事例から学ぶ、優れたキャッチコピー10選。最終回「情景が浮かぶコピー」

John


事例から学ぶ、優れたキャッチコピー10選。最終回「情景が浮かぶコピー」

こんにちは、ジョンです。
おそらく、このシリーズは今回で最後になると思います。

▼ これまでの記事はこちら

情景が浮かぶコピーとは?

見た瞬間、思わず脳内にシーンが浮かび上がってくるようなコピーです。
ですが、ただ単にシーンを描けば良いかというとそうではなく、広告主の「伝えたいこと・思わせたいこと」を表現できていることが大前提としてあります。また、これはなかなか解説が難しいのですが、ただの状況説明になっているだけでは、心動かされる表現にはなりにくいとぼくは思っています。

どういうことかは、実例を見ていただくのがいちばんですね。
さっそくご紹介していきましょう。

1. 青春18きっぷ

copy1

いうまでもなく、受け手にきっぷを買って旅をしてもらうことが目的になるわけですが、こちらのコピーは思い出の地を巡ることで体験できるノスタルジーのことを言っています。

これが例えば「駅に着いたら、懐かしい気持ちになれた。 」だったらどうでしょうか。ぼくだったら、いまいち心が動かされないと思います。ぼくのなかの “ただの状況説明” とはこういうことで、「懐かしい気持ちになれた」はどこか押し付けがましく、心に届かない表現になってしまいがちです。一方でこちらのコピーは、情景が浮かぶだけ理解度が違います。つまり、コピーとしての深度が違うような気がするのです。

2. 村田葬儀社

copy2

お葬式に参列された方であればなんとなくその場の情景が浮かぶと思うのですが、ぼくの場合、喪主をはじめとするご遺族の方が、参列者への対応でバタバタしているところが思い出されました。

この葬儀屋さんが言いたいこと(届けたいこと)は、おそらくこの会社がケアしてくれる範囲なのでしょう。こんなことを言ってくれるのだから、きっと私たちがお葬式当日に慌ただしくしないで済むのかな、と思わせてくれる力があります。

3. 日本郵政グループ

copy3

こちらのコピーを見てパッと思い浮かべたのは、日本全体の画です。
あぁ確かに、ポストをつなげると日本のかたちになりそうだなぁと思わせてくれます。同時に感じるのは、郵便事業の意義深さや必要性です。「郵便事業は欠かせないものです」なんて言われるより、よっぽど届きますよね。

4. ホンダ ステップワゴン

copy5

情景を浮かび上がらせるための手法として、セリフ調も有効です。
こちらのコピーは、ワゴン車のメインユーザーであるご両親の心を代弁してくれています。その中でも、とくにアクティブで、お出かけ好きの人たちに向けて書かれたものなのでしょう。(このクルマに乗って)こどもといっしょにどこいこうと言ってくれるステップワゴンへの好感度は、グッと高まったはずです。

5. 集英社文庫 ナツイチ

copy6

これ好きだなぁ。これ、すごく好きなんです。たしかにそうなんですよね。ほんと、ただ言葉がならんでいるだけなのに、ぼくらは心動かされるわけです。言葉ってすごいなぁって、思ってしまうわけです。
ぼくはこちらのコピーを見たときに、(ものすごくベタですが)カフェの窓際の席でひとり小説らしきものを読む若い女性を思い浮かべました。ただひたすら文字を追って、眉間にシワを寄せたり、目に涙を浮かべたりする女性が脳内を支配してくるのです。

言いたいことは文庫本がもたらしてくれる喜怒哀楽だと思いますが、そこまで言い切らないのに伝わってしまう不思議。これも、情景が残してくれる余韻があるからこそ成立する表現なのかな、と思ってしまいます。

6. 奈良新聞社 創刊60周年記念啓発広告キャンペーン「敬老の日」

copy7

こちらはもう、完全にぼく自身の記憶の断片と一致しました。その昔、祖父母の家に遊びに行き、クルマに乗って帰るときにぼくは後部座席から手を振っていましたが、米つぶほどの大きさになっても祖父母は手を振ってくれていました。

普段、なかなか思い出すことのない人たちですが、こちらのコピーをきっかけにすごく会いたくなって、その週末にはお墓参りに行ったほど心を動かされました。今でもお墓に行くたびにこの言葉を思い出します。大好きなコピーです。

