沖縄のシステム開発会社7選。実績豊富な県内大手を厳選

沖縄のシステム開発会社7選。実績豊富な県内大手を厳選

Michitoshi Kudo

Michitoshi Kudo

テクノロジー部 部長の工藤です。

沖縄県にオフィスのある企業が首都圏の企業にシステム開発を依頼する場合、リモートでのコミュニケーションがメインとなってしまいます。開発をスムーズに進めるために、対面で打ち合わせできる地元の企業に依頼したいという方も少なくないでしょう。

そこで今回は沖縄のシステム開発会社のなかでも、従業員100名以上の県内大手企業に絞っておすすめの会社をご紹介します。各社の特徴や実績について、2023年12月時点の最新情報でまとめましたので、ご参考になりますと幸いです。
 

システム開発を検討中の方へ

弊社LIGは全国各地からのご依頼に対応可能です。世界的なWebデザインアワードの受賞経歴があるデザイナーや、大型案件の開発を担ってきたエンジニア、ディレクターが多数在籍しており、システムの設計・デザインなどの上流工程から、実装・QA(品質保証)までワンストップで支援いたします。

ご興味のある方は以下より弊社のシステム開発サービスについてご覧ください。

 
システム開発の詳細を見る

関連記事:システム開発におすすめの会社まとめ

沖縄でおすすめのシステム開発会社一覧

株式会社プロトソリューション

株式会社プロトソリューション出典:株式会社プロトソリューション

プロトソリューション社は沖縄県宜野湾市に本社を置くシステム開発会社で、ソフトウェア開発や受付システムなどのパッケージサービス展開をおこなっています。

システム開発サービス「Fast D」では、東京、仙台、ベトナム、沖縄という自社4拠点それぞれの強みを生かし、スマイルカーブによる業務工程別の専業化を実施。これにより高品質・低コスト・短納期な開発を可能としています。

その他、クラウドサービスの導入やオンプレからクラウド環境への移行を支援する「Fast C」、AIやRPAの導入による業務効率化をサポートする「AI Force」など多様なニーズに応えるサービスを提供しているのが特徴です。

社名 株式会社プロトソリューション
所在地 沖縄県宜野湾市大山7-10-25プロト宜野湾ビル
従業員数 480名(2023年1月現在)
費用 要問い合わせ
実績例 要問い合わせ

クオリサイトテクノロジーズ株式会社

クオリサイトテクノロジーズ株式会社出典:クオリサイトテクノロジーズ株式会社

クオリサイトテクノロジーズ社はニアショア開発専業をうたい、首都圏の案件を中心にシステム開発、オペレーション、 データセンターサービスを提供しています。

システム開発においてはオープンソースソフトウェアを中心に、さまざまな技術に精通したエンジニアが多数在籍。ニアショア専業ならではのリモートコミュニケーションスキルを生かしつつ、オペレーションや新規開発から保守開発までワンストップで対応可能です。

組織のプロジェクトマネジメント力を5段階評価で示す国際的な「CMMI®」は、レベル4認定を受けており、品質、生産性、セキュリティで高い水準を実現しています。

社名 クオリサイトテクノロジーズ株式会社
所在地 沖縄県名護市豊原195-3 みらい2号館
従業員数 220名(2023年4月現在)
費用 要問い合わせ
実績例 大手クレジットカード業務システム開発※外部サイトに遷移します
大手情報サービス業 プロダクト開発・保守※外部サイトに遷移します

レキオスソフト株式会社

レキオスソフト株式会社出典:レキオスソフト株式会社

那覇市に本社を置き、東京や茨城にも事業所を構えているレキオスソフト社は、ソフトウェア開発、ネットワーク・サーバ構築、パッケージ開発などをおこなうシステム開発会社です。

同社は地震や火山活動の監視をおこなう防災システムなどを、24時間365日稼動するミッションクリティカルシステムの開発が得意分野です。航空気象実況データを収集処理するシステムや危機管理をおこなう政府系特定システムなどにおいて、自社の強みを生かしています。

