広告の限界を超える|セールス
広告の限界を超える|セールス
2015.02.06

全天球カメラで360度ぐるっとパノラマ動画撮影!撮影機器とVRビューワーまとめ

たま

2. 映像に没入させる

映像を撮ったら、次はその映像を何で見るかですね。
せっかくだったらヘッドマウントで没入感を味わってもらいたい。ただ、オキュラスリフトのような高価なヘッドマウントはなかなか手が届かないですよね。。
そうすると比較的安価なものはないかとなってくるのですが、まぁあるんですねぇ。

何点かピックアップしました。

ハコスコ

スマホVRのハコスコ   1000円で手軽にバーチャルリアリティ体験


ハコスコ

1,000円でVRが体験できるという脅威のコスパ。(野田の誕生日動画はハコスコで見てもらいました)
段ボールで出来ているので耐久性はありませんが、大事に使えば大丈夫でしょう(笑)
プラスチック製のハコスコもあります。

ハコスコにスマホをセットし、アプリで再生。これでお手軽なVR体験ができます。
なお、アプリはタオ360を使用しました。ジャイロセンサーでまさに360度。後ろを向けば後ろの映像が映るし、上を向けば上の映像が映し出されます。

Google Cardboard

Google Cardboard – Google


Google Cardboard (グーグル・カードボード)

こちらもハコスコで扱っているのですが、Googleが開発元。
二眼レンズです。二眼は両眼視差によって、より立体的に映像を見れます。
(ちなみにハコスコ公式アプリは未対応です。)
価格はハコスコと同じく1,000円!

タオバイザー

タオバイザー:Google cardboard互換3Dのぞきメガネ、おかわり     クラウドファンディングのMotionGallery

こちらも二眼レンズです。段ボールではなくプラスチックですね。
販売ではなくクラウドファンディングで資金を集っています。リターンは1,500円でタオバイザー1台です。
ちなみにハコスコの項目で挙げたアプリ「タオ360」と同じ開発会社です。

DUROVIS DIVE

Durovis Dive   3D Virtual Reality Gaming on a Smartphone

こちらは少し高価。同じくスマホをセットするヘッドマウントです。
Unity3D Free版で開発できるのがメリットでしょう。
下記の記事に良くまとまっています。

参考:スマホ差込形HMD DUROVIS DIVEを使う

まとめ

動画となると機器が必要になりますが、静止画であればTwisterFyu.seなどのアプリで撮影ができます。
まずは静止画と安価なVRキットで体験してみるのも悪くありませんね。

でもオキュラス案件やりたいなー。どなたかLIGと面白いもの作りませんか?
お問い合わせ待ってます。では!

 

【カメラを使いこなす!】

ニコン?それともキヤノン?デジカメ初心者にオススメなデジタル一眼レフカメラの選び方

カメラ初心者が料理を美味しそうに撮るための6つの実践的テクニック

カメラ初心者が魅力的な写真を撮影するための実践的テクニック「屋内ポートレート編」

カメラ初心者が魅力的な写真を撮影するための実践的テクニック「屋外ポートレート」編

カメラ初心者にオススメな12の構図でデジタル一眼レフで撮影した写真を魅力的に見せよう

  • 1
  • 2
n u l l