未経験からデザイナーにUターン転職。2週間で実現した爆速転職術とは?

未経験からデザイナーにUターン転職。2週間で実現した爆速転職術とは?

Ten Tanaka

Ten Tanaka

こんにちは! デジLIGの運営担当の天(@10TEN10TAN10)です。

デジLIG(デジタルハリウッドSTUDIO by LIG)とは
株式会社LIGとデジタルハリウッドが業務提携をしてはじめたクリエイター養成スクールのこと。Webデザイナーや動画クリエイターを目指す方向けのカリキュラムを展開している。現在、上野・池袋・大宮・北千住・川崎にて受講生を募集していて、無料説明会は毎日開催中!

本連載では、キャリアチェンジに成功した方のインタビューをとおして、未経験からの学習方法・就職活動のノウハウや、スクール生活についての情報をお届けしています。

今回は、未経験から、地元関西のデザイン会社にUターン転職をされた、石田さんにインタビューしました!

ico 人物紹介:石田さん【STUDIO上野 2021年9月生/Webデザイナー専攻/LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座】
新卒で紙製品を扱うメーカーに入社し営業職を経験。その経験を経て、ゼロからものをつくるということに興味を持ちデジLIGに入学。2022年5月に卒業し、7月から大阪のデザイン会社にデザイナーとして入社。
6ヶ月で現場に通用するレベルのWebデザイナーに!
デジタルハリウッド by LIGの詳細・無料説明会予約はこちらから

Uターンでの転職活動

――石田さんのこれまでのお仕事を教えてください。

紙製品を取り扱うメーカーに新卒で入社して営業職をしていました。先輩に紹介をいただいて入社したのがきっかけで、京都から東京に上京しました。

――Webを学ぼうと思ったきっかけはありますか?

営業職ということもあり、お客様へ必要がなくても売りつけてしまっている感覚がありました。そうではなくお客様の作って欲しいものを作りたいと思うようになり、高校時代に雑誌の切り抜きを集めていたりとデザインにも興味があったので転職を考えるようになりました。(独学向けのサービスも多くあるので)Webであれば今からでも勉強ができるのではないかと思い、学んでみようと思いました。

――独学でも学べるこの時代に、スクールに通うことを決めた理由はありますか?

スクールに通う前に、プログラミング学習サービスでWeb制作を学習をしてみたのですが、途中で何を作っているのかがわからなくなってしまい……。締め切りもないのでゆるゆるになっちゃいますよね。

そこで学校を調べはじめて、最初に出てきたデジLIGがいいなと思い説明会に参加しました。実際に卒業生の作品を見せていただいたときに、同じように未経験から勉強していた方の卒業制作のクオリティの高さに感動、こんなスキルを身につけることができるのか……! と入学を決めました。

▼せっかくなので、説明会を担当したさくらこちゃんからコメントをいただきました。

ico石田さん、このたびは転職おめでとうございます。石田さんは営業職をされていたので本当に人あたりが良く、物事をしっかり考えられている女性で、転職に関しても面接はまったく問題ないだろうな……というのが説明会での印象です。デザインの勉強もですが、会計士のお勉強もされていたりと、ご自身の将来をすごく前向きに考えていらっしゃる方なので、これからデザイナーとしても間違いなくご活躍されると思います。地元関西で頑張ってくださいね〜!

1日のスケジュール

――お仕事と両立しながらどういうふうに勉強の時間を取っていましたか?

はじめの2週間程度はパソコンを持っていなかったので、お仕事が終わったらすぐにSTUDIO(校舎)に行っていました。パソコンを購入してからはZoomでの質問が多かったのですが、時間も限られていたので、質問する内容を事前にまとめ、今日はこれを見てもらって、明日はこれ! と計画を立てて質問をしていました。お仕事と両立していたものの大変だったことがぜんぜんなく、とにかく楽しくて。お仕事から帰ってきて、寝るまでずっとパソコンを触って作業をしていましたね。

石田さんのある日の学習スケジュール

石田さんのある日のスケジュール

――どんな転職活動をしていたんですか?

