気まずい面接を一瞬で変える!応募者の緊張をほぐす質問6選+番外編

らら


気まずい面接を一瞬で変える!応募者の緊張をほぐす質問6選+番外編

こんにちは、私です、経営企画室のららです。

私の業務の一つに「リクルーティング」があります。前職はプロジェクトのマネジメントコンサルタントであったため、人事企画まわりを担当することはもちろん、採用面接官をすることも初めての経験でした。

しかし、そんなことで待ってくれないのが弊社LIG。リクルーティング担当者として入社初日から採用面接に参加、4日目には一人で面接対応をし、気づけば100名以上の方々とお話をさせていただいております。

そんな中で私が特に気をつけていたことは、場を和ませて応募者の緊張をほぐすこと。なぜそれをする必要があるのか、そして、どんな風にしているのか。実際のエピソードを含めてご紹介いたします。

▼ いい面接を

なぜ面接で緊張をほぐす必要があるのか

応募いただいた方と面接する際、できる限り、その方と素の状態でお話したいと思っています。短い時間ではありますが、その方のこだわりや好きなことなど、キラリと光る部分を見たいと思うからです。

そのため、LIGの採用面接は、基本的に

  • 私服でお越しください
  • 履歴書、経歴書不要です

というスタイルです。

実際の面接も、世間話を含めつつ、ざっくばらんに会話しながらお互いに知りたいことを聞いていくようにしています。つまり、すごくラフな状態なのです。

これって、一般的な就職活動や転職活動を経験している人からすると、すごく不思議な感じですよね。面接のために最低限必要とされている、スーツ・履歴書・経歴書がいらないのですから。

一般的な面接でも緊張しがちなもの。それにも関わらず、いつもの面接とは違う条件を出されると、ほとんどの応募者の方がキョトンとされてしまいます。

そこで、場を和ませ、緊張をほぐす会話が必要となります。もちろんこれは、一般的な採用面接の場でも活用できるものかと思いますので、参考になれば幸いです。

面接の緊張をほぐす質問6選

1. ここまで迷わなかったですか?

私の面接のスタートは、「わざわざ弊社までご足労いただきありがとうございます」という感謝の気持ちを込めて、この質問から始まります。

「最初のひとことをどのように始めよう?」と緊張されている応募者の方も多いので、まずは相手の気持ちに寄り添うように心がけています。

rara-8

会話例
らら:
初めまして、本日はよろしくお願いいたします。
ちなみにここまで迷わなかったですか?

応募者:
あ、少し迷って裏側に行っちゃったんですけど、上野には少し前に着いていたので大丈夫でした!

らら:
さすがですね! 迷われる方、何名かいらっしゃるので。私も初めて来たときは、Googleマップに頼ってたら裏側に行っちゃいました〜。

応募者:
やっぱり、そうですよね!

2. ◯◯のご出身ですか?

ある程度、導入の会話が始まったら、方言や話の内容から出身地をお伺いすることがあります。(※LIGは履歴書を受け取らないため、内定まで出身地や現住所について知らないことも多いのです)

出身地の方言や特産品などで盛り上がると、応募者の方も自分のふるさとを思い描きながらお話ししてくださるので、和やかな雰囲気になりやすいと感じています。

会話例
らら:
もしかして、関西のご出身ですか?

応募者:
あ、そうなんです。兵庫県出身で。

らら:
そうなんですね! 私も関西出身なんで、関西弁のニュアンスに親近感がわいてしまって。

応募者:
そうなんですか! でも、関西弁まったく出てないですね?

らら:
めっちゃ猫かぶってます。もう脱いでええですか? このあとは関西弁で進めさせてもらいますね〜!

3. ◯◯で一番好きなもの、なんですか?

LIGは、LIGブログを通して社員がコンテンツを毎日配信しているので、応募いただいている方のほとんどがLIGブログのファン、もしくはブログを見ていただいてから面接に来てくださいます。

なので、LIGブログの話になったら「ちなみに……」と好きなコンテンツや好きな社員をお伺いし、お話しできる範囲でそれらにまつわるエピソードをご紹介しています。

応募者の方も喜んでくださいますし、弊社としてもLIGブログをより知っていただけるので、一石二鳥です! 「◯◯」の部分は、企業の製品や商品などに置き換えても活用いただけるかと思います。

rara-7

会話例
らら:
ちなみに、LIGブログのコンテンツで一番好きなもの、なんですか?

応募者:
社長が砂に埋められる、伝説のウェブデザイナー募集記事は最高でした! あと、誰の記事ってわけではないのですが、制作で困ったときに調べると、だいたいLIGさんの記事に行き着くので、真面目な記事も好きです。

らら:
あー、やはり。弊社のアリ地獄戦法にはまっていただきありがとうございます。

応募者:
え?

