NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2018.07.11

続・今まで私が作ってきた背景ジャックのコンセプトや裏話をまとめてみました。【後編】

杉原ミシェル

はじめに

こんにちは! デザイナーの杉原ミシェルです。

LIGブログの「背景ジャック広告」記事の後編です。前回は2016年に制作したものを紹介したので、今回は2017年に制作したものについてお話したいと思います。

背景ジャック広告って何?」という方は、前回の記事をチェックしてみてください!

今回は、さくっと紹介に入らせていただきます。

LIGブログの背景ジャッククリエイティブ

EMOLOG(2017/1/9-2017/1/15)

背景ジャック広告19
アプリやWebサービスのユーザーテストサービスであるEMOLOGを、某大怪盗三世の文言とかけあわせたオマージュです。

Photoshopの加工の技術面では、某大怪盗のモデル・紳さんのポーズはこっちの写真がいいけど、某お姫さまのモデル・ぐっさんの表情は別の写真の方がいい……と、つぎはぎ合成をした記憶があります。

うまくごまかせているでしょうか?

TCD WordPress Theme(2017/1/16-2017/1/22)

背景ジャック広告20
前回の記事でもご紹介したTCDさんの背景ジャックの第二弾です。

今回も同じく「とにかくすごい」を演出するため、大爆発させました。爆発の演出にけっこう四苦八苦して、自然なランダム感や遠近感を出すのに苦労した記憶があります。

ちなみにレンジャーのモデルをしてくれたのはすべてジョニーさんです。レンジャースーツ自体は一着のみで、Photoshopで色を変えています。

LIGアド(2017/1/30-2017/2/5)

背景ジャック広告21
「今まさに紹介しているLIGブログの背景ジャックに御社も広告を掲載しませんか?」という広告です。つまり、広告の広告です。

公開時期の節分シーズンに合わせ、巨大な鬼に対して小さな豆を投げ続ける姿に「その広告本当に効果ありますか?」といった強気な広告を打ち出しました。

豆が小さく、鬼と比較するのには少し見えにくかったので、わかりやすさとスピード感の両方を保持するために、陰影やぼかしを細かく加工しました。

デジタルハリウッドSTUDIO 上野 by LIG(2017/2/6-2017/2/12)

背景ジャック広告22
弊社の教育事業のひとつである、Webクリエイタースクールの「デジタルハリウッドSTUDIO 上野 by LIG」が開校して1周年だったので、感謝の気持ちを伝えるために制作した背景ジャックです。とある舞妓系映画のオマージュですね。

1年間のいろんな場面の写真を大量に共有していただき、そこから切り抜きできそうなものをセレクトして大量に切り抜きをした、切り抜きじごk……天国なデザインでした。

人物のサイズの強弱をつけたり、前後関係のバランスだったり、雲のモチーフも同じ色系統でも微妙に明度・彩度を変えて奥行きを表現したり……バランスをとるのにかなり頭を使いました。

WACUL(2017/2/20-2017/2/26)

背景ジャック広告24
某ハザード系映画のオマージュです。ちょうど新作が公開されて話題になっていた時期でした。

きれいなんだけど「毛穴感」があるような、特徴的な肌の質感など、いい感じに再現できたのかなと思っています。タイトルテキストの部分もパスで細かく調整をしました。

モデルをしてくださったエディターのキャシーさんが「ミラ・ジョヴォヴィッチになれた!」と喜んでくださったのが記憶に残っています。

TCD WordPress Theme(2017/3/6-2017/3/12)

背景ジャック広告25
TCDさんの第三弾です。コンセプトは変わらず「とにかくすごい」で、小柄な女性でもパワーがある様子を表現しています。

ちなみに飛ばされているのはすべて紳さんで、一時期女子高生などを中心に流行っていた魔貫光殺砲(マカンコウサッポウ)とほぼ同じやり方です。

ギルド開発(2017/3/20-2017/3/26)