未経験からだったので、デザイナーであればとりあえずなんでもいい! と思っていました。雇用形態はなんでもよく、リモートか関西であること、あとは実績が自分でも共感できるところを探しました。はじめはWantedlyなども登録していましたが、「大阪 制作会社」で検索して、上から順番に会社のサイトを見て実績を調べたり、社員の方のSNSをチェックしたりしながら探していました。

最終的に「いいな」と思った会社へは直接メールフォームから、「採用してください!」と連絡を取りました。入社した会社からはすぐに返信をいただけたので、すぐにポートフォリオをお送りしました。期間としては2週間くらいで、まさかこんなに早く転職が決まると思っていなかったです。

――Uターンでの転職は計画していたんですか?

結果的に入社した会社は大阪で、基本はリモートで時々出社もあるようなところです。リモートなので東京からでも働けたのですが、東京の人が多い生活が嫌になってきていて、転職活動ではできるだけ関西の企業を探していました。実際に地元に帰ってみると、やっぱり関西のお客様や一緒に働くメンバーが関西弁で安心しますね。

苦労したポートフォリオづくり

――未経験からの転職活動ということで大変だったことはありますか?

ポートフォリオですね。スクールを卒業してから作りはじめたので、一人で考えて作るのは大変でした。作品数を増やそうと自分でお題を考えてバナーを作ったり、いろいろなジャンルに対応できるところをアピールしたくて、1つのお題で2案作ってみたりもしていました。

――会社の方に見せた感想は?

今の会社は紙ものを多く作っていることもあり、「Webもできて、めっちゃすごいね」って言ってもらえて嬉しかったですね。今はパッケージのデザインに携わっていますが、今後はLP制作もあるのでとても楽しみです。会社のメンバーに恵まれていて、とても楽しいです。

内定までのスケジュール

2021年9月 会社員と並行してデジLIG入学(「Webデザイナー専攻」受講開始)
2022年3月 ・「Webデザイナー専攻」受講終了
・追加講座「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」受講スタート
・会社を退職し、関西へ引っ越し
2022年4月 ・「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」受講終了
・ポートフォリオサイトなどの自主制作開始
2022年5月 ・デジLIG卒業
・引き続き自主制作期間
・履歴書、職務経歴書作成
2022年6月下旬 10社の企業に応募
2022年7月 内定後、業務スタート

楽しい、嬉しい、デジLIGでの学生生活

――デジLIGでの学生生活で楽しかったことはありますか?

「Webデザイナー専攻」の卒業制作が楽しかったです。卒業制作はクライアントとなるお店を探すところからはじまり、Webデザインに触れていなければ出会うことがなかったお店だと思うと貴重な体験でした。制作した作品のチェックはチームで行ったので、チームメンバーの制作状況が見えるのも良い刺激になりました。

意図があれば否定しないトレーナーさんだとわかっていたので、どんなにビジュアルがひどくても見てもらおうと、心折れることなく最後まで指導いただけたのが本当にありがたかったです。すぐに答えを教えるのではなく、考え方を教えていただけたことで本当に自分の力になったと感じました。バナーコンペの機会もいただき、学んだことを実践できたこともよかったです。

▼石田さんの卒業制作の作品

 
▼そんな卒業制作を担当した會川トレーナーからコメントをいただきました。

ico就職おめでとうございます。卒業制作が楽しくできたとのことで私も嬉しいです。石田さんはアドバイスに対してそれ以上のアウトプットを返してくれるので担当している私も楽しかったです。ポートフォリオ等を見せてもらったときの会話でも、自分自身の考えでデザインに取り組む姿を見られたので、安心して送り出せます。デザイナーとしてよいスタートとなり、いつか一緒に仕事ができたら嬉しいです。これからも自分のペースで頑張ってください。

