今からはじめるFacebook(フェイスブック)ページのアカウント作成方法と運用方法

LIGブログ編集部


今からはじめるFacebook(フェイスブック)ページのアカウント作成方法と運用方法

こんにちは、LIGブログ編集部です。こちらはFacebook初心者の方、および設定などをあまり知らないままFacebookを利用している方に向けて「Facebookの基本的な設定や使い方をマスターする」ことを目的とした全4回のシリーズ記事です。

第1回ではFacebookの登録とログインの方法、基本的な使い方などについてを紹介し、第2回では個人で楽しむための利用方法などについてを紹介しました。今回は企業や団体でFacebookページを活用することを目的に、Facebookページの作成方法や運用方法などについて紹介していきたいと思います。
▼目次

 

Facebookページを運用する目的

1
Facebookページを運用する目的は、企業や団体によって異なります。
たとえばLIGの場合では、Facebookページを運用する一番の目的は、「ユーザー(ファン)とのコミュニケーション」になります。

 

like
現在LIGのFacebookページのファン数は27,000人を超えていますが、3年前のファン数は200人ぐらいでした。そこから、Facebookページへの投稿をはじめ、ブログやメルマガ、Twitterなどさまざまな活動を通じてファンを増やしていくことで、Facebookページを1つのコミュニティとして確立させていきました。

このように、LIGのようなもともとの認知度が低い企業にとってFacebookページは、ユーザーに自社のファンとなってもらうとともに、認知拡大のためのツールとして活用できるものになります。

運用事例:日本コカ・コーラ株式会社

coca
もちろん既に認知度の高い企業でも、Facebookページはさまざまな目的で活用されています。
ここでは、Facebookページ運用の成功事例として取り上げられることの多い日本コカ・コーラ株式会社さんの例を紹介したいと思います。

 

コカ・コーラ自体は既に多くの人に認知されている商品です。そのため、いかにファンを喜ばせたり、楽しませたりしながら商品に親しんでもらうかというところが、運用のポイントになります。

 

 

このように、季節やイベントに対して商品をうまく組み合わせた投稿が展開されています。

 

 

防災の日の投稿も、多くの「いいね!」やシェアを獲得しています。
自分たちを支持してくれているファンが、どうすればさらに共感してくれるか、ということを常に意識しながら日々の投稿を工夫することが重要です。

運用事例:日本ファルコム株式会社

fal
大企業以外での成功事例の1つとして有名なのが、68,000人を超えるファンを獲得している日本ファルコム株式会社さんです。
更新頻度が高く、多いときは1日に10回以上もFacebookで投稿をされています。Twitterでのつぶやきも活発で、SNSを活用して積極的に情報配信がおこなわれています。

 

 

日本ファルコムさんの投稿事例として有名なのが、こちらの「おはよう投稿」です。ほぼ毎日、「おはよう」と挨拶をしながら、新しいゲームの発売日に向けたカウントダウンや、ゲームのイラストなどを投稿しています。
告知の一種ではあるのですが、ファンも「おはよう」と返信したりシェアをしたり、と気軽なコミュニケーションを楽しんでいます。

 

 

また、投稿内容や言葉遣いなどもユーザーに対してフレンドリーなものにするなど、Facebookページに親しみを持ってもらうための工夫がいろいろとあります。

 

このように、企業によって投稿内容、運営方針に違いはありますが、共通するのは「コミュニケーションをとりながら、情報を発信していく」ということになるかと思います。

Facebookページの作成方法

それでは実際にFacebookページを作成していきましょう。
なお、Facebookページを作成する際には「個人アカウントをページの管理者として作成する方法」と「アカウント自体をFacebookページに変更する方法」という2つの方法があります。今回は一般的な作成方法である前者について説明をしたいと思います。

 

100
まずはヘッダーメニューの右にあるプルダウンメニューをクリックします。

 

101
「ページを作成」をクリックします。

 

102
Facebookページ作成用の画面が表示されます。今回は企業向けなので「会社または団体」を選択します。

 

104
「カテゴリを選択」し、「会社名」を入力してからスタートをクリックします。

 

105
「基本データ」「プロフィール写真(アイコン写真)」「ページをお気に入りに追加」などの設定画面になります。後でFacebookページの管理画面から設定することもできるので、スキップをしても大丈夫です。

 

106
「より多くの人にリーチ」という項目については、Facebookへの広告出稿に関連する設定となります。実際に広告を出稿することになった段階で設定できますので、スキップで大丈夫です。

 

107

以上でFacebookページを作成することができました。

Facebookページの設定変更

Facebookページを作成したら、設定について確認・変更をおこないましょう。ここでは代表的な4つの項目の変更方法について紹介します。

 

108
画面上部にある「設定」から、設定したい項目を確認していきます。

タイムラインの投稿に関する設定を変更する

初期設定では、Facebookページのタイムラインへ誰でも投稿が可能な設定となっています。イタズラ投稿などを防ぐためにも、権限者のみが投稿を可能とするように変更をしておくのが一般的です。
(※ユーザーからの画像投稿を広く集めたいなどの目的に応じ、このままの設定としているページも多数あります)

 

