Tumblr(タンブラー)の使い方まとめ!【カスタマイズサイト】

シモムラ


Tumblr(タンブラー)の使い方まとめ!【カスタマイズサイト】
(編集部注*2013年8月29日に公開された記事を再編集したものです。)

先日、子供の通う保育園で飼っていたクワガタに指を挟まれて、園児たちの前でクワガタをぶん投げてしまったアラサーSOHOデザイナーのシモムラです。

今回ライターとして参戦させていただきました。
虫はわりと大丈夫派です。バーベキューに虫を持ってママ友を追い回すほどに幼稚です。

さて、残暑が厳しい中、今熱い話題のTumblrについて模索してきました。 最近ちょくちょく耳にしますよね。タンブラー。コップじゃないです。
(LIG社内でコップですか?とすっとぼけたのは私です)

Tumblrとは?

ろごくん

Tumblrとは、アメリカのDavidville.incが運営する、世界中で注目のメディアミックス・ウェブログサービスです。
「リブログ」というWeb上の画像、動画、記事を自身のブログにて引用・転載する機能があり、「ネット上のスクラップブック」として非常に人気が高いんです。またCMSとしての機能も備えていて、注目をあびています。
「なんだまたFacebookに類似したソーシャル系か」
「もうTwitterとFacebookで手一杯」

なんていう声が聞こえてきそうですが・・・いや実際私もちょっと思っちゃったけど。

でもちょっと違うんですっ。
最後はちょっとやってみようかな〜と思ってくれると思います。

Tumblrの特徴

簡単に言ってしまうと、「デザイン性の優れたブログが作れる上にSNSを融合させて形となったもの」といっていいでしょう。
リブログ、フォロー、他のフォロワーさんと共有しながらオリジナルのブログサイトを持てるという感覚です。
しかし最近では、ブログでもなくSNSでもなく、ひとつのプラットフォームとして少しずつ立ち位置が変わってきています。

高いデザイン性から、個人だけでなく企業でも多く使われており、Facebookに企業ページがあるように、Tumblrで作られた企業ページも既に多く存在しています。

人気が高い15の理由

Tumblrの人気の理由について、まとめてみました。

  • デザインがオシャレ
  • カスタマイズの自由度が高い
  • Instagramとの相性がいい
  • 独自ドメインの運用もできる
  • CMS機能により近いサービスを無料で使うことができる
  • 広告が入らないのでオシャレな外観を崩すことがない
  • 公開日時を自由に設定できる
  • 日本語対応のTumblrアプリからも簡単に投稿ができる
  • Googleアナリティクスで解析することも可能
  • グループブログができる
  • Google AdSenseなどの広告やアフィリエイトリンクが貼れる
  • Facebook、Twitterとの連携もできる
  • 1つのダッシュボードで複数のブログを持つことができる
  • 基本的に料金は無料
  • 容量に制限なし

使い方の説明

では、Tumblrの使い方について、ざっと見ていきましょう。

TOPもシンプルでカワユス

まずはアカウントを登録します。
Eメールとパスワードとユーザー名を入力して、いざ! 登録! 簡単簡単。

 

ダッシュボード

これがダッシュボードとよばれる画面です。

  • 操作メニュー

(左から)ダッシュボードHOME、ファンメール、ヘルプ、アカウント設定、ログアウト、検索BOX。

  • 投稿メニュー

投稿したい機能ボタンを押して投稿。それぞれの機能に合わせた投稿画面が表示されます。

  • 自分のアイコン(クリックすると自分のブログへジャンプする)

自分で設定したアイコンです。アイコンをクリックするとTumblrで作成したブログへ飛ぶことができます。

  • フォローしている人のアイコン(クリックするとその人のブログにジャンプする)

フォローしている人の投稿のアイコンです。
アイコンをクリックするとその人のブログに飛ぶことができます。

  • 情報メニュー

自分のブログの一覧や投稿数、お気に入りの記事を確認でき、お目当てのブログや友達を探したりすることも可能。
ひとつのダッシュボードで複数のブログを管理することができます。

  • リアクションメニュー

リアクション、リブログ、スキのリアクションボタンになります。
Facebookでいうところの「イイネ」ボタンですね。リブログをするとフォローしてくれてる人のダッシュボードに表示されます。スキボタンを押すと情報メニューのハートマークに追加され、あとから一覧で見ることができます。
FacebookとTwitterが融合されている感じですよね。

私なりにまとめると、Facebookと比べると非常に分かりやすい構造だと思います。Facebookに登録した当時の、恐ろしく分からない状況にはならなそうですね。

ここまでできるのかTumblr!

