NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2014.09.26

Facebookページの初歩的な運用方法と、意外と知らない基礎知識「エッジランク」「インサイト」など

LIGブログ編集部

こんにちは、LIGブログ編集部です。こちらはFacebook初心者の方、および設定などをあまり知らないままFacebookを利用している方に向け「Facebookの基本的な設定や使い方をマスターする」ことを目的とした全4回のシリーズ記事です。

第1回ではFacebookの基本的な使い方など、第2回では個人で楽しむための利用方法などについて、そして前回はFacebookページの作成方法や運用方法などについてを紹介してきました。最終回となる今回は、Facebookページのファンを増やす投稿のノウハウ、ページの解析方法などについて紹介をしていきたいと思います。

 

Facebookページのファンを増やすための運用方法

1

Facebookページのファンになる人は、どういう期待を込めてファンになるのでしょうか。

基本的には、そのFacebookページを運用する企業やメディアが「普段配信しているコンテンツ」に興味を持ち、Facebookでも情報を受け取りたいと思い、ページに「いいね!」を押すのではないでしょうか。

 

a

LIGの場合、各ブログ記事のフッターには上記のようなメルマガやRSSへの登録の案内、そして「Like Box」が表示されています。

LIGの提供するコンテンツであるブログ記事のあとに導線が設定されていることで、コンテンツに興味を持ってくれた人は、そのままFacebookページのファンになってくれる可能性が高まります。

 

iwa

この効果をLIGで実感したのが「伝説のウェブデザイナーを探して…」というコンテンツ(記事)をリリースしたときです。
それまで約1,000人ほどだったFacebookページのファンが、こちらのリリース後、およそ1ヶ月で約5,000人にまで増加しました。その後も「ジェイ引退」「秒速結婚」のようなコンテンツでバズが起きるたびに、Facebookページのファンは大きく増加していきました。

このように、「サービスやコンテンツの提供直後にファンになってもらう呼びかけをする」という方法は、確実で効果が高いと考えられます。

LIGの場合はブログメディアなので「Like Box」を活用していますが、例えば飲食店などであれば「会計時にFacebookページのQRコードを印刷した紙を渡す」など、方法はいろいろ考えられるのではないでしょうか。

 

その他の方法

ad1

Facebookページのメニューには「ファンを増やす」という項目があります。
「友達を招待」という項目は文字通り、Facebookページの管理人の友達に「Facebookページへのいいね!リクエスト」を送信するという機能になります。

 
ad

また、有料広告を出稿し、Facebookページを宣伝するという方法もあります。