ピクトグラムとは何かを学ぶ。「ピクタソン沖縄」イベントレポート

まさし


ピクトグラムとは何かを学ぶ。「ピクタソン沖縄」イベントレポート

こんにちは!
地域の魅力的な情報を発信するサービスTRIPを運営しているまさしです。

さて、先日「ピクタソン」というイベントに参加してきましたので、そのレポートと兼ねてピクトグラムについてご紹介をいたします。
読んでいただける皆さんが、情報を伝える手段の一つとしてピクトグラムを活用できるようになれたら嬉しいなと思います。

■目次

ピクトグラムって何?

600px-PublicInformationSymbol_EmergencyExit.svg

みなさん、ピクトグラムってご存知ですか?
ピクトグラムとは、言葉で説明をしなくても情報が伝わることを目的として単純化された視覚記号で、公共施設などにも使われています。
日本でピクトグラムが普及した要因の一つとして、1964年に東京で開催されたオリンピックがあります。
オリンピックのためにさまざまな国から人が訪れるということで、種目や公共設備の情報が言語なしでも伝わるよう、当時の国内デザイナーさんたちによって数多くのピクトグラムが開発されました。

ピクトグラムとは

ピクトグラム(pictogram、ピクトグラフ(pictograph)とも)は、一般に「絵文字」「絵単語」などと呼ばれ、何らかの情報や注意を示すために表示される視覚記号(サイン)の一つである。地と図に明度差のある2色を用いて、表したい概念を単純な図として表現する技法が用いられる。

引用元:wikipedia「ピクトグラム」

ピクトグラムを作る過程

ピクトグラム1.001
「単純化」というところがポイントで、とにかく要素を削って削ってまるで記号のように単純化しながらも情報を伝えられるのがピクトグラムです。

アイコンとの違い

アイコン (英語: icon) は、物事を簡単な絵柄で記号化して表現するもの。アメリカの哲学者パースによる記号の三分類の一つ。コンピュータ上の記号表記を指すことが多い。アイコンは「εικών」の中世・現代ギリシア語での読み「イコン」を「icon」とラテン文字に転写したものの英語読みである。
引用元:wikipedia「アイコン」

アイコンを作る過程

ピクトグラム2.001
ピクトグラムとアイコンはよく同じものとして認識されることがあります。しかし、視覚的に情報を伝えるという点は同じでも、アイコンの場合はピクトグラムほど単純化する必要がないので、装飾があったりカラフルなものなども含まれます。

インフォグラフィックスとビッグデータ

ピクトグラム3.001
ビッグデータを分析し、分析結果をいかに伝えるかという部分で活用されるのがインフォグラフィックスです。
インフォグラフィックスは、複数のピクトグラムを用いて作成するケースが多いです。

ピクトグラムとWeb

ピクトグラムとWebは、限られた画面の中でいかに情報を伝えるかという点で相性がよく、昨今のフラットデザインの普及により、ますますピクトグラムの活用シーンは多くなってきています。

ピクトグラムの作り方

DSC02445-e1418723381690

ピクトグラムは誰でも簡単に作ることができます。
伝えたい概念を、まず視覚化し、それを単純化します。

わかりやすいモチーフを用いる

伝えたい概念を視覚化するのに一番簡単な方法としてはモチーフを決めることです。
例えば、クリスマスを伝えるピクトグラムを作るのであれば「ツリー」や「サンタクロース」などをモチーフにすることで、誰もがクリスマスと認識できます。
ピクトグラムの究極は、どこの国の人であっても、言語による説明がなくても伝わることです。
そのためには、誰にでもわかるようなモチーフを用いて作成することです。

要素を削れるだけ削る

ピクトグラムはイラストではなく、情報伝達の手段として用いられる文字や記号の類となります。
そのため、利用シーンもあらゆる表示方法を想定しなければなりません。
装飾や細かな要素はすべて削り、これ以上削れないくらいシンプルにしたものが、使いやすいピクトグラムとなります。

ピクタソン沖縄に行ってきました

okinawa_logo

先日、東京でも人気のイベント「ピクタソン」が沖縄で開催されました。
沖縄ということもあり沖縄の観光をピクトグラムを使って伝えることが今回のテーマ。

ピクトグラム × マラソン=「ピクタソン」

決められた時間内に集中的に作業をし、ピクトグラムを作り上げるイベント。
クリエイターのスキル向上、ピクトグラム文化の振興を目指し活動をされています。

Pictathon

沖縄で開催する意味

国内だけではなく、アジア全体の中でも人気の高い観光地として有名な沖縄は、多くの観光客が訪れる分、いかに効率よく情報を伝えるかという点においては、他のどの観光地よりもピクトグラムが必要であると言えます。
今回、沖縄のクリエイターさんたちが、沖縄の魅力を再認識した上で、ピクトグラムで沖縄の観光をどう伝えるかということを考えました。