――追加講座の「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」も受講されていましたね。

直伝講座はとにかく楽しくて、講師のもりぐさん(LIGデザイナー)のフィードバックが的確で、自分の出した案なのにその数倍になって返ってくる感じが楽しかったです。

バナー制作のときに作ったビジュアルが面白いと言ってもらえたことが嬉しかったです。ポートフォリオサイトに直伝で制作したバナーも掲載したのですが、家族や友人に見てもらったときこのバナーが一番褒めてもらえました。最終日にLPのフィードバックをいただいたときにも色合いを褒めてもらえて内心すごく嬉しかったです(笑)。

▼石田さんが講座内で作ったLP

 
▼転職が決まったというお知らせをしたところ、もりぐさんからコメントをいただきました!

ico転職おめでとうございます! 新しい道を切り開けたのはご自身の努力があってこそです。そこに微力ながらお力添えできて光栄です。ときには苦労することもありますが、デザイナーだから見える世界があると思います。これから始まるデザインライフを満喫してくだい!!!

運営の皆さんはレスポンスが早くて、悩んだときはいつでも相談できる環境がありがたかったです。就職について天さんに相談したときに、「入りたい企業へ入るために寄り道をするのもあり!」と自分1人で考えても辿り着かなかったアプローチを教えてもらいました。退職してデジLIGを卒業した後にポートフォリオサイトを1人で作っていて、「本当に就職できるのだろうか……」と不安もあった中だったので、だいぶ気持ちが楽になりました。卒業後も運営の方と転職面談ができるのは心強いですね!

タイミングが味方をしてくれた

――転職必勝術を教えていただけますか?

タイミングがよかったということですかね。会社が求人をしようとしていたときに、たまたま応募していたんです。ただ、タイミングがどこで合うのかはわからないので、常にアンテナを張って情報をキャッチアップできるようにしておくこと、すぐに行動に移せるようにポートフォリオなどの準備をしておくことは大切だなと感じています。会社にもやりたいことがあれば好きなことをやっていいよと言われていて、今後会社としてもWebの案件も受けていきたいということなので、私が中心にすすめていけたらと思っています。

――これからWebデザイナーを目指す方へメッセージはありますか?

いっぱいいろんなサイトをみて、自分がやりたいデザインに出会えたら、もっと学ぶことが楽しくなります。入学してみて、「未経験からWebデザイナーになれる!」というほど未経験からの採用は甘くないなと思った反面、デザインを学ぶことは考え方を学ぶことだとわかりました。デザイナーにならなくても考え方はどこかに生きてくるので、無駄な学びはないと感じました。なので「迷ったらやってみる」の精神で進んでいいと思います!

さいごに

石田さんのポートフォリオは私も添削をさせていただいたのですが、カラフルで個性的でありながら、制作の意図などがわかりやすくまとめられており、人柄も感じられるポートフォリオでした。

「本当に転職してよかった!」とキラキラお話しいただけて、私もとてもうれしくなるインタビューでした。

転職サポートを受けられるのもスクールのメリットです。在籍期間中にポートフォリオ添削などのトレーナーさんによる技術的なフィードバックが受けられるのはもちろん、卒業後も運営スタッフによる履歴書や職務経歴書の添削を受け付けています。

Web業界への転職に興味がある方は、ぜひ一度説明会にお越しください。いっしょに最適な道をみつけましょう。

無料の個別説明会を予約する

天でした◎

この記事のシェア数

Ten Tanaka
Ten Tanaka Digital Education / School Operator / Leader / 田中 天

大阪市立デザイン教育研究所、成安造形大学卒業後、京都芸術大学院を修了。在学中は芸術学を中心に多くのコンペティションに挑戦し功績を残す。カプセルトイメーカー、キャラクターライセンス事業の広報を経て、2018年にLIGに入社。デジタルエデュケーション部にてクリエイタースクールであるデジタルハリウッドSTUDIO by LIGの運営を中心にキャリアサポートを行う。

このメンバーの記事をもっと読む
デジLIG卒業生インタビュー | 76 articles
未経験からWebクリエイターを目指すならデジLIGへ
個別説明会はこちら 資料請求