Web事業部LP
Web事業部LP
2015.10.09
#40
【Webライター・編集者】最初の一歩

ライターなら取材がうまくなろう!プロがまとめる取材のコツ10

イワタテ

取材のコツ8:取材対象者を楽しませる。あわよくば友だちになる。

参加してくれた相手(取材対象者)や、同席者(先方の担当者や編集者)を楽しませるのも、ライターの仕事の一部です。
原稿さえ良ければ……と淡々とした取材に終始するライターもいますが、経験上、取材現場が盛り上がったときの原稿は、取材対象者の満足度が全然違います。ノーチェックで原稿が通る確率も段違いです。

なぜなら、盛り上がった取材現場では、取材対象者が饒舌になるので、他のライターでは出てこなかったような重要な情報が引き出しやすくなるから。また、その様子を見て、先方担当者や編集者も安心してくれるからです。

参加している面々が気分よく過ごすと、一緒に何かをつくっているという一体感、チーム感が湧き上がってきます。こうなると、多少のムリも通りますし、多少のミスも怒られません。僕は取材中、同席者にもよく声をかけますし、取材対象者が固いと感じれば、昨晩の夕御飯の話を5分も10分も続けたりします。

取材現場に集まった面々を、その場限りの関係と割り切るのは得策ではありません。同じ目的を達成する仲間。協力し合う関係。あわよくば、このライターと一緒に飲みに行きたい。そう思わせた取材では、その後のやりとりがスムーズ。トラブルも激減します。

取材のコツ9:交通整理しながら取材進行する。

取材は情報を引き出す場であると同時に、使う情報と使わない情報を整理する場でもあります。重要度の低い話題を長引かせても時間のムダ。随時、取材対象者や先方担当者に、「この情報、書いても良いですか?」、「御社がプッシュするとしたらこの部分ですよね?」と確認をとりながら、取材を進行させましょう。

脱線が不必要に長引いたときは「本筋に戻しましょう」と言うべきですし、キメゼリフが期待はずれだったら「もう一度お願いします、他の方には言えない表現で」と要求すべきです。反対に、相手方にどうしても文章に起こしてほしい情報があれば、それもフォローしておくのが親切でしょう。

取材現場で情報の交通整理ができれば、同席者の間で原稿の完成イメージはかなり近いものになります。そうすると、提出した原稿がNGと判断される可能性も最小限に抑えられます。ハッキリと、トラブルの確率が減ります。

良いものをつくりたいという共通認識さえあれば、ライター側から何かを要求することは少しも失礼なことではありません。

取材のコツ10:脚色の許可を得る。

取材対象者がどうしても口ベタで、思うような情報を引き出せない場合もあります。そんなときは、ライターが推測して、提案するしかありません。

「先ほど◯◯と仰いましたが、◯◯さんが◯◯という行動をとって◯◯に導いたのですね?」という具合です。

イエスかノーかで答えてもらえれば原稿が成立するように導くのも、想定ゴールを誰よりも具体的にイメージしているはずのライターの仕事です。あらかじめ想定していたゴールが正しいかどうか、間違っているとしたらどこをどう直せば良いか。その答え合わせをすることは、どんなに口ベタな取材対象者でも可能です。

取材の終わりに必ず僕は、決まり文句として「ちょっと脚色が入るかもしれません。イケメンになりすぎたらゴメンナサイ!」と断りを入れることにしています。

もちろん、嘘をでっちあげて好き勝手に書くということではありません。言葉の前後を入れ替えたり、語尾を調整したり、ほんの少し口調を勇ましくしたり。ライターのちょっとした一手間で、取材対象者の魅力がグッと増幅しますよと、そのことのお約束というのが建前で……。本当に脚色を入れないと、どうにもこうにも原稿が書けないという状況もあり得ます。

上手に話せなかった取材対象者の方も、信頼関係を築くことができていると、ほとんどの方が「イイ感じにお願いします」とか「モテちゃうな」なんて、笑ってくださいます。

まとめ

取材は、スポーツの試合のようなものだとよく思います。

試合時間は60分、真剣勝負です。

万全の準備で会場に入って、相手の動きを見極めて、スキを見せたら攻めこんで、針の穴を通すような鋭いパスを通して……1試合が終わる頃にはクタクタです。想定通りの結果が出ることもありますし、どうも噛み合わずにズルズル負けた、という心境で終わることもあります。

それでも、自分の中にここで紹介した「コツ」のようなものがあれば、向上すると思うんですね。今回はこれができた、次回はこれができるようになろう。つぎは勝とう。その繰り返しで。
逆に、こうした基準がないまま、ぼんやりと取材をしても全然疲れません。

このコラムが、取材力向上の参考になると幸いです。

マジメなことを書きすぎて疲れたので、今夜はゆっくり愛娘と一緒に寝たいと思います。
明日も愛娘と一緒に寝たいです。
いつまで一緒に寝られるかな……。

LIGと一緒にコンテンツをつくりませんか?

ここまでご覧いただき、ありがとうございます。

僕たちはどんなメディアにおいても、最適なコンテンツづくりを通してクライアントの課題解決と目標の実現を目指しています。そのために、企画提案から進行管理、取材、ライティング、編集、そしてその後の効果測定まで改善を繰り返しながら丁寧におこなっていきます。

ユーザーの心に届く、良質なコンテンツを定期的に配信したいという方やオウンドメディアの運営でお悩みの方は、ぜひご相談ください!

  • 1
  • 2