セブではたらく(インターン)
セブではたらく(インターン)
2019.11.28

無料のA/BテストツールGoogle Optimizeのここがすごくすごい!

ともぞう

こんにちは、Webディレクターのともぞうです。今回は久々にWebディレクターっぽくツールの話です。

サイトを運用するうえで極力おこなっていきたい、A/Bテスト。みなさんはどんなツールを使っていますか?

私はGoogle Optimize(グーグル・オプティマイズ)を使っています。

今回Google Optimizeのここにすごく感動した! というところをまとめます。

Google Optimizeとは

Google Optimizeウェブサイト、A/B テスト、パーソナライズのソリューション – Google オプティマイズ

まずはじめに、Google Optimizeの概要をお伝えしましょう。

Googleが提供しているサービスで、A/Bテストを無料で簡単に実施できるものです。タグを埋め込むだけで改修をおこなえ、指定の確率でオリジナルと出し分けすることができます。

さらに要素の位置をドラッグ&ドロップで移動できたり、HTML・CSS・JSを追加することも可能です。手軽かつ自由度の高いツールと言えるでしょう。

また、A/Bテストの結果はGoogleアナリティクスと連携するため、データ分析も手軽におこなえます。こんな素敵ツールが無料で使用できるのは本当すごいです。

Google Optimizeの導入方法

すでにタグマネージャーが導入されていれば、あっさり導入することが可能です。タグタイプの一つとして提供されているため、そこから選択をするだけ。

タグマネージャーが導入されていない場合は、Optimizeの管理画面からタグを発行し埋め込みます。

 

おすすめの導入方法はやはりタグマネージャーです。

テスト環境のみで発火するタグ、本番環境のみで発火するタグとトリガーによって出し分けが可能なので、影響の大きいサイトでも安心してOptimizeのテストが実施できるようになります。

タグの出し分け方法は、トリガーの設定からPage Hostnameの先頭一致を使用します。

ここがすごいよGoogle Optimize

導入がとても楽

タグマネージャーからタグを追加するだけで、A/Bテストが実行できるようになるのは本当に楽でした。気楽にクライアントへ導入を提案できますし、A/Bテストの敷居が下がり運用が活性化します。

テストパターンの作成が楽

先述のとおり、ドラッグ&ドロップで要素の移動・入れ替えができたり、少しHTML、CSS、JSの知識があればリッチなものもつくれたりと、テストパターンの作成が非常に楽です。

テスト結果がわかりやすい

Googleアナリティクスと連携してくれるため、結果がとてもグラフィカルでわかりやすくなります。Google Optimize上でもレポート出してくれるのですが、見慣れた画面で出してくれるのでわかりやすさが増します。

過去の記事でGoogle Optimizeを使用した結果が載っているものがありましたので、お暇なときにどうぞ。

振り分け10:0にするとリリースしたも同然

けっこうダーティーなものですし、非推奨なのですが……

コードをいじってデプロイする必要がないため、気軽にリリースができてしまいます。

STUDIOなど、コード書く必要のないサービスで公開するのとノリが近い気がします。今後、こういったコードを書く必要がないサービスがいろいろでてくるのかなあと思わされます。

さいごに

以前、有料のA/Bテストツールを使用したことがあったのですが、Google Optimizeはそれと遜色ないツールでした。

はじめて触ったとき、Google Optimizeのタグさえ入っていれば、Googleは人のサイトをいじれてしまう! すごい……なんだこの謎技術……と思ったのを今でも覚えています。

Googleさまさまです、本当に。

ぜひ導入してみてください。LIGでは導入サポートも承っているので、興味のある方は以下よりお問い合わせください。
Webについてお問い合わせしてみる