110
「一般」という項目の中から

 

109

「投稿の設定」を編集しましょう。

 Facebookページの名前を変更する

登録時に設定したFacebookページの名前を変更したいときは、以下の手順でおこないます。

 

111
「ページ情報」という項目の中から

 

122
「名前」を編集しましょう。

 

112
「株式会社Lig」から「株式会社LIG」に変更できました。
ただし、この方法で自由に名前が変更できるのは、Facebookページに200「いいね!」されるまで、となっています。
それ以降の変更には別途申請が必要になるので注意してください。

 

Facebookページの管理者を追加する

作成したFaccebookページに対し、管理権限を持ったユーザーを追加することができます。

 

114
「ページの役割」という項目の中から

 

116
ユーザーを追加しましょう。

企業ページとして運用する場合、主な運用担当は1名であったとしても、万一に備えて管理権限を持ったユーザーというのは複数名設定をしておきましょう。

 

117
なお、ユーザーごとに「管理者」「編集者」「モデレータ」「広告管理者」「アナリスト」の中から設定することができます。
権限の違いについては、下図をご参照ください。
118

(出典:Facebookヘルプセンター – Facebook

Facebookページでの投稿について

Facebookページへの投稿方法については、基本的には個人アカウントでの投稿方法と大きな違いはありません。

 

119
便利な機能として、投稿日時を指定できる「予約投稿」という機能があります。時計のアイコンをクリックしてください。

 

120
日付、日時を入力して「投稿日時を指定」というボタンを押すと、投稿予約が完了します。5分単位での細かい時間を設定することが可能です。

 

121
また、Facebookページの投稿については、広告をおこなうことも可能です。これにより、より多くのファンや、ファン以外のユーザーなどにも投稿を表示させることが可能となります。

 

124
広告を表示させる対象についても、国、年齢、性別、趣味などから絞りこむことができます。また、広告掲載ページからは、さらにさまざまな設定が可能となります。

 

  • 参照:Facebookページに広告を掲載 – Facebook

Facebookページの運用上の注意

ここまで紹介してきたように、Facebookページを立ち上げ、投稿をすること自体はとても簡単です。しかし長期間に渡り、毎日のように更新を続けていくことは本当に大変です。以下、Facebookページを適切に運用していくうえで、最初に注意しておきたい代表的な項目を4つにまとめましたのでご参照ください。

1. 投稿すべき内容はどんなものかイメージできているか

Facebookページの担当者は日々、「どんな内容の投稿をすればファンが喜んでくれるのか?」について頭を悩ませることになります。
もちろん企業の公式ページである以上、投稿内容はただ楽しければいいというものではなく、さまざまな注意が必要となります。

ファンとどういったコミュニケーションをとるべきなのか、ファンからどう思われたいのかなど、しっかりとした方針のもとに投稿内容を考える必要があります。

2. 十分な運用リソースを確保できているか

Facebookページの運用を業務の片手間にできる簡単な仕事だと考えてはいけません。毎日一定のクオリティの投稿を続け、ファンを増やし、コメントにしっかりと対応をするには、それなりのリソースが必要になります。
ページの責任者はもちろん、広告の管理者、コンテンツの担当者、場合によってはカバー写真や投稿用画像を用意するデザイナーなど、本来ならば複数名での分担とするのが望ましいところです。
1名の担当者に業務が集中してしまうと、いわゆる手抜きになってしまうことも多いですが、しっかり運用しないとページを持っている意味自体がなくなってしまうので、注意しましょう。

3. リスク管理体制は整備できているか

投稿やコメントの返信は誰がおこなうのか、運用上の責任者は誰なのか。そして、万が一炎上してしまった場合はどのように対応するのか。企業としてFacebookページを運用するのであれば、これらのリスク管理体制をあらかじめ整備しておく必要があります。

4. セキュリティ対策をしっかりしているか

管理者の個人アカウントでページを運用している以上、しっかりとしたセキュリティ対策は必要です。特にFacebookページで広告を活用している企業は、クレジットカード情報などもありますので、アカウントの乗っ取りなどに注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Facebookページについては、実際に運用していく中ではじめて見えてくることが沢山あると思います。
開設当初はファン数も少ないですし、反応もあまり期待できません。そんな中でも炎上リスクなどに注意しつつ、投稿のネタを考えるという状況は、責任だけが重く楽しさを感じられないことも多いかもしれません。
しかし、自分が自社のファンとのコミュニケーションの窓口なのだと考えると、非常にやりがいを感じる仕事でもあります。そこで次回は、Facebookページのファンを増やすためのテクニックなどについて紹介をしていきたいと思います。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。全4回のこのシリーズで、Facebookの基本的な設定や使い方をマスターしていきましょう。

 

▼Facebook関連シリーズ記事(全4回)

LIGブログ編集部
この記事を書いた人

関連記事

こちらもおすすめ

Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

  • 著者岡弘 和人
  • 価格¥ 1,728(2015/11/18 16:12時点)
  • 出版日2015/12/18
  • 商品ランキング185,190位
  • 単行本(ソフトカバー)192ページ
  • ISBN-104798142603
  • ISBN-139784798142609
  • 出版社翔泳社