ピクタソン沖縄

DSC02397-e1418727589281

■第一回 ピクタソン沖縄

日程 12月14日 (SUN) 14:00〜
場所 トポセシア(URL:https://www.facebook.com/Topothesia2013

12月だけど沖縄は夏でした。(気温20℃)1月には桜も咲くくらいですからね。
今回の優勝商品は、なんとMacBookAir

<運営メンバー>
相葉大樹:WEBディレクター(http://taikiaiba.com/
大見謝将伍:ライター/プランナー(http://nurariworks.com/
宮城朗:OTSサービス経営研究所研究員

<審査員>
カズワタベ:Pictathon共同主催者/ウミーベ株式会社代表取締(http://umee.be
江口晋太朗:編集者・ジャーナリスト(https://twitter.com/eshintaro
内藤昌史:LIGディレクター・TRIP運営責任者(https://trip-u.com

ピクタソン沖縄スタート!

DSC02437-e1418728013862

まずは、ピクタソン協会のカズワタベさんより、ピクトグラムについての講習があり、参加者全員がピクトグラムについて理解の理解を深めます。
 

DSC02444-e1418728891700

講習を受けたら、まずは全員で練習問題を解きます。
 

DSC02451-e1418729426623

練習問題は「クリスマス」を伝えるピクトグラム。
 

練習が終わって、ブロックにわかれて予選を行います

Aブロック、Bブロック、敗者復活戦と3回の予選を行い、各ブロックごとにテーマを出して手書きのピクトグラムを作ります。
出来上がったピクトグラムを参加者と審査員全員で投票をし、上位2名(敗者復活は1名)が決勝に進めます。
Aブロックのテーマは「沖縄県の肉、魚、野菜」、Bブロックのテーマは「沖縄県の工芸、海、歴史」、敗者復活戦のテーマは「うちなータイム」。

DSC02460-e1418729902574

DSC02496-e1418730246183

練習問題ではまだ要素を多く使いすぎていましたが、予選ではどんどんシンプルにピクトグラムらしくなりました。
 

そして、予選を勝ち抜いた参加者で決勝戦

DSC02524-e1418730512574

決勝戦は、PCを使ってデジタルデータとしてピクトグラムを作成します。
 

DSC02525

決勝戦のテーマは「沖縄の魅力」です。
60分で3つのピクトグラムを作ります。
 

DSC02530

60分でここまでの仕上がりです。 皆さんすごいですね!
 

DSC02532-e1418734457643

沖縄には、他県にはない文化と自然があります。それがうまくシンボルとして表現されていますね。
 

DSC02534

3つのピクトグラムの統一感も、作る上で考慮すべき点ですね。
 

DSC02528

四角く囲うことで、さまざまな用途で使いやすいピクトグラムになります。
 

DSC02536

複雑な要素を簡略化して少ない要素で伝える。シンプルの極みですね!
 

DSC02526-e1418734303442

DSC02537-e1418734566434

そして全員で投票しました。
 

DSC02551-e1418734709435

第一回ピクタソン沖縄の優勝者は松堂さん(Webデザイナー)でした。
おめでとうございます!
 

1日集中して作業をした参加者の皆さんは、マラソンを走りきったような達成感に満ち溢れた表情をしていました。
沖縄ではまだまだこのようなイベントが少ないそうですが、今後広がっていくのが楽しみですね。

まとめ

ピクトグラムってよく見かけますが、作ってみたことのある人は少ないですよね。
今後ますますグローバル化していく中で、必要なスキルの一つになっていくのではないでしょうか。
言葉が通じなくても世界共通で情報を伝えることができるって、素晴らしい発明ですよね。

2020年は東京でオリンピックが開催されますね。
多くの外国人客が日本に訪れる頃には、街中で見かけるピクトグラムのクオリティも向上して、種類も今よりももっと増えているのではないでしょうか。

みなさんも何かを伝える手段として、ぜひピクトグラムを使ってみてくださいね!

 

【視覚的に情報を伝える!】

ピクトグラムのデザインとアイデアを競うイベント「PICTATHON」レポート

LIGデザイナーが厳選!使えるピクトグラム(ピクトグラフ)まとめ

情報を素早く簡単に!初心者でも分かるインフォグラフィックスの分類

クイズ・海外のユニークな交通標識!あなたはいくつわかるかな?

絶対おさえておきたいフラットデザインのまとめ

まさし
この記事を書いた人
まさし

ディレクター

おすすめ記事

Recommended by