Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2015.05.25
#4
菊池良の「聞いてみた」

『村上春樹いじり』を書いたドリーくん、「もう何もしたくない」って本当?

菊池良

こんにちは、PRチームの菊池です。

k_ico 人物紹介:菊池良
株式会社LIGのPRチームに所属するライター。主に記事広告の企画・執筆を担当。

僕は今、深夜の高速バスに乗って、岡山に行こうとしています。でも、旅行が目的ではありません。

「ある人」の様子が心配になったからです。

なぜ僕は岡山に行くのか

dryy-51

その人の名前は「ドリー」くんといいます。


村上春樹いじり

2013年11月、『村上春樹いじり』で作家デビューしたライターです。

 

dry_i

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年の ドリーさんのレビュー

その少し前、彼がAmazonに投稿した『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のレビューが大きな話題となりました。2万人以上が「参考になった」と投票したのです。

僕も話題になったときに読んで、大いに楽しみました。そのドリーくんが村上春樹の長編すべてをレビューした本が『村上春樹いじり』です。

出版化のニュースをツイッターで見て驚きました。Amazonレビューから本が出版されるなんて思っても見なかったからです。

詳細を追って彼のツイッターアカウントをフォローしたところ、フォロー返しをされてゆるい交流が始まりました。

彼のブログ「埋没地蔵の館」を読むと彼が「引きこもり」だと分かったりして。僕も引きこもっていたし、年も近いし、自分の本を出版できたりしたので、勝手に親近感が湧いていたんですね。


世界一即戦力な男

この本、どのぐらい売れたのか、怖くて聞いてないんですが・・・。

その後もドリーくんは雑誌やWebメディアに書いたりしていて、前途洋々に見えたのですが・・・。ブログに書き込まれる内容はとてもナーバスです。

 

本を出しても、アクセスそんな増えないし。相変わらず引きこもりだし。今年になって、家族以外の人と会ってないし。なんかもっと仕事とかも、もらえるんかな、って思ったけど、これがほんとにたまーーーーーーーーに、ぐらいで基本的に、オファーなし状態なんである。承認願望も満たされない。

出典:本を出して、変わったこと、変わらなかったこと。

本を出した反応が芳しくないようです。僕もそうでした。しばらくすると、「アルバイトをしなきゃいけない」と言い出します。

 

アルバイトしなきゃいけない。そう思っては、実行にうつせない。そんな毎日がつづいている。
というのも最近、家族からの、おまえほんとに仕事やってんのかよ、という、無言のプレッシャー(圧力)を、感じるようになってきて・・・普段ライターと称して、ただのニートだということをカレイに隠蔽してきたが、どうやらそんなごまかしもそろそろ効かなくなってきたらしい。

出典:アルバイト恐怖症

アルバイトをする必要性があるけれど、募集の電話番号にかけることが怖いそうです。すごくわかります。

 

今って暗黒期じゃないかと思うんだ。人生の。なにをするのも億劫で、毎日、食っちゃ寝しては、安住の地「ベッド」から逃れられない。ベッドが温かすぎて外に出られないんだ。くやしいんだ。ベッドがあたたかすぎて。

出典:2014年がもう半分終わったことについて

電話をかけられず、ずっとベッドで過ごしているそうです。僕もそうでした。

最初は「自虐芸かな?」と思っていたブログですが、更新がどんどん少なくなっていき、久しぶりに更新されたと思ったら、これです。

 

しばらく音沙汰もなく、2ヶ月間、ずっと家で何をしていたのかというと、正直、布団の中で、ただ、モゴモゴしてました。たまに本とか読んだりしたけど、それ以外のことに着手する気力が本当に沸いてこなかった。それに至る主な要因は、いろいろあるんだが、まず、大きな理由として挙げられるのは「何もしていない時が1番幸せ」だと気づいたこと。

出典:ゴールデンウィーク、充実感、無さすぎ。

何だか心配になってきました。これって大丈夫だろうか? ドリーくんはこのまま書くことをやめてしまうんじゃないか?

そうして僕は、岡山行きのチケットを買ったのでした。