LIGのハロウィン物語 10.5話

LIGのハロウィン物語 10.5話

Kazuya Takato

Kazuya Takato

こんにちは、づやです。

LIGでは生成AIを積極的に利用しています。

このたびはメンバー菊池の提案により、連載休止中のハロウィン物語の続編をChatGPTに書いてもらいました。文中の画像はMidjourneyを利用して生成しています。

まずはぜひ、その文章をご覧ください。

『呪術のコードと謝罪の言葉』

ある日、LIGのオフィスで取締役のづやが新たなプロジェクトを発表しました。

「今年のハロウィンは、我々のデジタル技術と『呪術廻戦』の世界を融合させてみようと思うんだ。」

社員たちは驚きと興奮で話し始めました。しかし、づやは深刻な表情で言いました

「しかし、我々は過去のハロウィンの呪いを忘れてはならない。記事を書いた全ての社員が会社を去ってしまったという事実を……」

社員たちは静かになりました。そして、づやは続けました。

「だからこそ、今年は私がリーダーとなり、全員でこのプロジェクトを成功させよう。そして、もし何かが起こったら、私が全責任を負う。」

そして、社員たちは一丸となってプロジェクトに取り組みました。彼らはAIを使って呪術師と呪霊のキャラクターを作り、VRで『呪術廻戦』の世界を再現し、ブロックチェーンで限定版の呪術アイテムを作り出しました。

ハロウィンの日が近づくにつれて、彼らのプロジェクトは形を成し始め、最終的には、『呪術廻戦』の世界をデジタルで再現した、まったく新しいハロウィン体験が生まれました。

ハロウィンの日、LIGのデジタル呪術廻戦は大成功を収めました。ユーザーたちは新しい体験に喜び、社員たちは自分たちの成果に誇りを感じました。

しかし、その夜、づやは一人、オフィスで深く考え込んでいました。

「もし、私が会社を去ることになったら、それは本当に呪いだと言えるだろうか……」

そして、彼は一つの決断を下しました。彼は自分のパソコンを開き、一通のメールを全社員に送りました。

「私の謝罪の言葉を、今年のハロウィン物語の一部として公開することにしました。もし何かが起こったら、これが私の遺言となるでしょう。」

そして、そのメールは、LIGのハロウィン物語の一部として公開されました。それは、づやの謝罪の言葉と、彼の決意を伝えるメッセージでした。

「これこそが、LIGのハロウィンだ。」

づやは満足げに言いました。

「呪術のコードと謝罪の言葉で、ハロウィンを新たな次元へと引き上げたんだ。」

そして、彼は社員たちに向かって言いました。

「来年も、さらに新しいアイデアでハロウィンを祝おう。だが、その前に、今日の成功を祝って、みんなでハロウィンパーティを楽しもう!」

そして、LIGのオフィスは、呪術のコードと謝罪の言葉と共に、楽しいハロウィンの夜を迎えました。






この記事に出会って

まあ私はいま取締役ではないし、呪術廻戦ってばっちり出てるから、これがこのまま掲載できるのかは私のような平社員にはわからないのですが。

なんというかとてもすごい可能性を感じました。

ChatGPTを利用したら、こういう変な記事を私みたいな凡人にもかけるのでは……! おもしろライターとして生きていける道が生まれるのではないか……! 新たなキャリアの可能性が拓けるのではないか…………!

なので、私も試行錯誤して作成してみました。ぜひお読みください。






『呪術カフェの秘密』

獄門彊の中で五条高遠 和也悟は時間の流れを感じずにいた。

しかし、ある瞬間、彼の前に現れたのは都内のあるカフェのような場所だった。

そのカフェの名前は「ドトール 呪術店」。

店内には、彼と同じく呪術師や呪霊たちが集まっていた。

「ここは…獄門彊の中?」

五条が驚く中、カフェのマスターであるづやが現れる。


「そうだよ、五条。これは獄門彊の中の特別な空間。呪術師や呪霊たちが安らぎを求めて訪れる場所だ。」

五条はカフェのメニューを見ると、特級呪霊ラテや領域展開エスプレッソなど、呪術に関連したドリンクが並んでいた。彼は領域展開エスプレッソを注文し、づやとの会話を楽しむ。

「づや、なぜこんな場所が獄門彊の中に?」

五条が尋ねると、づやは微笑んで答えた。

「獄門彊は時間や空間が歪む場所。ここはその中で生まれた特別な空間だ。そして、ここのドリンクは、呪術の力を増幅させる効果があるんだ。」

「ほう…」

五条が興味津々になると、づやはにっこりと笑った。

「それなら、試してみるか。」

五条は領域展開を発動。すると、カフェ全体が五条の領域となり、店内の呪霊たちは一瞬で封印された。

「これで安心してカフェを楽しめるな。」

五条が満足そうに言うと、づやは微笑んで答えた。

「そうだね。でも、獄門彊の中はまだまだ未知の空間が広がっている。次回、どんな場所が現れるか楽しみだね。」



















……まだまだエンジニアとして頑張ろうと思います。

当記事につきまして

まずは本記事が掲載されてしまったことを編集部一同、心よりお詫び申し上げます。

ChatGPTを活用したライティングは弊社LIGとして初めての試みでしたが、残念ながらづや氏のおもしろライターとしてのキャリアは当面切り拓かれなさそうです。

ハロウィン本番の10月31日こそはぜひ、得意のプログラミングについての記事を執筆していただきたいと切に願っております。

この記事のシェア数

1983年生まれ。SIerとしてのキャリアをスタートし、JavaやC#を中心に多岐にわたる開発プロジェクトにエンジニアとして参加。その経験を活かし、LIGを創業。バックエンドおよびフロントエンドエンジニアとしての深い知識と経験をもとに、多様なプロジェクトに従事。2023年7月には社長室室長に就任にし、社内の体制やルールの最適化、AI技術の推進など、経営戦略の一翼を担っています。

このメンバーの記事をもっと読む
LIGのハロウィン物語 | 11 articles