うちのECでもTikTok広告って使えるの?疑問を解消→実践してみた!

うちのECでもTikTok広告って使えるの?疑問を解消→実践してみた!

Mako Saito

Mako Saito

こんにちは、LIGのマーケターのまこりーぬ(@makosaito214)です。

みなさんは日経トレンディ×日経クロストレンドが発表した「2021年ヒット商品ベスト30」の1位がなにか、ご存じですか? 「ウマ娘 プリティーダービー」や「シン・エヴァンゲリオン劇場版」ではなく……

なんと「TikTok売れ」なんです! TikTokは2021年9月に月間ユーザーが世界10億人を突破(※1)し、日本国内でも右肩上がりで急成長を遂げています。

なんと最近はTikTokで高級車まで売れてしまうそう……。てっきり10代向けのプラットフォームだと思っていましたが、国内の平均年齢は34歳とのことです。(※日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態 より)

これはいよいよ「TikTok売れ」というビッグウェーブに乗らねば! ということで、TikTok広告(※2)の活用を本格的に検討し始めるEC事業者様も多いのではないでしょうか。そこで今回は「TikTok広告に興味ある! けど自社のECにマッチするかちょっと不安だなぁ」というみなさんを代表して、TikTok広告の担当者様へ突撃インタビューしました! 気になる疑問や運用のコツまで根掘り葉掘り質問しています。

※1)2021年9月27日発表により世界で月間MAU10億人突破!
※2)当記事では、誰でも気軽に広告出稿・運用できるプラットフォーム「TikTok For Business」を用いた “運用型” のTikTok広告について紹介します!

また、後半では自社のECで実際にTikTok広告を運用してみた過程もレポートします! ぜひ参考にしてくださいね。

TikTok広告担当者様へ突撃インタビュー

ico お相手:TikTok For Business ACCOUNT MANAGER,GLOBAL BUSINESS SOLUTIONS-SMB-APAC 周藤 麻里さん2018年10月~ TikTok For Business JAPANにジョイン
2019年11月~ オンラインアカウント事業領域担当

どんな広告主が出稿しているの?

icoTikTokというとゲームやマンガなどアプリの広告が多いイメージがありますが、ユーザーの年齢層アップにつれて、広告主側も変わってきているのでしょうか?
icoそうですね、最近だと特にEC事業者様の広告出稿が増えています。たとえばメンズスキンケアブランド「バルクオム」様では新規顧客獲得に成功されています。広告主の幅が広がっているのは、まさにユーザーの年齢層が上がり、コンバージョン(以下CV)を獲得しやすくなったからだと考えています。

美容意識の高いユーザーが多いTikTokでCV獲得が増加!【メンズスキンケアブランド バルクオム】

icoバルクオム様の事例記事、以前Twitterで見かけました!「あぁこの企業様もTikTok広告を出しているんだな」と感じましたね。
icoまこりーぬさんのように、成功事例を見たり聞いたりして「同業者がTikTok広告で成果を出していると耳にしたので、うちでも出稿してみたいです」とご相談いただく機会が非常に増えていますよ。
ico「成果が出るなら新しい広告媒体にチャレンジしたい!」という気持ちになりますもんね。既存の広告媒体でCV数に頭打ちがきている場合ならなおさら。
icoまさにおっしゃる通りで、CV数を最大化させるためにTikTok広告を利用する広告主様がたくさんいらっしゃいますね。他のSNSやプラットフォームはアクティブじゃないけどTikTokは使っているユーザーが一定数いるので、既存の広告でリーチできていなかった層に広告を見てもらえる可能性が高いです。
icoたしかに他のプラットフォームとはユーザーがあまり重複しなそうです。TikTokにはCVの伸びしろがあるんですね。

他のSNS広告となにが違うの?

icoちなみに素朴な疑問なんですが、他のSNS広告と比べたときのTikTok広告の特徴ってなんですか?
ico1つは、広告が全画面に表示されるためインパクトや臨場感を出せること。そしてもう1つは、音声付きで視聴されることです。音を工夫することで、最後まで動画を楽しんでもらえるチャンスがより広がります。
icoなるほど。表示面積が大きい・提供できる情報量が多いっていうのは広告におけるアドバンテージですね。ただちょっと懸念なんですが、最適化の精度はいかがでしょう? 2020年リリースの新しいプラットフォームなのでまだあまり整っていないのかなと……。
ico効率よくCVを獲得できるよう、機械学習や配信ロジックはかなり強化しているところです。たとえば最近だと新しい入札戦略をリリースしています。「目標CPAを設定→そのCPAにマッチするよう入札する方式」の他に「予算を設定→その予算内でCV数を最大化できるよう入札する方式」も可能になりました。
icoふむふむ、テンポよくバージョンアップされているということは今後もますます進化していきそうですね!

ECの広告で成果を出すポイントは?

icoこれから実際にTikTok広告を出稿してみようと思うのですが、成果を出すポイントをぜひ教えていただけませんか?
icoターゲットや入札戦略などは推奨の設定を実施していただければ最適化がかかるため、やはり広告主のみなさまにもっとも注力いただきたいのは動画クリエイティブの作成ですね。
icoやはりそうなりますか……! 成果が出るクリエイティブとは具体的にどんなものでしょう?
icoTikTokは冒頭1秒で続きを見てもらえるかどうかが決まるため、ここに強い訴求を入れる必要があります。ユーザーに商品の効果を期待させる、解決できるお悩みを提示する、割引などキャンペーンを盛り込む、といった工夫が欠かせません。

あとはTikTok広告をしっかり活用されている広告主様だと、BGMだけではなく冒頭のナレーションや効果音までこだわって動画を作成しているケースが多いですね。

ico冒頭1秒の訴求と音、ですね。実は今回売りたい商品の1つはTシャツなんですが……効果もお悩みも割引を訴求するのもなかなか難しく……(涙)。
icoLIGさんであればユニークさで勝負するのもアリだと思います。やっぱりおもしろい動画ってちゃんと見てもらえますし、記憶にも残るんですよね。現にユニークな動画で表示回数が伸びた場合、直接のCVだけでなく自然検索経由も増えたという事例もあります。
icoたしかに、いっそ振り切ってまずは見てもらったほうがいいかもしれませんね!

