全天球カメラで360度ぐるっとパノラマ動画撮影!撮影機器とVRビューワーまとめ

たま


全天球カメラで360度ぐるっとパノラマ動画撮影!撮影機器とVRビューワーまとめ

こんにちは、たまです。

先日、アートディレクターの野田が誕生日を迎え、そのときにブランディングチームの皆から「360度動画」でメッセージを送りました。
その撮影を実行する前に、「360度動画ってどうやって撮影するんだ? スマホで何とかなるよね…?」という淡い希望にも似た疑問が当然湧いたわけです。
そして、360度の動画撮影はどうやるか、そしてそれを閲覧するには何が必要なのかをいろいろ探しました。

今回はそのときに得た情報を共有します。
仕事で得た情報ではなくて恐縮ですが…(笑)

1. 動画を撮影する

まず、撮影をどうするか。しかも動画です。
スマホで撮影できればベストですが、結果から言うと、動画撮影の場合はそんな都合の良いものは見つかりませんでしたorz(僕のリサーチ不足かもしれませんが)
ということで、まずは撮影に使用した機器を。

RICOH THETA

RICOH THETA

リコーの全天球カメラです。静止画はもちろん、動画も3分撮影できます。
三脚につけてスマートフォンからリモートで撮影ができ、動画への変換はPC上にインストールした専用のアプリケーションから簡単に変換できます。
撮影モードも「シャッタースピード優先モード」やノイズを調整できる「ISO感度優先モード」があります。

使用してみた感想としては全く問題ないです。何より楽しい(笑)
若干三脚が映り込んでしまうのは気になりましたが…。内容にもよりますが案件の提案にも使えそうなレベルだな、という感じでした。

KODAK PIXPRO SP360

PIXPRO   マスプロ電工|MASPRO

こちらはKODAKから出ている全天球カメラです。
F値が2.8と明るく、1920×1080(30P)のFull HD撮影や、開花や日の出などの長期間にわたる撮影に適した低速度撮影、視覚的に識別不能な一瞬の撮影に向いた高速撮影があるようです。
その他、耐衝撃、防塵、防滴などの機能もあるようで、アクセサリーを使用すれば防水や自転車にマウントすることもできます。
アクションカメラの名は伊達じゃないですね。

360Heros

360Heros   All Around You   360 Video   Spherical Video

次にご紹介するのは、GoPro6台を組み合わせて撮影し、360度の動画に自動で編集してくれるという優れもの。クラウドファンディングのkickstarterで実現した商品で、GoPro6台と言わず、7台組み合わせる商品もあります。

360cam

360cam

3つの魚眼レンズで360度撮影を可能にする360cam。
防水機能が付いていて、水中の撮影もできます。(フォルムもカエルみたいですね)
さらにオフィシャルを見ると分かりますが、電球のバルブに接続でき、防犯カメラのような使い方もできるようです。そしてwifi接続でストリーミング配信することも可能です。

elmo キュービックパノラマ

ELMO QBiC PANORAMA  キュービック パノラマ     プロフェッショナル用 360度撮影カメラシステム   エルモ コンパクトカメラシリーズ

最後にelmoから販売されているQBiC PANORAMA。
QBiC MS-1を4台組み合わせて撮影すると、360度動画として自動で編集してくれます。185°の超広角レンズで、なんとF値は2.0!
Full HD 60fpsの高画質録画からWVGA 240fpsのハイスピード録画まで、目的にあわせて6段階の調整ができるようです。

IMJさんの360度ホラーの撮影機材としても使用されましたね。

2. 映像に没入させる

映像を撮ったら、次はその映像を何で見るかですね。
せっかくだったらヘッドマウントで没入感を味わってもらいたい。ただ、オキュラスリフトのような高価なヘッドマウントはなかなか手が届かないですよね。。
そうすると比較的安価なものはないかとなってくるのですが、まぁあるんですねぇ。

何点かピックアップしました。

ハコスコ

スマホVRのハコスコ   1000円で手軽にバーチャルリアリティ体験

1,000円でVRが体験できるという脅威のコスパ。(野田の誕生日動画はハコスコで見てもらいました)
段ボールで出来ているので耐久性はありませんが、大事に使えば大丈夫でしょう(笑)
プラスチック製のハコスコもあります。

ハコスコにスマホをセットし、アプリで再生。これでお手軽なVR体験ができます。
なお、アプリはタオ360を使用しました。ジャイロセンサーでまさに360度。後ろを向けば後ろの映像が映るし、上を向けば上の映像が映し出されます。

Google Cardboard

Google Cardboard – Google

こちらもハコスコで扱っているのですが、Googleが開発元。
二眼レンズです。二眼は両眼視差によって、より立体的に映像を見れます。
(ちなみにハコスコ公式アプリは未対応です。)
価格はハコスコと同じく1,000円!

タオバイザー

タオバイザー:Google cardboard互換3Dのぞきメガネ、おかわり     クラウドファンディングのMotionGallery

こちらも二眼レンズです。段ボールではなくプラスチックですね。
販売ではなくクラウドファンディングで資金を集っています。リターンは1,500円でタオバイザー1台です。
ちなみにハコスコの項目で挙げたアプリ「タオ360」と同じ開発会社です。

DUROVIS DIVE

Durovis Dive   3D Virtual Reality Gaming on a Smartphone

こちらは少し高価。同じくスマホをセットするヘッドマウントです。
Unity3D Free版で開発できるのがメリットでしょう。
下記の記事に良くまとまっています。

参考:スマホ差込形HMD DUROVIS DIVEを使う

まとめ

動画となると機器が必要になりますが、静止画であればTwisterFyu.seなどのアプリで撮影ができます。
まずは静止画と安価なVRキットで体験してみるのも悪くありませんね。

でもオキュラス案件やりたいなー。どなたかLIGと面白いもの作りませんか?
お問い合わせ待ってます。では!

 

【カメラを使いこなす!】

ニコン?それともキヤノン?デジカメ初心者にオススメなデジタル一眼レフカメラの選び方

カメラ初心者が料理を美味しそうに撮るための6つの実践的テクニック

カメラ初心者が魅力的な写真を撮影するための実践的テクニック「屋内ポートレート編」

カメラ初心者が魅力的な写真を撮影するための実践的テクニック「屋外ポートレート」編

カメラ初心者にオススメな12の構図でデジタル一眼レフで撮影した写真を魅力的に見せよう

たま
この記事を書いた人
たま

ディレクター

おすすめ記事

Recommended by

こちらもおすすめ

ネット時代の動画活用講座

ネット時代の動画活用講座

  • 著者大須賀淳
  • 価格¥ 2,160(2015/12/07 15:20時点)
  • 出版日2015/02/17
  • 商品ランキング300,950位
  • 単行本128ページ
  • ISBN-104768305997
  • ISBN-139784768305997
  • 出版社玄光社