らら:
実はLIGブログというのは……(裏話紹介)

4. ご趣味はなんですか?

このままでは、なかなか緊張がほぐれないな。もっと本音の部分を聞き出したいな。そんなときに聞く質問です。

すごくシンプルでありきたりな質問かと思いますが、私個人としてはこの質問が「Best Of 緊張をほぐす」です!

現職のことや転職のことでうまく話せない方、緊張して笑顔が出ない方でも、自分の好きなことや趣味のお話になると、パッと目を変えてお話してくれたりします。そこから「ご自身の好きなことに対するこだわりや熱意がある方なんだな」だとか、「物事を突き詰めていく性格は、仕事上でも真摯に対応してくれそう!」という部分が見えてくるのです。

会話例
らら:
ちなみに全然、話は変わるんですけど、ご趣味ってなんですか?

応募者:
えーっと……コーヒーが好きです。

らら:
コーヒー! 私も大好きです! どこのコーヒーが好きですか? お家でも淹れたりとかされるんですか?

応募者:
毎月、数種類の豆を選んで買ってきて、家でブレンドし、挽いて淹れるんです。挽きたての香りが好きなんです!

5. 雨(寒い、暑い、良い天気……etc.)ですね〜

天気の会話って、日を選ばずにできるので良いですよね! 面接の終わりに、物を片付けながら雑談する際によく重宝しています。

もし雨が降っているときならば「あ、傘、持って帰らなきゃ」と思い出してくださる方も多いですし、寒い日であれば「ここでコートを着て行ってください!」とこちらから提案するきっかけにもなるので、双方に心遣いが見えていいなと思います。

rara-9

会話例
らら:
そういえば、来られるときはまだ雨って降ってましたか?

応募者:
小雨でしたが、もう止みそうでした。

らら:
良かったー! 私、今日、傘を持ってくるの忘れてしまったので心配していたんです。

応募者:
であれば、このあとはもう大丈夫なんじゃないかと思います。

らら:
傘はお預けいただいていますか?

応募者:
はい、外の傘立てに置かせていただいたので、持って帰ります。

6. どちらにお住まいですか?

お帰りの際にエレベーターまでお送りするときは、よくこの質問をお聞きします。「お時間いただいてありがとうございました。帰り道は大丈夫ですか? 遠くないですか?」という気持ちを込めて。

応募者の方も「最後まで気に掛けてくださっているのだな」とこちらの心情を汲み取ってくださり、双方ともが笑顔でご挨拶することができると感じています。

会話例
らら:
今ってどちらにお住まいなんですか?

応募者:
あ、埼玉の◯◯って駅に住んでます。

らら:
おぉ、だとちょっと遠くないですか? 1時間ぐらいかかりますか?

応募者:
いや、意外と30〜40分ぐらいなんですよ!

らら:
そうなんですね、なら良かった! 気をつけてお帰りください。

番外(そめひこ)編

ここで番外編として、私の上司であるそめひこの、緊張をほぐす(?)質問を私からのコメントとともにご紹介します。

uq_ico_3 人物紹介:そめひこ
LIGの執行役員 兼 人事部長。ららの上司。めちゃめちゃ仕事ができるが、仕事以外はどこか抜けている人。

1. ガチンコ真剣勝負で!

rara-4

「では、これから3時間、ガチンコ真剣勝負でよろしくお願いします!」

3時間はキツイのでやめましょう。緊張をほぐすどころか逆にプレッシャーです。

2. 弊社のお給料ですが……

rara-6

「弊社のお給料ですが、ららの月収は13万円、僕は8万円って感じなんですけど、いいっすか?」

私は知っている。弊社の執行役員がめちゃめちゃ稼いでいることを。そして、自分の月収がそんな金額ではないことも。

3. 全部ウソです。

rara-3

「今まで話したこと、全部ウソです」

本当のこと、話そうね。

まとめ

rara-2

番外編はともかくとして、やはり「場を和ませる」ことは大切ですね。応募者の方と等身大でお話をさせていただき、双方が「良い面接時間だった」と思えるようになればと思います。

ちなみに、私が採用面接業務をスタートする際、そめひこがアドバイスしてくれたのが以下の言葉です。

もしも応募者の方とご縁がなかったとしても、俺たちは相手の方に少しでもLIGを理解してもらって、「楽しかった」「LIGらしかった」と思って帰ってもらわないといけない。だって、俺たちエンターテインメントを提供するプロじゃないですか。たとえ、そこが採用面接の場であったとしても。

……わー、そめひこがいいこと言ってます! よっ、執行役員 兼 人事部長!

面接の場を和ませ、応募者の方に有意義な時間だったと思っていただくための方法は人それぞれ。そめひこはそめひこのやり方、私は私のやり方で、そう思っていただけるよう努力します。

らら
この記事を書いた人
らら

経営企画室

関連記事