Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2015.07.03

誰でも簡単にできるGoogleアナリティクスの検索キーワード分析入門

ヒロさん
(編集部注:2014年11月26日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは、LIGのアートディレクターの長岡です。

前回の記事では、Webサイト制作に関する基礎についてお話させていただきました。

今回はWeb担当者ならぜひやっておきたいアクセスログ解析を使った、オーガニック検索からの流入、そのときに使われているキーワードの分析方法などについて説明していきます。

オーガニック検索からの流入ついて

オーガニック検索とは、GoogleやYahoo!、Bingといった検索エンジンを利用してのサイト訪問になります。

これらを調べることで、「サイトを訪問するユーザーが、どういうことに興味・関心を持って自分たちのサイトを見ているのか?」「ユーザーに対して、きちんと有益な情報(コンテンツ)を提供できているか」を分析することができるようになります。

なお、2013年の9月より、Googleが全ての検索に対してSSL通信を使用することになった結果「(not provided)」が増加してしまい、それらを上手く解析できていないという方々も多いと思います。
まだ対策ができていない、という方はこちらの記事「Google Analyticsのnot provided対策方法まとめ」を参考にしてください。
(not provided)については今後も変更される予定はないようなので、このままの状態がずっと続くと思われます。

オーガニック検索での流入数と直帰率の関係を調べる

Google Analyticsのカスタムレポートを作成する

よく見るアクセス解析の項目に関しては、カスタムレポートを作成し、簡単に確認できるようにしておくことで作業を効率化しましょう。

カスタムレポートの作成方法については、こちらの記事「セグメントやオリジナルのレポートを作成してGoogleアナリティクスを活用しよう」に詳しく書かれているので、参考にしてみてください。
デフォルトのレポートは見なくてもいい数値も含まれているため、どこを見ていいのかよく分からなかったりすることもありますが、カスタムレポートを使用すれば見たい情報だけに絞ることができます。
簡単に作成できるので、まだ試したことがないという方は、ぜひ活用してみてください。

カスタムレポートの「指標」「ディメンション」

「指標」に関しては、下記を設定してください。

  • セッション
  • 新規セッション率
  • 新規ユーザー
  • 直帰率
  • 平均セッション時間
  • 平均ページ滞在時間

「ディメンションの詳細」に関しては、下記を設定してください。

  • キーワード
  • ランディングページ

※2014年11月27日13時30分追記 誤植があったため文章を修正しました。

このレポートから分かること

このレポートからは、どういうキーワードで検索し、どのページにランディングしているか、ということが分かります。
これらを把握することで、ユーザーがどういうキーワードに興味を持ち、さらにどのページにランディングしているのかが分かるようになります。
そして、そのページでの離脱率が高いのであれば、そのページに何らかの問題がある、という仮説を立てることができます。

下記の記事では33業界別の平均直帰率というものが紹介されていますので、参考までに直帰率を比べてみましょう。平均値よりも数字が上回っている場合は、改善する必要があります。

    • 33の業界別、集客関連KPI(平均直帰率/平均検索流入(SEO+PPC)割合/平均ソーシャル流入割合/訪問あたりPV数など)まとめ – Ginzametrics