SNSの基盤となるダッシュボードの使い方はお分かりいただけたかと思います。

「他のSNSとなんら変わりないやん!」という気持ちはよく分かります。
しかし、Tumblrはここからです。
カスタマイズでここまでできるのか!というブログサイトを集めてみたので、紹介したいと思います。

adidas originals

adidas

ミニマルデザインの真骨頂!

kate spade new york

kate spade new york

雑誌デザインみたいで可愛いです。

The Kings of Summer, Now Playing in Select Cities

The Kings of Summer, Now Playing in Select Cities

ここまでできるんですね〜!

オンナノコズ

ワタシもオンナノコズ

無駄を削ぎ落した可変グリッドデザイン。

ユニクロ銀座

みんなのユニクロ

サイトは移転してしまいましたが、代表格となる店舗PRサイト。

CMSとしてのTumblr

TumblrがただのSNSではないことはお分かりいただけましたか?
特にCMS機能を兼ね備えているというのが大きな特徴だと思います。

Webデザイン業界は、ミニマルデザイン、フラットデザイン、可変グリットデザインなどが主流。ユニークなブログを持つのは、難しそうなコードが書けなきゃだったり。。
そんな中、テーマ(カスタマイズデザイン)を選ぶと簡単にオシャレなブログを持つことができるのは便利ですよね〜!

同じCMSでも「ギャラリー」「写真収集」「新商品紹介」というくくりで考えると分かりやすいですね。エディタ(WYSIWIG)も一応使えますが、投稿欄が小さいため長い文章にはむいていないというネックもあります。

発展途上のTumblrがこれからどう変わっていくのか、期待したいところですね。

アプリで簡単に投稿できる

充電あぶなくね?とか見ちゃうよね

アプリももちろん日本語対応しており、UIも綺麗で非常に使いやすいです。
投稿もスムーズでストレスフリーです。写真、動画、画像を共有できるので使い方次第で大変便利になりますね。

私的なまとめ

Tumblrの使われ方の傾向として、ファーストビューでたくさんの画像が見れることからサイトの一コンテンツとしても利用され、例えば可変グリットデザインでポートフォリオやギャラリーといった使い方をされているケースが多いようです。
Web上のスクラップブックという言い方も、改めて納得できますね。
自分のスキな記事、覚書、リンク、全てをTumblrにスクラップしておけるのは便利です。

WordPress、Facebook、Twitterをうまく融合させたサービスだと個人的に感じました。

こんな便利でオシャレで楽しいサービスのおかげで、Webデザイナーたちはまた夜な夜なパソコン画面を見つめるのです。
新たなカスタマイズに・・・(最後はネガティブ)

 

【ブログを書くなら押さえておきたい】

ブログのネタにも!海外のおもしろいメディアサイトまとめ12選

初心者ブロガーが最初に覚えておきたいブログでよく使うHTMLタグ18選

ライター初心者が知っておきたい良いブログ記事の書き方まとめ

ブログのアイキャッチに悩む君へ。アプリ「Phoster」で簡単に作ろう!

ブログ集客を加速させる、アイキャッチの必要性とデザインパターンについて

シモムラ
この記事を書いた人
シモムラ

東京

この記事を読んだ人におすすめ

こちらもおすすめ

Designing Tumblr デザイニング・タンブラー

Designing Tumblr デザイニング・タンブラー

  • 価格¥ 1,728(2015/10/29 16:42時点)
  • 出版日2012/09/11
  • 商品ランキング101,912位
  • ペーパーバック160ページ
  • ISBN-104861008301
  • ISBN-139784861008306
  • 出版社ビー・エヌ・エヌ新社