NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2018.10.30

ロシアからきた葉っぱを持った青年と過ごした一日

野田クラクションべべー

こんにちは。野田クラクションべべーです。

みなさん、ウィスキングってご存知でしょうか?

 

ウィスキングとは

ウィスキングとは、サウナの入浴法のひとつであり、ヴェーニク(※)を使って身体を叩く行為をいいます。マッサージや血流促進、殺菌などの効果などがあるといわれています。

※白樺などの枝葉の束。地域によっては、ヴィヒタ、ヴァスタなどという地域もある。

セルフでバシバシとウィスキングをすることもできますが、ロシアなど地域によってはサービスとしてやってくれるプロがいるんです。日本でもヴェーニクが置いてあるサウナはたくさんありますが、ウィスキングのサービスをやっているところは少ないのが現状です……。(どうか……日本のサウナにウィスキングを……!)

実際にどうやって使えばいいのか……? どういった効能があるのか……? と謎に包まれていました。

そんなとき……

サウナ検索サービスの「サウナイキタイ」さんが「ライブドアニュースとコラボしたイベントをする〜」とつぶやいていたので、参加してみることにしました。

 

ロシアからきた葉っぱを持った青年と過ごした一日

こちらの青年はロシアのウラジオストクからきたアンドレイさん。職業はウィスキングマスター(別名、パリーシュク)。ウィスキングで生計を立てている立派なプロフェッショナルで、大学時代にアルバイトで勉強していたそうです。

一流のウィスキングマスターになるためには、3〜4年ほど時間がかかるそうで、ウィスキングを学ぶ学校などもあるんだとか。

 

イベントは座学からはじまり、ロシア人にとってバーニャ(※)とはどういうものなのか、ウィスキングの歴史などを学びました。

※ ロシアのサウナのこと。温度は少し低く、ロウリュで温度を上げていく。

個人的に興味深かったのは、ヴェーニク(ヴィヒタ)の種類によって効能が違うということです。日本では白樺の葉っぱを束ねたものが一般的とされているのですが、ロシアではユーカリの木やトウヒ(松の木)、ナラやヒノキなどの葉っぱを使うこともあるそうです。

日本にも多くの種類の木が存在するので、たとえば林業関連の方と手を組んでいらなくなった葉っぱなどをヴェーニクに活用できれば、日本でウィスキングができる日も近づくかもしれませんね!

 

数多の試練を乗り越えてきたアンドレイさんのありがたいお言葉を受け、実演いただけることになりました。

 

ロシアからの優しい風……全身を包み込む至福のひととき

サウナ室に入ると白樺の香りがファーっと広がっていて、最高の気分……。

ロウリュをして蒸気を発生させ、ヴェーニクを8の字に回しながら上に溜まった熱を背中に下ろしてきます。感覚でいうと、背中を温かいタオルでじんわりと押されている感じです。

 

蒸気をまとったヴェーニクで肩甲骨、背中、腰と順番に温めていきます。これが、気持ちいいのなんの。

 

本場のウィスキングは、熱波を浴びる→葉っぱを押し付ける→背中を擦る→葉っぱで叩く→ローリングしながら葉っぱで叩く……という順番で進んでいきます。さらには、王道のスタイルにオリジナリティを加えていくそうです。

 

同じ動きを3回ほど繰り返すのですが、流石プロの技といったところで、セットを増すごとに熱波の強さを調整していくんですよ。3回目にもなるとかなり熱いのですが、ヴェーニクを押し付けられるたびに、小さい頃おじいちゃんに背中を掻いてもらった記憶が蘇りました。

足の裏もていねいに温めてくれるのですが、これがめちゃくちゃ気持ちいい……。アンドレイさんの、ときに優しく、ときに厳しいウィスキングを思う存分楽しみました。

 

ウィスキングが終わると一緒に水風呂に行き、身体をクールダウン(ロシアだと海とか川に入ることもあります)。

普段のサウナでは味わえない爽快感に包まれ、身体の細胞たちも大満足でした。

 

運営の人を参加者全員で叩きながら学んでいくウィスキング講座

実演を見たあとは、一個一個の動きを実際に手を動かしながら学んでいきます。

 

実験台にされたのは、サウナイキタイの運営担当者のありさん。だれが叩かれ役をやるんだ……という空気のなか(無言のプレッシャー)、気づいたときには台の上で寝かされていました。

座学と実演である程度話を聞いていましたが、実際にやってみると意外と難しい……。にしても、ロシア人講師を招いて葉っぱをブンブン振り回しながら楽しむイベントって珍しいと思う……。

 

ありさんもみんなから叩かれてこの表情。相当気持ちよかったのかな。

 

さいごはみんなで叩き合い、笑いあい、ウィスキングチルドレンに

さいごは、実際にペアを組んでウィスキングを実践。

いざやってみると、ウィスキングをやる側は非常に大変……日本でロウリュサービスをしている施設のみなさまに対して感謝の念が込み上げてきました。

また、大量に葉っぱがサウナ室に散るため、施設の協力があってこそ成り立つイベントなんだな……と感じました。サウナイキタイ、ライブドアニュース「天然温泉 湘南ひらつか 太古の湯 by GREEN SAUNA」のみなさま、ご協力ありがとうございます。

 

参加者の声

みなさん、相当楽しかったみたいですね! 貴重な経験に大喜びのようです!

まとめ

日本でウィスキングを学んだ人たちはまだまだ少ないので、僕たちウィスキングチルドレンたちがしっかりと伝えていく必要があると思いました。

正直、日本の「サウナ」のイメージって“暑苦しい”“親父っぽい”って印象が強いと思っています。ただ、実際のところはもっと違う楽しみ方があるし、体験して良さを実感できる素晴らしい文化だと感じています。

新しいことをやることに対して、快く協力してくれるサウナ施設も増えており、いろいろな楽しみ方が増えていければ素敵な未来が待っているんじゃないかなって思いました。

まずは、「サウナイキタイ」を使って近くのサウナに行ってみてもらえたら嬉しいです。

 

撮影場所
店名:天然温泉 湘南ひらつか 太古の湯 by GREEN SAUNA
住所:〒254-0044 神奈川県平塚市錦町1−18
電話番号: 0463-22-1772
営業時間:24時間営業
料金:こちらをご覧ください→ 料金表

詳しいレポートは「サウナイキタイ×ライブドアニュース」の方でも掲載されているので、覗いてみてください!

少しでもサウナについて興味を持っていただけたら、ほかにもサウナに関するブログをいくつか書いているので、チェックしてみてくださいね!

 

サウナにハマったきっかけはこちら。

フィンランドにサウナ旅へ行ったときのことはこちら。

社内の福利厚生の一環である部活動制度を使って「サウナ部」を立ち上げたときの話はこちら。

以上、野田クラクションべべーでした!