7. レッドバロン

copy8

ぼくはバイクに乗らないのですが、そんなぼくですらバイク好きの人の気持ちが痛いほどわかる表現になっています。
たしか採用活動で展開されていたコピーだったと記憶していますが、バイク好きなら一度は体験したことがあるだろう思い出を引っ張り出して、「わかる!!」とおもわず膝を打つ人が、レッドバロンで働く上での条件のひとつだったのでしょう。

急に私事の話になりますが、かつて三国無双にハマっていたときは、「もう一回、黄忠のレベル上げてから、寝よ。」とよく思ったものです。

8. JT Roots “それでも、前を向く。” シリーズ

copy9

日々、仕事に奮闘するビジネスパーソンの哀愁をシリーズ化した、大好きなコピーです。「それでも、前を向く。」という締めのコピーは共通して掲げられているので、次の仕事へ向かう前の癒やしのひとときを与えてくれる缶コーヒーとしての役割は、大前提として押さえられています。

こちらのコピーのほかにも、

roots1

それでも、前を向く。

roots2

それでも、前を向く。

roots3

それでも、前を向く。

roots4

それでも、前を向く。

roots5

それでも、前を向く。

など、秀逸な情景が次々に展開されていきます。「次はどんなコピーなのかな?」と楽しみになるような時間を与えてくれました。もうそれだけで、「Roots」という商品の好感度はじゅうぶんに上がっているわけですね。

9. ドン・キホーテ

copy10

こちらもレッドバロンさんと同様、採用活動で使用されていたコピーだったと記憶しています。このコピーの何がいいって、ドン・キホーテさんの求める人物像が、これでもかというほど明確に表現されている点ではないでしょうか。

たしかに、お店に行くと、「なんだこれ?」と思わずにはいられない商品があったりします。そんな遊びごころを大事にしている社風が、上司のセリフで見事に描かれていますよね。大好きなコピーです。

10. ほっともっと

copy4

炊飯器から湯気がゆらゆらと立ちのぼるシーンが、思わず想い起こされませんか? 「ごはん」という単語もいいですよね、すごくほっこりします。

こちらは企業広告として使われていたコピーで、それだけに、背筋をピンと張ったような、凛とした企業姿勢が伝わってきます。前回、前々回の記事でも使わせていただいた手法ですが、キャッチコピーに続く文章(ボディコピー)が、これまた大変素敵なのです。ぜひとも紹介したいので、どうぞご覧ください。

※なお、書き手の方への敬意を込めて、改行は実際の広告のとおりにさせていただきます。ブラウザ向きの改行ではないかもしれませんが、何卒ご容赦ください。

幸福は、
ごはんが炊かれる場所にある。

食事をする時、人は幸せでいてほしい。私たちは、心からそう考えています。
ひとりの時も、あわただしく食べる時も、仕事をたっぷりかかえている時も。
もちろん大好きな人と一緒にいる時も。だって、食べることは、人が生きてゆく
ためにいちばん大切なことなのですから。
私たちが、創業以来、お弁当のあたたかさにこだわってきたのはそのためです。
お米のおいしさにこだわってきたのも、その土地その土地の新鮮な食材にこだ
わってきたのも、そのためなのです。
お店でごはんを炊く時、ふと、こんなにうれしい仕事はないのではないか。そう
思うことがあります。私たちのやっていることは、ずっと昔から、この日本の
すべての家庭でくり返されてきた風景と同じだからです。愛する人がいて、
その人を想いながら、その人の目の前でつくり、それをあたたかいまま差し
出す。毎日をいっしょうけんめい生きている家族の、そのもっとも基本に
なる姿が、そのまま、私たちの仕事の中にある。そう思えてならないのです。
日本は、これからますます忙しくなります。少人数家庭もふえることでしょう。
お弁当が活躍するシーンがどんどんふえると思うのです。
お弁当ががんばれば、日本はもっとあたたかくなる。
私たち「ほっともっと」にご期待ください。

あぁ、たまらない。

さいごに

いかがでしたでしょうか。 “事例から学ぶ、優れたキャッチコピーシリーズ” でしたが、冒頭でも書いたとおり今回が最終回です、たぶん。ここまでご紹介してきたものは、キャッチコピーを書くタイミングだけでなく、提案書の「ここぞ」というワンフレーズや、ブログのタイトル、ちょっとした誘い文句など、どんなときでも応用できるものだと思いますので、ご活用いただければ幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

John
この記事を書いた人
John

ディレクター/コピーライター

関連記事