたは昨年の始め、ゴーストライター騒動があったことを覚えていますか?

高遠の卒業文集も見たんですが、こんなことが書いてあったんですね。

 

b_08_c
クリックしらたデカくなります。

内容は、担任がクソだった〜麻雀にハマった〜フィールドワークでTくんが野尻湖の水をガブガブ飲みだして引いた〜というもの。

 

吉原の内容とカブりすぎじゃないですか?

 

これ、本人が書いてないんじゃないだろうか? 一緒に書いた? 吉原に書いてもらった?

吉原に聞いてみました。

 

20160204114439_b

やってた。ゴーストライティングやってましたよ!!

さらに問い詰めます。

 

20160204114453_b

金もらってた。

もうこれ、完全な黒ですね……。LIGはゴーストライターが経営していました。

まとめ

社長の卒業文集を読んでわかったのは、「人って変わらないんだなぁ」ってこと。

岩上は今のとぼけた調子そのままだし、吉原に関しては20年以上やっていることも、周囲の人物も変わってないし。「成長しない」とも言えますね。

 

20160205064448_b

本人はこう言っていますが、成長も止まっている可能性は大です!

(おわり)

 

菊池良
この記事を書いた人
菊池良

メディアクリエイター

関連記事