本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
本当はもっとやりたいことがある|デジハリ

気まずい面接を一瞬で変える!応募者の緊張をほぐす質問6選+番外編

らら

4. ご趣味はなんですか?

このままでは、なかなか緊張がほぐれないな。もっと本音の部分を聞き出したいな。そんなときに聞く質問です。

すごくシンプルでありきたりな質問かと思いますが、私個人としてはこの質問が「Best Of 緊張をほぐす」です!

現職のことや転職のことでうまく話せない方、緊張して笑顔が出ない方でも、自分の好きなことや趣味のお話になると、パッと目を変えてお話してくれたりします。そこから「ご自身の好きなことに対するこだわりや熱意がある方なんだな」だとか、「物事を突き詰めていく性格は、仕事上でも真摯に対応してくれそう!」という部分が見えてくるのです。

会話例
らら:
ちなみに全然、話は変わるんですけど、ご趣味ってなんですか?

応募者:
えーっと……コーヒーが好きです。

らら:
コーヒー! 私も大好きです! どこのコーヒーが好きですか? お家でも淹れたりとかされるんですか?

応募者:
毎月、数種類の豆を選んで買ってきて、家でブレンドし、挽いて淹れるんです。挽きたての香りが好きなんです!

5. 雨(寒い、暑い、良い天気……etc.)ですね〜

天気の会話って、日を選ばずにできるので良いですよね! 面接の終わりに、物を片付けながら雑談する際によく重宝しています。

もし雨が降っているときならば「あ、傘、持って帰らなきゃ」と思い出してくださる方も多いですし、寒い日であれば「ここでコートを着て行ってください!」とこちらから提案するきっかけにもなるので、双方に心遣いが見えていいなと思います。

rara-9

会話例
らら:
そういえば、来られるときはまだ雨って降ってましたか?

応募者:
小雨でしたが、もう止みそうでした。

らら:
良かったー! 私、今日、傘を持ってくるの忘れてしまったので心配していたんです。

応募者:
であれば、このあとはもう大丈夫なんじゃないかと思います。

らら:
傘はお預けいただいていますか?

応募者:
はい、外の傘立てに置かせていただいたので、持って帰ります。

6. どちらにお住まいですか?

お帰りの際にエレベーターまでお送りするときは、よくこの質問をお聞きします。「お時間いただいてありがとうございました。帰り道は大丈夫ですか? 遠くないですか?」という気持ちを込めて。

応募者の方も「最後まで気に掛けてくださっているのだな」とこちらの心情を汲み取ってくださり、双方ともが笑顔でご挨拶することができると感じています。

会話例
らら:
今ってどちらにお住まいなんですか?

応募者:
あ、埼玉の◯◯って駅に住んでます。

らら:
おぉ、だとちょっと遠くないですか? 1時間ぐらいかかりますか?

応募者:
いや、意外と30〜40分ぐらいなんですよ!

らら:
そうなんですね、なら良かった! 気をつけてお帰りください。

M o n g o