Web無料相談会2021冬_0120-22
Web無料相談会2021冬_0120-22
2020.12.16
#143
STUDIO by LIG

STUDIO by LIGの新授業「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」DAY1・バナー制作編レポート!

ペイ

みなさんこんにちは! 教育事業部のペイです!

なんと! 2020年12月からデジタルハリウッドSTUDIOのカリキュラムに、デザイン力をさらにぐぐぐっ〜とあげていくデザインの新講座が加わりました!

その名も「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」です!
もちろん急に即戦力にってそんな美味しい話があればみんな飛び込むと思いますが、それくらいの熱量でデザインに特化して熱い内容お届けできる講座になっています!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGって?
株式会社LIGとデジタルハリウッドが業務提携をしてはじめたクリエイター養成スクールのこと。Webデザイナーや動画クリエイターを目指す方向けのカリキュラムを展開している。現在、上野・池袋・大宮にて受講生を募集していて、無料説明会は毎日開催中!

「LIGデザイナー直伝!即戦力デザイン集中講座」って?

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGでWebデザイナーまたはWebデザイナーになりたい方向けに新設されたデザイン実践講座です!

こちらの新講座は、単独での受講が可能で、これまでSTUDIO by LIGで学んだことがない方にもご利用いただけます!

ただし、IllustratorやPhotoshopの操作ができることが前提の講座となっております。デザイン未経験の場合は、STUDIO by LIGの「Webデザイナー専攻」や「デザインベーシック」の一定のカリキュラムまでを修了している方に限定させていただきます。

デザイン経験者でさらにスキルアップしたい、という方向けの講座となっています!

講師

新デザイン講座の講師は、社内でもデザイナーを育成している、ありさんもりぐさん

ico 講師:村田 亜里紗(ありさん)Web制作事業部チームリーダー。“成果を出す”Web制作・運用と社内制作チームのリーダーも兼務し、若手デザイナーの教育・マネジメントを行っている。
ico 講師:森口 敦史(もりぐ)グラフィックデザイン出身のデザイナー。大手広告系のでデザイン案件の経験を活かし、Webデザインを行っている。若手デザイナーのレビュー・教育に力を入れている。

LIG社内の育成ノウハウを生かして、受講生さんのデザイン力をガンっとあげてしまおうという講座です。

開講日程

開講日程は1タームにつきDAY1〜DAY5までの全5日間。毎週土曜日、朝からみっちりデザインの課題に取り組みます!

DAY1 バナー制作講座
DAY2 調査・分析・WFの作成
DAY3 メインビジュアルの作り方
DAY4 プレゼン資料の作成
DAY5 プレゼン大会

受講料

通常料金 ¥178,000-
セット割料金 ¥128,000-

初めてデジタルハリウッドSTUDIO by LIGで学ばれる方は178,000円、他コースとセットで受講された場合は、50,000円の割引の128,000円となります! すでに他講座を受講しているSTUDIO受講生さんも、セット割の対象となります。

DAY1の中身をちょっぴりご紹介!

本日はみなさんに講座の内容を少しだけご紹介! DAY1で行われた「バナー制作講座」をレポートしていきます!

▲DAY1「バナー制作講座」日程表

講義内容レポート! DAY1「バナー制作講座」

講義では、LIGをクライアントと想定したバナー課題に挑戦していただきます。課題内容は、LIGが運営する「ゲストハウスLAMP野尻湖」のECサイトに遷移させるためのバナー広告制作。

すぐにバナー制作に取り掛かるわけではなく、まずはバナー制作とはどういうものかの概要説明、制作の方法や心構えを、もりぐさんから講義形式で教わっていきます!

講義:本質を捉えた切り口の見つけ方

バナーはなんのためにあるのか? 広告ってそもそもどういう考え方をするものなのか?

まずはしっかりと広告の基礎知識を学び、バナー制作への理解を深めていきます。

  • 広告ってどんな種類があるの?
  • ユーザーからどんな見られ方をしている?
  • どんなアプローチをしなくてはならないの?
  • 広告を作るクリエイターの心構え
  • 広告制作の流れ

広告制作のノウハウを、LIGの制作実例を用いながら説明していきました。

広告制作のアイデアの切り口

制作に必要な準備についても説明していきます。

  • ターゲットを理解するためには?
  • 切り口を見つける方法は?
  • 本質を捉える方法

まずは「切り口の見つけ方」を知っていただき、広告として本質的にメッセージが伝わるアイデアを生む方法を考えていただきました。

ラフを作ってみよう!

  • ラフを作るメリット
  • ラフの段階で決めておきたいポイント
  • LIGの事例解説
  • ラフ段階から完成形までの制作過程
  • 事例探しなど、イメージを具体的にする方法

バナーを制作する際に、ラフを作ったことがない受講生さんも多かったようです。

LIGの制作現場では、必ずラフを制作してからデザインに入ります。しっかりと現場の工程に合わせて授業も進みました!

ラフ制作50分・レビュー

ひととおり講義を受けたら、バナーのラフ作成に進みます。

各々ラフを公開して、デザインの意図を説明してもらいました。講師のもりぐさんから直接レビューを受けるくことで、アイデアのブラッシュアップを行っていきます!

受講生さんが出してくれたアイデアに対して……

このままだとユーザーがどのように感じるか? より効果的にアプローチするにはどんな魅せ方があるか? ワーディングは適切なのか?

……などなど本質を捉えたレビューを一人ひとりガシガシ入れていきます!!