背景ジャック広告26
弊社のセブ支社による、「ギルド開発」というオフショアでおこなうラボ型開発のサービスの背景ジャックです。ドラクエのコンセプトを拝借しています。

このサービスは、「ラボ型開発」というあまり馴染みのないキーワードを、「RPGの『ギルド』という仕組みと同じように足りないリソースを補うものですよ」とわかりやすく伝えるために、「ギルド開発」という名前でスタートしたものです。

私はFF派でドラクエはやったことがないのですが(やってみたい気持ちはすごいあります)、「ルイーダの酒場」というところが、職探しの場所なのだそうですね。そのルイーダの酒場でギルドの仲間を探している勇者に、優しく諭すセブ支社のプレジデント・せいとさんのようすを背景ジャックにしました。

ちなみにせいとさんが日本に一時帰国しているときに、公式が運営している六本木の「ルイーダの酒場」というバーに連れていってもらいました。そりゃもう楽しかったですわ!

デジタルハリウッドSTUDIO上野 by LIG(2017/4/3-2017/4/4)

bgj-170403-dh
春という心機一転の季節に合わせ、「新しいことを始めませんか?」という投げかけをしたデジハリの背景ジャックです。

デジハリの受講生は、働きながらも新しいスキルを身につけるために来られる方が多いようです。「今の仕事は今の仕事でいいけど、なにか新しいことを始めたい」。そんな働く女性をターゲットに、少し落ち着いた雰囲気のデザインにしました。左からカフェの店員、外回りの営業、塾の先生、といった設定がありました。

春のWeb制作無料相談会(2017/4/5-2017/4/14)

bgj-170405-lig
毎季節恒例の、LIGのWeb制作無料相談会の春バージョンの背景ジャックです。

こちらは遷移先の記事のコンセプトなどの企画をディレクターのパーヤンさんがされたので、それに合せたデザインにしました。イメージは「男はつらいよ」の寅さんで、江戸っ子ディレクターのママさんがお酒片手に上野公園をうろつく記事でした。
※実際のママさんは下戸なのでお酒が飲めません。

実際は桜を空一面に撮影するのが難しく、余分なものや葉っぱなどが写り込んでいたので、合成で桜の部分を横に伸ばしました。

デジタルハリウッドSTUDIO 上野 by LIG(2017/4/15-2017/4/23)

bgj-170415-dh
デジハリの春の背景ジャック第二弾です。こちらはより春っぽく季節感を出しています。有名な枕草子の一文、「春はあけぼの」をもじりました。

この時期にPinterestを見ていると、本の表紙の表現で、テキストにガウスをかけて一眼レフのピントっぽさ・遠近感をつけるのが流行っているように感じたので、挑戦してみました。

Webのパララックスの表現を印刷ではこう表現するのかなあと、勝手ながら自己解釈しました。

START-UP ENGLISH(2017/4/15-2017/4/23)

bgj-170415-sue
弊社の新しい教育事業である英会話教室のSTART-UP ENGLISHの背景ジャックです。「仕事の幅を広げるために英語を学ぶような、意識が高い人をターゲットにしてみよう!」と言われ、クリーンで上向きなデザインを目指しました。

シンプルながら、テキストあたりのデザインを丁寧に時間をかけました。あえてわかりやすい英語をキャッチコピーにすることで、「英語に興味はあるけど、なかなかとっつきにくい」という人の目に止まらないかなあと考えました。

デジタルハリウッドSTUDIO上野 by LIG(2017/5/1-2017/5/7)

bgj-170501-dh
デジハリのGWの背景ジャックです。

上述の「春はあけぼの」と同じようなもじりですが、屋根より高いコイノボリとココロザシとで、季節感に合わせてうまいこともじれたかなと思っております。

撮影ではモデルのよーこさんに短い棒を持ってもらい、両手をあげてひたすらにジャンプしていただきました。

EPISODE(2017/5/15-2017/5/21)

bgj-170515-ticketzone
関西に新しくできたシェアオフィスのEPISODEさんの背景ジャックです。遷移先が、ライターの紳さんの実際にシェアオフィスに訪問してきた記事で、記事の中で謎な妖怪が登場してきたので、そのまま背景ジャックにもボタン付近にでてきてもらっています。

