【2016年度版】Tumblr(タンブラー)の使い方まとめ!【カスタマイズサイト】

ぐっさん


【2016年度版】Tumblr(タンブラー)の使い方まとめ!【カスタマイズサイト】
(編集部注*2013年8月29日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは。編集部のぐっさんです。

今回は、Tumblr初心者の私が、過去に公開したTumblr記事を再編集し、最新版に更新してみました。……え? ちゃんと説明できんのかって? 大丈夫です。正しい情報をみなさんにお届けするため、Tumblrマスターの知人を2時間拘束し、記事を書き上げました。

以下より、私のTumblrに対する基礎知識の少なさと、Tumblrマスターの情報の正確さを兼ね合わせた内容で、Tumblrの使い方をお届けいたします。

Tumblrとは?

ろごくん

Tumblrとは、アメリカのDavidville.incが運営する、世界中で注目のメディアミックス・ウェブログサービスです。

「リブログ」という、Web上の画像、動画、記事を自身のブログにて引用・転載する機能があり、「ネット上のスクラップブック」として人気が高いです。また、CMSとしての機能(フォローなど)も備えています。

Tumblrの特徴

簡単に言ってしまうと、「デザイン性の優れたブログが作れる上に、SNSを融合させて形となったもの」といっていいでしょう。
リブログ、フォローなど、他のフォロワーさんとコンテンツを共有しながらオリジナルのブログサイトを持てるという感覚です。

高いデザイン性と自由度の高いカスタマイズ性から、個人や企業のオウンドメディアにも多く利用されています。

人気が高い15の理由

Tumblrの人気の理由について、まとめてみました。

  • デザインがオシャレ
  • カスタマイズの自由度が高い
  • Instagramとの相性がいい
  • 独自ドメインの運用もできる
  • CMS機能により近いサービスを無料で使うことができる
  • 広告が入らないのでオシャレな外観を崩すことがない
  • 公開日時を自由に設定できる
  • 日本語対応のTumblrアプリからも簡単に投稿ができる
  • Googleアナリティクスで解析することも可能
  • グループブログができる
  • Google AdSenseなどの広告やアフィリエイトリンクが貼れる
  • Facebook、Twitterとの連携もできる
  • 1つのダッシュボードで複数のブログを持つことができる
  • 基本的に料金は無料
  • 容量に制限なし

使い方の説明

では、Tumblrの使い方について、ざっと見ていきましょう。

1003tumblr_1

まずはアカウントを登録します。
Eメールとパスワードとユーザー名を入力して、いざ登録!

 

1003tumblr_2

これがダッシュボードとよばれる画面です。

  1. 操作メニュー
    (左から)ダッシュボードHOME、トレンド、メッセージ、チャット、通知、アカウント設定、投稿ボタン。
  2. 投稿メニュー
    投稿したい機能ボタンを押して投稿。それぞれの機能に合わせた投稿画面が表示されます。
  3. 自分のアイコン(クリックすると自分のブログが表示される)
    自分で設定したアイコンです。アイコンをクリックするとTumblrで作成したブログが画面右側に表示されます。
  4. フォローしている人のアイコン(クリックするとその人のブログが表示される)
    フォローしている人の投稿のアイコンです。
    アイコンをクリックするとその人のブログが画面右側に表示されます。
  5. 情報メニュー
    その人のフォローやリアクションなど分析したオススメのブログ、投稿などを表示。そのほか広告欄も。
  6. リアクションメニュー
    シェア(共有)、コメント、リブログ、スキ、のリアクションボタンになります。
    リブログをすると、フォローしてくれてる人のダッシュボードに表示されます。スキボタンを押すと自分の「スキ」に追加され、あとから一覧で見ることができます。

ここまでできるのかTumblr!

SNSの基盤となるダッシュボードの使い方はお分かりいただけたかと思います。

「他のSNSとなんら変わりないやん!」という気持ちはよく分かります。
しかし、Tumblrはここからです。
カスタマイズでここまでできるのか! というブログサイトを集めてみたので、紹介したいと思います。

adidas originals

1003tumblr_03

ミニマルデザインの真骨頂!

kate spade new york

1003tumblr_04

雑誌デザインみたいで可愛いです。

吉田ヨウヘイgroup

1003tumblr_07

アーティストサイトにも。シンプルで洗練されたデザイン。

 

1003tumblr_05

こちらのアーティストは、セカンドアルバムの特設サイトにもtumblrを利用しています。

 

夢眠ねむ公式ホームページ

1003tumblr_06

でんぱ組.incのねむきゅんも、公式サイトにtumblrを利用。こんなポップなデザインにできちゃうんです。

CMSとしてのTumblr

TumblrがただのSNSではないことはお分かりいただけましたか?
特にCMS機能を兼ね備えているというのが大きな特徴だと思います。

Webデザイン業界は、ミニマルデザイン、フラットデザイン、可変グリットデザインなどが主流。ユニークなブログを持つのは、難しそうなコードが書けなきゃだったり……。
そんな中、テーマ(カスタマイズデザイン)を選ぶと簡単にオシャレなブログを持つことができるのは便利ですよね〜!

同じCMSでも「ギャラリー」「写真収集」「新商品紹介」というくくりで考えると分かりやすいですね。エディタ(WYSIWIG)も一応使えますが、投稿欄が小さいため長い文章にはむいていないというネックもあります。

アプリで簡単に投稿できる

1003tumblr_smaho

アプリももちろん日本語対応しており、UIも綺麗で非常に使いやすいです。
投稿もスムーズでストレスフリーです。写真、動画、画像を共有できるので使い方次第で大変便利になりますね。

まとめ

Tumblrの使われ方の傾向として、ファーストビューでたくさんの画像が見れることから、サイトの一コンテンツとしても利用され、例えば可変グリットデザインでポートフォリオやギャラリーといった使い方をされているケースが多いようです。
Web上のスクラップブックという言い方も、改めて納得できますね。

WordPress、Facebook、Twitterをうまく融合させたサービスだと感じました。

 

ぐっさん
この記事を書いた人
ぐっさん

エディター

関連記事

こちらもおすすめ

Designing Tumblr デザイニング・タンブラー

Designing Tumblr デザイニング・タンブラー

  • 価格¥ 1,728(2015/10/29 16:42時点)
  • 出版日2012/09/11
  • 商品ランキング101,912位
  • ペーパーバック160ページ
  • ISBN-104861008301
  • ISBN-139784861008306
  • 出版社ビー・エヌ・エヌ新社