広告の限界を超える|セールス
広告の限界を超える|セールス
2015.07.17

意外と知らない!Photoshopの使い方(便利機能BEST3)

ハルエ
(編集部注*2014年3月7日に公開された記事を再編集したものです。)

こんにちは。デザイナーのハルエです。
今回は、知っているのと知らないのとでは作業時間に圧倒的な差がついてしまうPhotoshopの効率化機能のうち、マイベスト3を紹介させていただきます!

Photoshopの隠れ便利機能マイベスト3

Vanishing Pointでハメコミ合成

みなさん、“Vanishing Point(ヴァニシングポイント)”機能をご存知でしょうか?
機能の存在は知っていても、使ったことのない方が多いかと思います。

このVanishing Pointを使えば、看板やモックアップの合成がたったの5分でできちゃうんです。

iMac

では早速こちらのiMacに画像をはめ込んでみましょう!

1. ハメコミ画像を開き、コピーしておく

画像を開く

まずはハメコミたい画像を開いてください。

画像をコピー

次に「⌘ + A」で全てを選択し、「⌘ + C」でコピーしておきます。

2. 新規レイヤーでVanishing Pointを選択

次に新規でiMacの画像を開き、「⌘ + Shift + N」で新規レイヤーを作成します。

 Vanishing Pointを選択

作成した新規レイヤーを選択した状態で「フィルター > Vanishing Point」を選択してください。

3. ハメコミポイントを選択

Vanishing Pointフィルタが別画面で立ち上がります。

面生成ツール

「面生成ツール」でハメコミたい画面の4隅を選択してください。

面生成ツールでハメコミたい画面の4隅を選択

選択したポイントは矢印の「面修正ツール」で修正が可能です。

4. ハメコミ画像を貼り付け→ドラッグ&ドロップ

ハメコミ画像を貼付け

ここにさきほどコピーしたハメコミ画像を「⌘ + V」で貼り付けてください。

設定した画像を範囲内にドラッグ&ドロップ

貼り付けた画像を「面生成ツール」で設定した範囲内にドラッグ&ドロップすれば、設定したVanishing Pointに従い自動的にパースが設定されます。
「OK」ボタンをクリックすると先ほど作成した新規レイヤーに保存されるので、修正も楽におこなうことができます。簡単!

j a v a