いざ出稿するとしても動画を作るのが大変じゃない?

icoしかし冷静に考えると、広告用の動画を作るのがめちゃめちゃ大変では……?
icoTikTok For Businessの管理画面上には動画編集機能がついているのでご安心ください。BGMや効果音もあらゆる素材が用意されているので、手元に動画や画像しかない場合でも動画クリエイティブが簡単に作成できます。とくに最近リリースした「TikTok動画エディター」は世の中にある動画編集ソフトの簡易版のような機能で、動画をつなぎ合わせたり音声を追加したりできます。ぜひ使ってみてくださいね。
icoおぉ、広告の管理画面上で動画編集できるのはありがたいですね。使ってみます!

あなたもTikTok広告に早速チャレンジ!

自社のECでTikTok広告をいざ実践

それでは、いざTikTok広告を実践してみましょう!

今回はLIGの子会社LAMPが運営する長野県のサウナ「The Sauna」のECでTikTok広告を配信してみます。 支配人の野田クラクションべべーさんに推しの商品を3つ選んでもらいました。こちらです。


左からサウナハットポンチョTシャツ

TikTok For Businessの初期設定をしよう

広告を出稿するために、まずはTikTok For Businessのアカウントを作り、初期設定を進めていきます。手順についてはすでに詳細をまとめた記事がありますのでこちらをご覧ください!

所要時間は15〜30分ほど。SNS広告の初期設定をしたことがある運用者のみなさまであればちょちょいのちょいです!

管理画面上で動画クリエイティブを作ろう

さて、ここから肝心の動画クリエイティブを作っていきます。先ほど周藤さんからいただいたアドバイスをもとに、現地メンバーにナレーションつきの動画を複数撮ってもらいました。その素材を活用して「TikTok動画エディター」で編集していきます!

素材をアップロードするとこんな感じ。まさにiMovieやWindowsムービーメーカーのような使い勝手で、迷わずサクサク使えます。

なにやらTikTokっぽい加工もできるようです。楽しい。

BGMはスクロールしきれないくらい豊富にバリエーションがあります。

楽しくてうっかり編集沼にハマってしまいそうでしたが、既にしっかりナレーションが入っている素材は余計に加工せずこのまま出すとしましょう。ゴリゴリ編集した動画も用意し、どちらが効果がでるのかを検証していきます!

▼①サウナハット&ポンチョをナレーションで紹介


▼②Tシャツをナレーションで紹介

▼③Tシャツのイメージ動画を編集してつなぎ合わせ

結果はいかに……!?

3日間5万円でTikTok広告を出してみた結果……

なんと③編集した動画よりも、①支配人べべさんの渾身のナレーションつき動画よりも、②Saunaメンバーおゆうさんがくるくると動き回ってTシャツを紹介するナレーションつき動画が圧倒的に勝利しました!!!

冒頭の「紹介をお願いします」というナレーションによってつい続きが見たくなったのでしょうか。あるいは、べべさんのクセが強すぎたのでしょうか……。

そしてTシャツの動画クリエイティブにクリックが集中した結果、

無事Tシャツが売れました!!!

やったー!!!

3日間だしTシャツだし最悪0件もあると思っていましたが、ちゃんと成果が出て一安心です(涙)。クリエイティブを極めていけばまだまだ成果は伸びそうですね!!!

まとめ:CVの伸びしろここにアリ!TikTok広告はECにもおすすめ

TikTok広告(TikTok For Business)の注目ポイント
  • TikTokユーザーの国内平均年齢は34歳!10代向け商品でなくとも相性◎
  • 年齢層UPに伴いCV獲得が加速、EC事業者の広告出稿が増えている
  • 他のプラットフォームと重複しないユーザーが存在するためCV最大化に貢献
  • TikTok広告ならではの特徴は全画面表示と音による情報提供
  • 成果を出すコツはクリエイティブの冒頭1秒に強い訴求を入れること
  • 動画クリエイティブは管理画面上で簡単に作れるので安心!

「そろそろうちもTikTok広告を使ってみるか」と思ってくださったみなさん! ぜひここからアカウントを開設してみてくださいね。

TikTok for Businessのアカウントを開設する!

CV獲得はもちろんのこと、クリック単価を10円台に押さえられるため、リマーケティング広告との相乗効果や認知獲得も見込めそうだな〜と感じました。TikTok広告、とってもおすすめです!

以上、まこりーぬがお届けしました!

▼関連記事

この記事のシェア数

352

Mako Saito
Mako Saito Digital Marketing / Manager / Marketer / 齊藤 麻子

1992年生まれ。2014年九州大学芸術工学部卒業後に採用コンサルティング会社へ新卒入社。法人営業から新規事業推進、マーケティング業務に従事したのち、2018年にLIGへ。顧客のマーケティング支援、自社のマーケティング、オウンドメディア運営に広く携わる。2021年にLIGブログ編集長代理、デジタルマーケティング事業部マネージャーに就任。副業ではライターとして活動中。

自己紹介をもっと見る