第73話
調べてみた

特別なスキルがなくても副収入ゲット? “ゆる副業”おすすめ一覧

トギー


特別なスキルがなくても副収入ゲット? “ゆる副業”おすすめ一覧

こんにちは! 凡人の代名詞、トギー(@tototogy)です。

LIGは副業が許されている会社です。まわりには、アフィリエイトやアドセンスで稼ぐ人もいれば、FXや株で儲けてる人も。

でも特にスキルも知識もない私は、なかなか副業に手を出せません。そもそも時間をつくるのさえ大変です。

でも、お金はほしい。これ、至上命題。

ということで、特別なスキルがなくてもお小遣い稼ぎができそうな、“ゆる副業”をまとめてみました。

▼おすすめの“ゆる副業”

【注意】
あくまで自分を「特別なスキルがない」と思っている、私と同じような方のためのまとめです。スキルのある方は他の効率的に稼げる副業がいっぱいあると思います。戻るボタンを押すことを断然おすすめします。

スマホで小銭稼ぎ編

通勤時間やトイレの時間を活用して、すき間時間で稼げるゆる副業はこちらです。

アンケートモニター

スクリーンショット 2016-07-06 0.59.16 https://monitor.uiscope.com/

小遣い稼ぎの定番といえば、アンケートモニター。マクロミル、リサーチパネル、infoQなどさまざまありますが、今回おすすめしたいのは『UIスコープ』(ユーアイスコープ)です。

多くのアンケートモニターは一件あたり数十円の報酬であるのに対し、『UIスコープ』は数百円の報酬が多いのが特徴です。その分アンケート回答にも時間や手間がかかりますが、単価が高いのはありがたいですよね。

スマホで株投資

スクリーンショット 2016-07-06 17.30.26 https://www.onetapbuy.co.jp/

企業や経営に関して詳しい知識がなくても、スマホ一つで気軽に始められる株があります。その名は『One Tap BUY』。

『One Tap BUY』はFacebookやGoogle、ウォルト・ディズニーやスターバックスなど、誰もが知っているアメリカの超大手会社の株を、なんと1万円から買えてしまうという画期的サービスです。スマホでたった3タップで売買できるんだとか。

日本一周中のべべも利用中です。投資運用に関するミニ講座や、有名企業の創業物語をマンガで知ることができるんです。これなら私にもできそう……!

つくって売る編

特別なスキルがなくても生み出せそうなクリエイティブ系ラインナップもご用意しました。

LINEスタンプを売る

スクリーンショット 2016-07-04 16.18.05 https://creator.line.me/ja/

スキルがないのに、スタンプを作る!? と驚いた方、ご安心ください。絵が得意じゃなくてもLINEスタンプが売れた事例があるんです。

たとえ上手なイラストが書けなくても、誰もが思わず使いたくなるようなポイントを押さえたスタンプをつくれば、小遣い稼ぎができそうです。

スマホで撮った写真を売る

スクリーンショット 2016-07-04 16.15.15 https://snapmart.jp/

自分が撮った写真を売買できるサイトはありますが、この『Snapmart(スナップマート)』の魅力は撮影から出品、購入までのすべての手続きがスマホで簡潔すること。販売したい写真1枚あたり100〜1,000円の価格設定できます。普段撮っている写真で小遣い稼ぎができちゃうっていう、まさにゆる副業です。

フリマアプリでコツコツ編

いまや多くの人が使っているフリマアプリ。『メルカリ』や『Fril』(フリル)などいろいろとありますよね。私はメルカリユーザーですが、そこではあらゆるものが売買されています。そこで、お金や手間をかけずに稼げそうな商品をピックアップ!

トイレットペーパーの芯を売る

トイレットペーパーメルカリ https://item.mercari.com/jp/m757077143/

トイレットペーパーの芯が売れるって知ってました? 数百円で売れています。どうやら幼稚園や小学校などの工作で活用されるようです。

結構大勢の人が出品していることにも衝撃を受けました。

飲み終えた牛乳パックを売る

牛乳パックメルカリ https://item.mercari.com/jp/m161693686/

トイレットペーパーが売れる原理と同じですね。牛乳パックも売れるそうです。他には、卵のパックなんかも出品されていました。

すごいな、フリマアプリ。

号外新聞を売る

号外新聞メルカリ

街で配られる号外新聞が結構売れていました。なにかビッグイベントがあったときに発行されるわけですから、その話題に興味をもつ人にとってはお金を出してでもほしい代物だということでしょう。

私、ティッシュはもらうけど号外新聞はもらわないタイプでした。これからは2、3部もらうことにします。

ビックリマンチョコのレアシールを売る

ビックリマンチョコシールメルカリ https://item.mercari.com/jp/m779837008/

驚きの高値で売買されていたのはビックリマンチョコのレアシール。1つ84円で買えるビックリマンチョコがこんな高値に化けたら最高ですね。

今の時期はよしもと芸人のシールが入っているようです。誰がレアなんですかね?