熱が入って、予定時間をオーバーしちゃうくらい、議論が盛り上がりました(笑)。

さぁ制作! アイデアを形にしよう

アイデアを形にするテクニックを講義(30分)

アイデアをどのようにまとめていくのか、作り始めの手の入れ方から、完成稿までのブラッシュアップのステップ、制作過程で忘れがちなことなど、現役デザイナーならではの視点で授業をしていきます。

LIGが制作してきたバナーに対して、実際にどのようなレビューを入れたのかを具体的にお話しするなど、かなり実践的な内容でした。

初心者が知らないテクニックも紹介!

情報量の足し方や、細かいテクニックを用いてクオリティを上げていく方法も惜しげもなく披露!

受講生さんも目からウロコの方が多かったようで、膨大なインプットに、とにかくついていくのに必死な様子でした!

制作1時間半・中間レビュー

ここからは、自分が作ったラフをもとにしてバナー制作に取り掛かっていきます。


▲受講生さんの作品例(レビュー前)

1時間半という限られた時間のなかで、みなさん精一杯バナーを制作していました。現場のデザイナーのスピード感を体感してもらうのも、この授業の醍醐味でもあります。
写真のバナーはランプのサウナストーンをテーマに引っ張ってきてくれて少し角度の面白いテイストで初稿があがってきました!

今までにないスピード感の中で頭をフルにつかいながらデザインを作成していきます。


▲受講生さんの作品例(レビュー中)

作成時間終了後、まずは初稿という形でもりぐさん、ありさんから、作った作品のレビューを一人ひとり受けていきます。
先程のサウナストーンのアイディアも、石を使って面白く見せるためにはどうするかなど、細かくレビューをいれていきます。

魅せたいところや伝えたいところを汲み取りつつ、さらにうまく伝えるためにはどうしていけばよいのか。色の使い方やレイアウトのコツなど、さらに良く伝わるデザインにするためにはどのようなことを意識すべきなのか。

お二人から現場負けなしの具体的なフィードバックが入っていきます!

再制作1時間・最終レビュー

先程のレビューを受けて、さらにバナーをブラッシュアップしていきます。アドバイスにより自分のバナーが良くなっていくのを、受講生さんも体感してくれたようです。

ブラッシュアップ後、最終的なレビューをしていきます。最初のラフの構想はそのままに、さらに発展させて制作した方もいれば、いろいろとアイデアを聞いて検討した結果、まったく違う方向性で制作している方もいました!

他の人のデザインやレビューを見ることでさらに視点が広がり、デザインのアイデアの引き出しも増えていくんですよね!

完成したバナーを一部紹介

1日講義を受けただけでも、最初の頃と比べてデザインがぐっと良くなっています。ただ画像や文字を並べるだけでなく、情景を描けたり、シチュエーションが想像できるようになっていますね。

少ない情報量しか伝えられない中で、しっかりと商品のイメージを伝えていくことができており、バナーデザインの本質にかなり近づいていますね!

DAY1のレポートは以上です! いかがでしたか? すこしでも雰囲気が伝わったでしょうか!

DAY1を終えた受講生の感想

実際に授業を受けた受講生さんの声をご紹介します。

Q.今回の授業で学べたことは?

デザインを考える際に、切り口を考え、アイデアのブレストをし、ラフを作る、といったデザインを作り始めるなんとなくの工程を言語化した形で知れたこと。

「モノづくり」の考え方。広告とは? の基本。本質を捉えた切り口の考え方、アイデアの広げ方、ラフの重要性などの一端に触れることができました。有り難いことに、「学べた」とするには、たった1日では身につけることが困難なほど濃い内容でした。

Q.今回の授業で難しかったポイントは?

初見の人がついクリックしてしまう面白さ、アプローチ等、構成を考えるのに苦戦した。

時間内に考えをまとめること。時間内にラフを上げること。

Q.今回の授業の感想をお願いします!

想像以上に無駄がなく内容の詰まった第一回目でした。あと、知識技術不足を痛感できて良かったです!

第一回目から、想像以上のボリュームでした。授業の難易度には「難しかった」と回答しましたが、いい意味で「手取り足取り」ではなかったことが僕にとっては良かったです。今日の授業を通して、今まで以上の努力を積み重ねていかなければいけない、という想いに駆られました。通常業務に合わせてこのような機会に取り組んでいただき、また作っていただき、本当にありがとうございました。

知りたかったことを網羅している内容で、とても満足しています。インプットはしていたつもりですが、いざ自分で作ってみると、やりたいことは頭にあるのになかなか形にできなくて苦労しました。アウトプットも数をこなさないといけないと身に染みてわかりました。

みなさん難しいと感じつつも必死にくらいついて、いろいろな視点を身に着けたり、気づきを得たりしてくれたようです。

2020年2月生の受講募集中!

授業が終わったあとも、みなさん自主的にやり残した課題を提出してくれていました。とても意欲的に制作に取り組んでくれており、企画をした私としても嬉しい限りです。

さらに多くの人がデザインと向き合っていけるように、学習環境を整えていきたいと思います!

次の授業開講タイミングは、2021年2月生(2月入学)となっております。

これから制作会社や副業などでデザイナーとして頑張りたいと思っている方には間違いなく必要な内容となっています! 興味がある方は、ぜひ個別説明会にお申し込みください!

個別説明会を予約する

次回、DAY2「分析・調査・ワイヤーフレーム講座」のレポートもお楽しみに!