LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2018.11.26
#4
LIGの福利厚生を紹介します

LIG社員は美味しい鯛茶漬けが半額で食べられる!「鯛茶STAND」社割制度をご紹介します。

なお

こんにちは。人事のなおです。

これまで「ご飯支給制度」「LAMP宿泊・合宿制度」の2つの社内制度について、ご紹介させていただきました。

「ご飯支給制度」とは、会社から食材が支給され、社内に併設された大きなキッチンでご飯を作ることができる社内制度です。普段は話さない、他事業部の社員とも交流が生まれ、社内のコミュニケーションを円滑にしてくれます。私も大好きな制度のひとつで、よく活用しています。

▼「ご飯支給制度」に関する記事はこちら。

「LAMP宿泊制度」とは、LIGに勤めている本人と、その配偶者や両親・子ども(一親等)はLIGが運営するゲストハウス「LAMP」に無料で宿泊できる社内制度です。また「LAMP合宿制度」とは、ゲストハウス「LAMP」を使ってチーム合宿をおこなえる制度です。チームビルディングをおこなうために、社員のみなさんには積極的に活用してほしいと思っています!

▼「LAMP宿泊・合宿制度」に関する記事はこちら。

LIGには、この2つ以外にも、さまざまな社内制度があります。今回ご紹介するのは「鯛茶STAND」食事割引制度です。

社内制度を紹介するページのスクリーンショット

「鯛茶STAND」食事割引制度
LIGがプロデュースする鯛茶漬け専門店「鯛茶STAND」の食事を、社員が割引価格で食べられる制度です。

「鯛茶STAND」とは?

「鯛茶STAND」の店内の写真

2018年1月末に東京都・御徒町にオープンした、LIGがプロデュースする鯛茶漬け専門店「鯛茶STAND」。「鯛茶漬け」とは、新鮮な鯛の刺身とごまだれをごはんにのせて、出汁をかけて食べるという贅沢な料理です。一般的には高級料亭や懐石料理の〆として食べられるので、お値段の平均価格はだいたい2,000〜3,000円とかなりお高め……。

しかし「鯛茶STAND」に行けば、一食1,000円で鯛茶漬けを食べることができます。しかも、ごはんと出汁はおかわり自由なので「本来〆として出される鯛茶漬け一杯でお腹が満たされるの?」とお思いの方もご安心ください。

「鯛茶STAND」食事割引制度とは?

リーズナブルで美味しい鯛茶漬けを提供している「鯛茶STAND」。

LIGの社員であれば、この鯛茶STANDの看板メニューである「鯛茶セット」を割引価格で食べることができます。この制度が「鯛茶STAND」食事割引制度。「鯛茶セット」は1,000円なのですが、LIGの社員は「鯛茶セット」一食につき、次回無料チケットをもらうことができます。そのため、二回来店すれば、実質一食500円で食べることができるのです。

LIGの福利厚生制度のなかでも、よく活用されている制度のひとつがこの「鯛茶STAND」食事割引制度です。上野・御徒町周辺にはたくさんの飲食店がありますが、お昼時に外食するとなると800円〜1,000円かかります。そう考えると一食500円はとてもリーズナブルですよね。

「鯛茶STAND」の店舗はとてもオシャレなつくりになっています。社員同士で息抜きに行くこともあれば、ひとりでふら~っと立ち寄ることもあります。店長の藤さんによると、最近ではセールスのダダさんが足繁く通っているそうです。食事だけでなく、藤さんやスタッフのみなさんとの会話も「鯛茶STAND」に訪れる楽しみのひとつとなっています。

なぜ、「鯛茶STAND」食事割引制度ができたのか

そもそも、なぜこの割引制度ができたのでしょうか。

その理由をご紹介していきたいと思います。

「鯛茶STAND」の良さを社員に体感してほしい

LIGでは現在、Web制作・コンテンツ制作・ゲストハウス・コワーキング・飲食・教育・地方創生など、さまざまな事業を展開しており、また国内6箇所(長野・東京・京都・広島・大分・長崎)と国外2箇所(フィリピンのセブ・マニラ)に拠点を持っています。

これだけ事業が多岐にわたっている、かつ国内外に拠点を持っていると、それぞれの事業の良さを知ることが難しくなってしまいます。ですが飲食事業に関しては、そこで提供しているものを食べることでその良さを知ることができます。

ランチ時や仕事帰りに「鯛茶STAND」でごはんを食べることによって、社員に自社サービスの良さを体感してほしいと思い、この制度をつくりました。また、ごはんをいっしょに食べることで、社員同士のコミュニケーションも活発になりますし、さらに良い関係をつくっていけるのではないでしょうか。

社員のみなさんやこれからLIGに入社していただく方には、ぜひこの割引制度を活用し「鯛茶STAND」に足を運んでもらいたいです。

美味しい鯛茶漬けをお得に食べてほしい

そもそも「鯛茶漬けのお店をLIGでやろう!」となったきっかけは、社長のゴウさんが旅先で鯛茶漬けを食べたことでした。しかし、鯛茶漬けは高級料亭や懐石料理で出されることが多く、気軽に食べられるようなものではありません。

「美味しいのに食べられる場所や機会が少ないなんてもったいない。そんな場所がないなら自分たちでつくろう。そしてやるからには、世界一美味しくてお洒落なお店にしよう!」そのような想いで「鯛茶STAND」はスタートしました。

高級なイメージのある鯛茶漬けですが、「鯛茶STAND」では1,000円で「鯛茶セット」を食べることができます。また割引制度を使えば、実質一食500円です。美味しいだけでなく、お得で体にもやさしい鯛茶漬けを食べて「Life is Good」を実現させましょう……!