まじめにクラウドソーシング編

続いてはクラウドソーシングで受注するという、いたって真面目な副業です。特別なスキルがなくても誰にでも挑戦できる案件がゴロゴロあります。

文字起こしやデータ入力

スクリーンショット 2016-07-06 18.25.40 https://crowdworks.jp/public/jobs/category/55

音源データをそのまま文字にしたり、ひたすらエクセルにデータを打ち込むお仕事。日本語の読み書きと、タイピングができれば誰でも可能です。時間はかかりますが、安定して小遣い稼ぎできそうですね。

悩みの相談相手、話し相手になる

スクリーンショット 2016-07-06 18.28.59 http://coconala.com/

モノを売らずに得意を売る、で最近話題の『ココナラ』には、「メッセージサービス」という不思議なカテゴリーがあります。心の悩みを聞いてアドバイスをしたり、ただ愚痴を聞いてあげたり、話し相手になったり。そういった需要があるようです。

占い師のようなスキルがなくても、悩める人の話をじっくり聞いて、寄り添って、叱咤激励のコメントができればOK。こういうのが得意な人にはおすすめです。

キャッチコピーを考える

スクリーンショット 2016-07-06 18.37.47 http://www.lancers.jp/work/search/writing

クラウドソーシングにはキャッチコピー作りの案件が多くあります。スキルも労力も関係なし。必要なのはアイディアだけ。もし短時間で良いキャッチコピーを生み出せたら、最高の副業になりそうです。

がっつり住宅&車編

ちまちま稼ぐよりも、一発でがっつりと稼ぎたい。そんなかたには住宅や自動車関連のゆる副業をご紹介します。

民泊として家を貸し出す

スクリーンショット 2016-07-06 18.40.19 https://www.airbnb.jp/

民泊といえば、『Airbnb』。家のあまっている部屋を貸し出したり、長期旅行中に家全体を貸し出したり。手続きはもちろん簡単ではありませんが、がっつり儲けることができそうです。

ただ、騒音や防犯などいろいろと問題もあるようですので、始めるときには慎重に!

カーシェアで車を貸し出す

スクリーンショット 2016-07-06 18.45.17 http://cafore.jp/

Timesなどの運営会社の車を借りるカーシェアではなく、個人間で車を貸し借りする新しいタイプのカーシェアです。『カフォレ』や『アースカー』などがあります。

カフォレは車の値段を自分で決められるので良い車を高値で貸し出すことも可能。アースカーは手続きがとっても簡単な仕組みになっているようなので、忙しい人はこちらがおすすめ。

自分が車を使っていない時間に愛車が稼いでくれたらハッピーですよね。これでかなり儲けている人もいるようですよ。

リアル編

ここまでのゆる副業はネット上のお仕事ばかりだったので、最後にリアルなお仕事をご紹介!

治験アルバイト

Fotolia_108271131_Subscription_Monthly_M

新しい医薬品や医療機器の販売されるときには、事前に効果や安全性をテストする臨床試験が行われています。その被験者となるのが、治験アルバイト。

販売される前の薬を投与されるには結構な勇気が必要ですが、スキルがなくてもお金がもらえるという意味ではかなり良いゆる副業かと。

おっさんレンタルのおっさんになる

おっさんレンタル http://ossanrental.thebase.in/

いま話題沸騰中の『おっさんレンタル』です。イケてると勘違いしてるおっさんを1時間1000円でレンタルできるサービス。思い切って、このおっさんになるのはどうでしょう?

仕事内容はとしては、「雑談から内緒話(笑)、パシりまで」のようなので、スキルがなくてもレンタル対象になれるチャンスがありそうです。

おわりに

探してみれば、スキルがなくても副収入を得る方法がいっぱいありました。気になるものはありましたか? 
わたしはとりあえず、トイレットペーパーの芯を溜めていこうと思います。

それでは!

トギー
この記事を書いた人
トギー

エディター

関連記事