【BiTT】俺のクローン作るしかなくね!?
【BiTT】俺のクローン作るしかなくね!?

LIGにCHRO(最高人事責任者)がジョインしました!

れいこ

こんにちは。人事のれいこです。

写真は、LIGの執行役員 CHRO(人事最高責任者)としてジョインした、コージさんです!

前回のブログで「新しい上司がジョインした」という内容を書きましたが、今回はその新しい上司であるコージさんをご紹介させていただきたいと思います。

 

れいこ:一緒に働き始めてまだ2ヶ月ほどですが、一瞬でLIGに馴染んで、どんどん新しいことを推進していただいていますよね。コージさんがどんな人なのか、改めてお伺いさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします!

コージ:こちらこそよろしくお願いします!

これまでどんなことをされていたんですか?

コージ:新卒から17年くらい、エン・ジャパンという人材の会社でお世話になっていました。大阪や名古屋で営業として鍛えられ、東京支社に異動してからは、アルバイト領域の新規事業立ち上げに参画しました。

そんなとき、社長に「ベトナムの会社を買収したから、行ってきて!」と無茶振りをされて、ベトナムへ渡りました。当時、全く英語が話せなかったので、昼は営業、夜は語学学校で過ごすというタフな日々を送っていました(笑)。

ベトナムで新規プロダクトをローンチした後、APAC領域で投資先や提携先を探す活動を開始しました。そして、また社長に「インドの会社を買収したから、成長させてきて!」と言われ、今度はインド・ニューデリーへ。3ヶ月で代表を引き継ぎましたが、幹部が一斉に退職したり、競合に転職したり、いろいろありました。ただ、初日からインド人にヒンズー語で道をきかれるくらい、インドには溶け込んでいたと思います。

 

れいこ:これはだいぶ溶け込んでますね。

 

れいこ:溶け込みすぎて、どれがコージさんかわかりませんでした(笑)。

コージ:2年温めてきた買収プロジェクトがやっとまとまって、300名から約4,000名の会社の代表になりました。これからインドを経由してアメリカ進出を、というとこで、今回のパンデミックにより大打撃を受け、帰国の命を受けて、日本に戻ってきました。

ちなみに、僕はサウナが大好きなので、日本に帰ってからはサウナに行きまくっています。いつでもサウナに行けるように、サウナの近くに家を借りました。

 

コージ:サウナ好きの友人と、ゴウさんの別荘にあるサウナに遊びに行かせてもらいました。下に雪が積もっているんですよ。最高に気持ちよかったです!

 

コージ:こちらはLAMP野尻湖にあるThe Saunaです。めちゃくちゃ雪が積もっていて、雪の上に乗っかっています。The Saunaはサウナ自体も最高なんですけど、Tシャツやパーカーなどの服も販売していて、おしゃれなんですよ。僕の私服は、最近全身The Saunaです。マジで。友人も早く新しいThe Saunaグッズを販売してほしいって言ってました!

れいこ:本当にサウナ好きなんですね! コージさんがLIGにジョインしてくれたのは、サウナがあったからですね。 納得しました!

転職のきっかけはなんですか?

コージ:そう、サウナがあるからです! ……いや、それもあるんですが(笑)、やはり日本に帰国することになったことが、大きなきっかけですね。

れいこ:(サウナ目当ては否定しないんだ)

コージ:インドから日本に帰る飛行機に乗る直前、帰国することをFacebookに投稿したんです。そのとき一番最初にメッセージをくれたのが、LIGの副社長の大山さんでした。実は、大山さんはベトナム時代にお世話になっていたお客様でした。ベトナムで働く日本人は少ないので、お客様というよりも、旧友・戦友という感覚の方が近いですね。

▲社員には見せたことがないおちゃめなポーズの大山さん(副社長)

コージ:大山さんが当時在籍していた企業の立ち上げ時に、採用をゼロからお手伝いしていました。すごい勢いで成長するところをご一緒させていただいていましたね。そんな大山さんがLIGで新しいチャレンジをしているというお話を聞いて、「自分もやってみたい」と純粋に思えたことが、LIGにジョインする大きな理由です。

れいこ:なるほど。帰国のタイミングで一番始めに声をかけたのが、大山さんだったんですね! しかもベトナムにいらっしゃったときからのお知り合いだったとは、驚きです。

LIGにジョインを決めた理由は?

コージ:帰国しても、やはり「グローバルビジネスに関わりたい」という思いは強くありました。LIGがオフショア開発に力を入れているということを知り、興味を持ちました。また、ベトナム時代から知っている大山さんに声をかけてもらったことが、大きかったですね。

その後、社長のゴウさんにも会って、見た目のパンチに相当くらいましたが(笑)、めちゃくちゃ真面目でいい人だと分かり、会ったその日にサウナでの裸の付き合いで、気が合うとわかりました(笑)。

 
※お風呂に入りながらお酒はよくないよ☆ 良い子はマネしないでください^^

コージ:入社前には、ゴウさんの長野の別荘で開催した役員合宿にも参加させてもらいました。この会社というか、この仲間と一緒に仕事をすると楽しいだろうな、と心底思ったことを覚えています。だからこそ、ジョインしてまだ2ヶ月ほどですが、なんの違和感もなく仕事に没頭できています!

LIGのカルチャーがいい意味で前職と全然違っているので、トライしてみたくなった、というのもありますね。17年もお世話になった前職のエン・ジャパンには、本当に感謝しかないです!

LIGをどんな会社にしていきたいですか?

コージ:もちろん、令和を代表する会社にしたいです。売上や利益だけでなく、「デジタルクリエイティブでより良い世界を作る」というミッションの元、面白い事を世の中に提供し続け、成果と笑顔を同時に作れる会社として、世の中から認知してもらえるようになることが目標です。

少しずつ形はできてきていると思っていますが、LIGらしさと言われている部分を言語化したり、さらなる拠点展開や、新規事業などで事業拡大を進めていきたいですね。

また、LIGのクリエイティブの強みを活かして、面白いことを追求し、これからも賞を頂けるような仕事をしつつ、世の中にインパクトも出していきたいと思っています。

今後どんな取り組みをしたいですか?

コージ:最近、LIGのミッション・バリュー・カルチャーを刷新したので、このミッションを実現していきたいですね。

作って終わりではないので、いかに浸透させていくかというのが重要だと思っています。これは、前職時代に学んだ理念共感型経営を活かして頑張りたいと思っています。

また、社員みんなが胸を張って、「自分はこんないい会社に勤めていて、こんな仕事をしてるんだ!」と家族や友達に自慢できるようにしたいです。「あ〜、あのLIGさんね」と言っていただけることはありますが、社員満足度という部分では、まだまだ課題が多いと感じています。

「LIG最高!」ってみんなが言える会社にするために、トライしていきたいです。そのために、ミッション・バリュー・カルチャーの浸透、リファラルの強化、適性検査導入によるミスマッチの防止、リファレンスチェックの導入、新卒採用の開始など、いろいろと動いています。人事面からサポートさせていただけることになったので、採用面ももちろんですが、海外拠点との制度的な繋ぎ込みにも力を入れていきたいと思っています。

れいこ:ありがとうございます! 胸を張って自分の会社を自慢したくなるような会社に、私もしていきたいです。引き続きよろしくお願いします!

 

▼人事担当を募集しています!

3 0 0 0