LIGのシェフがつくったごはんを食べてほしい

「鯛茶STAND」では、店長の藤さんやスタッフのトクちゃんだけでなく、株式会社LIGが長野県で運営するゲストハウス「LAMPの野尻湖」の支配人兼飲食事業部マネージャーを務めるシェフ・マメさんもメニューを手がけています。

手前味噌で大変恐縮なのですが、マメさんの作る料理は本当に美味しいのです。「LAMP野尻湖」のレストランは、信濃町に住む地元のみなさん、宿に泊まっていただいたお客さま、社員からも大人気です。マメさんの作る料理を食べるために、わざわざゲストハウス「LAMP野尻湖」に行く社員もいるくらいでして……。

LIGのシェフたちがつくったご飯を食べてほしいというのも、この制度をつくった理由のひとつです。

「鯛茶STAND」割引制度について社員に聞いてみました!

「鯛茶STAND」は、JR御徒町駅南口を出て徒歩3分のところにあります。またLIGの東京本社からは徒歩10分程度です。

本社からも近いので、ランチ時や就業時間後に立ち寄るメンバーも多くいます。この「鯛茶STAND」割引制度について、社員はどう感じているのか実際に聞いてみました。

バズー(エディター)

「鯛茶STAND」によく来るというエディターのバズーに聞いてみました。

白米が盛られたお椀を持つ編集者

 

 

 

 

 

 

 

「ランチでも来ますが、夜ごはんにふらっと来ることも多いです。

ここは白いご飯が美味しいんですよ! ご飯はおかわり自由なので、ついついおかわりしちゃいます。鯛茶STANDのスタッフさんは話しやすい人が多いので、仕事帰りに話したくて行くときもありますね。とっても癒されます」

さなえ(エディター)

次は、今回はじめて「鯛茶STAND」に来たというエディターのさなえさん

鯛茶漬けを前に笑顔の編集者

 

 

 

 

 

 

 

 

「いつもランチはお弁当を作ってくるか、会社の近くで食べるかが多いので、リーズナブルに美味しいご飯を食べられるのは嬉しいですね。割引価格だと、みんなを誘って行きやすくていいと思います。また近々行きたいです!」

社員のみなさんにも満足していただけているようで良かったです。これからも「鯛茶STAND」食事割引制度を利用して、お得に美味しい鯛茶漬けを楽しんでいただければと思います!

「鯛茶STAND」ではケータリングサービスをスタート

最近では、企業様向けのお弁当配達とケータリングサービスをスタートしました。「鯛茶STAND」に行ってみたいけれど、なかなか食べに行けないという方は、こちらのサービスもぜひお試しください。

鯛“STAND”弁当(1,000円)

こちら、特製ゴマだれが付いた鯛の刺身を、鯛の混ぜ込みご飯の上にたっぷりのせた「鯛茶STAND」定番の贅沢弁当「鯛“STAND”弁当」。煮卵もプラスして、お漬物2種と煮豆もお付けします。

鯛“彩”弁当(1,000円)

こちらは、ゆかり、塩昆布、ゆず茶、コリアンダーパウダー、ミント、ピーナッツなど、さまざまな食材を使った「鯛“彩”弁当」。視覚と味覚で楽しむ、ちょっと小粋な「鯛茶STAND」のスペシャル弁当です。

ともぞう・けんてぃ・ドリル(Web事業部のみなさん)

「鯛茶STAND」のケータリングサービスがスタートしたことにより、普段店舗によく行くメンバーだけでなく、忙しくてなかなか行けないメンバーも鯛茶漬けを楽しむことができるようになりました。

毎週木曜日に店長のふじさんが「鯛“STAND”弁当」鯛“彩”弁当」を本社まで販売しにきてくれています。もちろんこれも割引の対象です。

社内で鯛茶弁当を食べている、Webディレクターのともぞうさん・デザイナーのけんてぃさん・フロントエンドエンジニアのドリルさんにもお話を聞いてみました。

鯛茶漬けのお弁当を食べる3人の男性社員の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

「雨の日に外に出なくても、しっかりしたごはんが食べられるのはいいですね」

「鯛茶弁当を頼むと、普段ランチに行かない人とも一緒にごはんを食べるようになりました」

「ごはんも大盛りが頼めるし、新鮮な生魚が食べられるのは嬉しいです」

とのことでした。店舗に足を運ぶ時間がなくても、ケータリングサービスを利用すればいつでも「鯛茶STAND」の鯛茶漬けを楽しむことができます。また市販のお茶をかければ、マイ茶漬けの完成。鯛茶弁当ひとつで2つの味が楽しめるのは贅沢ですね……!

まとめ

いかがでしたか?

「鯛茶STAND」はアルバイトも含めて、現在11名のスタッフが店舗を支えてくれています。スタッフとコミュニケーションをとるために、人事の私もよくお邪魔しています。

自分の会社が運営するお店でごはんを食べると、自社サービスの良さを体感できるだけでなく、社員から改善点を挙げることで、サービスの向上にもつながります。また社員同士の交流を深めるのに、とても良い制度だと思っています。

今後もLIGならではの福利厚生制度をご紹介したり、作っていければと思っています!「こんな会社で働いてみたい」と思っていただけましたら、ぜひ採用ページを覗いてみてください。

LIGの採用ページを見てみる

「私の会社の制度も変わったのあるよ!」という方は、ぜひ教えてください!

それでは、また。なおでした!