その他、オートモーティブシステムや、独自のコンテナ型仮想化ミドルウェア「Leximo®」など、技術力を生かした専門性の高い開発もおこなっています。

社名 レキオスソフト株式会社
所在地 沖縄県那覇市久茂地1-7-1 琉球リース総合ビル8F
従業員数 100名(2023年4月現在)
費用 要問い合わせ
実績例 地震活動等総合監視システム、火山灰情報提供システムなど※外部サイトに遷移します

株式会社エイブリッジ

株式会社エイブリッジ出典:株式会社エイブリッジ

アプリ開発において多くの実績を持つエイブリッジ社ですが、Webシステム開発やAIを活用したシステム開発にも注力しています。

同社はアジャイル開発とウォーターフォール開発を切り替え柔軟に使い分けた開発が可能で、AR/VR/MR、IoTなど最先端のデジタル技術の活用も得意領域です。

自動車、家電、医薬などメーカー系の企業をはじめとする幅広い業界において、生産・業務効率改善のシステム開発やアプリ開発などをおこなっている実績があります。

社名 株式会社エイブリッジ
所在地 沖縄県那覇市おもろまち4-6-6 前原ビル201
従業員数 119人
費用 要問い合わせ
実績例 要問い合わせ

株式会社フューテックシステム

株式会社フューテックシステム出典:株式会社フューテックシステム

フューテックシステム社はシステムの企画から実装、運用・保守まで、システム開発をワンストップで支援している企業です。

同社は課題に応じた戦略の実現を目指したコンサルティングをおこなっており、特定の言語やベンダー製品によらず多数の開発実績があります。たとえば活魚受発注在庫・販売管理システムや証券系販売管理システムなど、業種業態もさまざまです。

プロジェクトの進行においては、月次でレビューを実施し、進捗やリスク管理をくまなくチェックする体制を構築。プライバシーマークやISMSを取得するなど、セキュリティ対策にもしっかりと取り組んでいます。

社名 株式会社フューテックシステム
所在地 沖縄県那覇市字田原11番地3 FTSビル
従業員数 117名(2023年5月現在 契約人員含む)
費用 要問い合わせ
実績例 活魚受発注在庫・販売管理システム、人間ドック・健診システム、証券系販売管理システムなど※外部サイトに遷移します

株式会社沖縄エジソン

株式会社沖縄エジソン出典:株式会社沖縄エジソン

那覇市に本社を構え、名護市、宮古島市にも営業所のある沖縄エジソン社。システム開発からネットワーク構築といったインフラ面の支援、運用のサポートなど幅広いサービスを提供しています。

得意領域のひとつが、自治体向けのシステム開発です。住民サービスの向上や運用管理作業の軽減などを目的とした住民情報システム、財務会計・人事給与など基幹業務系システムの開発をおこなっています。

その他の各種Webシステム開発も請け負っており、受発注、電子決済、広告などさまざまなビジネスにおける開発実績を保有。基幹系システムで培ったノウハウを生かした基幹業務パッケージや、建設業向けパッケージも提供しています。

社名 株式会社沖縄エジソン
所在地 沖縄県那覇市字真地369番地
従業員数 105名 (令和5年3月現在)
費用 要問い合わせ
実績例 自治体向け住民情報システム開発※外部サイトに遷移します
ホテル業界向けシステム開発※外部サイトに遷移します

株式会社アイエンター

株式会社アイエンター出典:株式会社アイエンター

業種業態を問わず企業のDXを支援しているアイエンター社。東京に本社を置きつつ全国各地に事業所を展開しており、沖縄の那覇市にも支店があります。

同社の強みは、Webシステム、業務システム、各種アプリの開発やクラウドインテグレーションなど、幅広いサービスを扱えること。IoTやAI、XRといった先端技術にも注力しており、課題に応じたソリューションを提供しています。

システム開発だけでなく、UXデザインコンサルティングやデジタルマーケティングなど、事業全体の課題解決をワンストップで支援可能なのも特徴です。

社名 株式会社アイエンター
所在地 沖縄県那覇市久茂地1丁目1-1 9階
従業員数 250名
費用 要問い合わせ
実績例 電子入札システム(斜里第一漁業協同組合/ウトロ漁業協同組合)
画像解析システム(国立大学法人北見工業大学との共同研究)

