Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

WordPressの管理画面にPDFマニュアルを埋め込んで、運営コストを削減しよう

ひろゆき

3. リンクを書き換える

本来、上記の手順でメニューを追加する場合、詳細ページもセットで考えますが、今回はPDFを直接開きたいのでそのようにHTMLを書き換えます。

生成されたメニューのHTML

<li class="wp-not-current-submenu menu-top menu-icon-generic toplevel_page_manual menu-top-first" id="toplevel_page_manual">
<a href="admin.php?page=manual" class="wp-not-current-submenu menu-top menu-icon-generic toplevel_page_manual menu-top-first">
<div class="wp-menu-arrow"><div></div></div>
<div class="wp-menu-image dashicons-before dashicons-admin-generic"><br></div><div class="wp-menu-name">マニュアル</div>
</a>
</li>

hrefの中身をPDFのURLに書き換え、別ウィンドウで開くようにtarget=”_blank”を付け加えます。以下が、その記述です。

hrefとtargetをJavaScriptで書き換える記述

/**
 * メニューのリンクurlを書き換える
 *
 */
function add_side_menu_manual() {
	//pdfのurlを設定
	$pdf_url = get_bloginfo('template_directory') . '/images/test.pdf';
	?>
	<script type="text/javascript">
		jQuery( function( $ ) {
			$ ("#toplevel_page_manual a").attr("href","<?php echo $pdf_url; ?>"); //hrefを書き換える
			$ ("#toplevel_page_manual a").attr("target","_blank"); //target blankを追加する
		} );
	</script>
<?php
}
add_action('admin_footer', 'add_side_menu_manual');

これで、PDFリンクの設置が完了しました。

まとめ

簡単な実装で、サイトの運営コストが少しでも下がれば儲けもんですね。
ぜひお試しください。

それでは。

 

【WordPressカスタマイズ】

公開前の記事を共有できるWordPressプラグイン「Public Post Preview」

WordPressの記事内の画像をData URIで扱ってサイトを高速化させる方法

アップデートしても大丈夫!WordPressの子テーマでデザインのカスタマイズをする方法

WordPressカスタマイズの幅が劇的に広がる、フィルターフックとアクションフックの使い方

「PC表示」の実装が簡単なWordPress表示切替プラグイン、Multi Device Switcherの使い方

  • 1
  • 2
M o n g o