LIGのハロウィン物語 第9話 『獄門彊』

LIGのハロウィン物語 第9話 『獄門彊』

Kazuya Takato

Kazuya Takato

前回までのあらすじ
呪術高専に勤める五条高遠 和也悟(ごじょうたかとお かずやさとる)は、渋谷駅にて呪霊たちを圧倒する。だが……

 

現代最強の呪術師は副都心線B5Fに放たれた改造人間およそ1,000体を

 

 

 

 

 

獄門彊 開門

 

 

 

ドキュ、ドキュ、ドキュ

 

 

 

 

 

そして、五条高遠 和也悟の脳内に溢れ出す

 

3年間の青い春

 

 

 

 

刹那……

 

だが、彼の脳内では1分など とうに……

 

 

ドキュ、ドキュ、ドキュ

 

 

 

「ーーっ!! やられた!!!」

 

 

 

 

「でも、どうやら物理的な時間は流れていないみたいだね」

 

 

 

 

来年へつづく。

 

 

当記事につきまして

まずは本記事が掲載されてしまったことを編集部一同、心よりお詫び申し上げます。

 

「自分たちが日々の業務で学んだことをアウトプットする場」として長年LIGブログを運用してまいりましたが、このような記事が出ることで、日々の業務中に呪術廻戦を読んでいた事実が露見してしまいました。

来年こそは、づや氏にはぜひ、得意のプログラミングについての記事を執筆していただきたいと切に願っております。

 

この記事のシェア数

Kazuya Takato
Kazuya Takato 取締役 COO 兼 CTO / DX事業本部長 / 高遠 和也

1983年生まれ。SIerとしてのキャリアをスタートし、JavaやC#を中心に多岐にわたる開発プロジェクトにエンジニアとして参加。その経験を活かし、LIGを創業。バックエンドおよびフロントエンドエンジニアとしての深い知識と経験をもとに、多様なプロジェクトに従事。2023年7月には社長室室長に就任にし、社内の体制やルールの最適化、AI技術の推進など、経営戦略の一翼を担っています。

このメンバーの記事をもっと読む
LIGのハロウィン物語 | 11 articles
デザイン力×グローバルな開発体制でDXをトータル支援
お問い合わせ 会社概要DL