株式会社アクセルエンターメディア

株式会社アクセルエンターメディア出典:株式会社アクセルエンターメディア

アクセルエンターメディア社は東京に本社を置き、沖縄の那覇と宜野座にオフィスを構える企業です。自社事業の軸であるファンクラブサイトの運営事業で得たノウハウをもとに、Webサイト制作やシステム開発をおこなっています。

抽選・アンケートなどエンタメ領域のプログラム開発を得意としており、企画から保守運用まで一貫して対応可能。沖縄拠点は主にインフラやデータセンター関連のサービスを担当しており、運用管理サービスやネットワーク構成支援などをおこなっています。

その他、AWS環境におけるシステム連携や移管など、クラウドインテグレーションも対応可能。データセンターのトラブル対応などは、専任担当者がサポートしてくれるのも安心感があります。

社名 株式会社アクセルエンターメディア
所在地 沖縄県那覇市松山2-1-12 合人社那覇松山ビル6階(那覇オフィス)
従業員数 136名(2022年12月末時点)
費用 要問い合わせ
実績例 要問い合わせ

システム開発会社の選び方や注意点

システム開発会社選びに失敗しないためには、以下の手順で検討してみてください。

  1. 外部パートナーに求める範囲を明確にする
  2. 自社の要望に近い実績があるかチェックする
  3. 相見積もりをとる

開発会社と一言でいっても、企画や事業戦略から支援してくれる会社や、プログラミングのみおこなう会社など、さまざまな会社があります。外部パートナーに何をしてほしいのかを明確にしたうえで、自社の要望に近い実績がある企業に依頼をすれば、候補を絞れます。

また、見積もりをとる際は複数の会社から相見積もりを取ることをおすすめします。ひとつの会社だけの見積もりでは、適正価格を判断しづらいからです。

関連記事:開発会社の選び方とおすすめのシステム開発会社を見る

システム開発の費用について

システム開発の費用や相場は、要件や機能、納期によって大きく異なるため、一概には言えません。正確な費用を知るためには、自社がどのようなシステムを作りたいのか、要件を可能な限り事前に整理しておくと外部パートナーも見積もり金額を出しやすくなります。

また、システム開発の費用の大部分は人件費です。一般的には首都圏の会社よりも地方の会社の方が人件費が安い傾向ですが、首都圏に本社がある企業でも沖縄などの地方に開発拠点を設け、人件費を抑えられるようにしていることがあります(人件費の安い海外人材を活用する「オフショア開発」になぞらえて、「ニアショア開発」と呼ばれています)。

できるだけ開発費を抑えたいという方は、ニアショアよりも人件費の安いオフショア開発をおこなっている企業や、工数を削減することで人件費を抑えられるノーコード・ローコード開発ができる企業を検討してみるのもおすすめです。

さいごに

システム開発においては、開発会社と密なコミュニケーションをおこなうことが重要です。現在はリモートのみでやり取りする場合も増えてきましたが、対面での打ち合わせが可能な距離の会社であればコミュニケーション方法も柔軟に対応でき、開発失敗のリスクを軽減できるといえるでしょう。

気になる会社があれば、ぜひ一度お問い合わせしてみてください。

また、弊社LIGは全国各地からのご依頼に対応可能です。Web制作事業で培ってきた豊富なUI/UXデザインの知見を生かし、システムの設計・デザインなどの上流工程から、実装・QA(品質保証)までワンストップでサポートいたします。

詳しくは下記ページをご覧ください。

システム開発サービスの詳細へ

この記事のシェア数

アクセンチュア株式会社にて、スクラッチ・パッケージ開発のデリバリー部隊に所属。100人規模のSIプロジェクトを多数経験。SI経験15年以上。経験領域はアプリ、IF、データ基盤、インフラ。クライアントファーストを信条にソリューションの提案からデリバリーまで幅広く実施。

このメンバーの記事をもっと読む