これがまためちゃくちゃおしゃれなシェアオフィスなんですよね……! ぜひ内装を見ていただきたくて、目一杯大きく表示しました。自分は現地に行けなかったので、横長な背景ジャック用に、内装がきれいに見えるような構図で撮影していただくのがポイントでした。

ギルド開発(2017/5/29-2017/6/4)

bgj-170529-guild
LIGセブ支社・ギルド開発の背景ジャック第2弾です。

今回は、より切羽詰まっている等身大の勇者に、見覚えがあるようなコマンド画面を出すことでターゲット世代の目に止まるだろうと想定しました。

RPGをやっていると、勇者たちって本当によく働くなあと思いますね。それぞれの個性を活かしたパーティで戦うことの大事さ、幼い頃にゲームで学んでるわけです。「この環境に共感を覚えるなら、ギルド開発がぴったりかも」と訴求したデザインです。

デジタルハリウッドSTUDIO 上野 by LIG(2017/6/19-2017/6/25)

bgj-170619-dh
デジハリに新しくネット動画クリエイターコースができるとのことで、今までのデジハリの基本のデザインを活かしたまま、要素を変えてデザインし直しました。

デジハリではオレンジとピンクのグラデーションをキーカラーにしており、開校当初からある「Webデザイナーコース」では同色のグラデーションを多用していたので、新しい「ネット動画クリエイターコース」ではグリーンとイエローでグラデーションにしてみました(ちなみに、もうひとつのコースの「Webプログラミングコース」は青系統のグラデーション)。きれいな色合いが得意な後輩デザイナーちゃんに配色をお願いしました。

モデルの周りに散らばっている三角のシェイプは、動画の再生マークの三角形をイメージしていて、それをよりシャープでクリーンに表現しました。アーティストの「Perfume」のアートワークのように、ネット動画の可能性を近未来的な印象で受け取ってもらえたらという意図があります。

START-UP ENGLISH(2017/7/10-2017/7/16)

bgj-170710-sue
前回のSTART-UP ENGLISHの背景ジャックではまだ英会話の先生が日本に到着していなかったのですが、ついにフィリピンから先生が到着したので、実際に出演していただきました!

3人の女性がフィリピンからやってきた! ということで、某エンジェルをオマージュしたデザインです。「リグズエンジョル」という文言が決まる前は、営業担当のジョニーさんからもじって「ジョニーズエンジェル」という案もあったのですが、「『ジョニーズエンジェル』って冷静に考えてなんかやばいよね」となり、リグズエンジェルに落ち着きました。

突然見覚えのない外国人女性がバーンとでてきたら、LIGのサービスって伝わらないかもしれない……ということで、LIGブログで顔の知られているジョニーさんにも出演していただいています。

そういえばフィリピンの女性は、かなりカメラ慣れしている印象があります。カメラを見せると、本当にポージングや表情がばっちり決まって、絵になりますね!

いいオフィス上野(2017/7/31-2017/8/6)

bgj-170731-iioffice
こちらは「来るなよ!絶対来るなよ!「いいオフィス上野」に来ちゃいけない10の理由」という、いいオフィスの記事に遷移する背景ジャックです。以前から画面を突き破って飛び出しているような表現がずっとしてみたくて、いいお題をいただいたので挑戦してみました。

手形をおけばホラーっぽく見えるだろうと思ってやってみたら、ちょうど10の理由というワードに合わせて指を10本出しているみたいになりました。まぐれですが、さも意味があるようにモチーフが置けてしてやったりって感じです。

記事内の写真撮影も担当して10の理由分のカットを撮ったのですが、「どれも構図がきれいだね!」と先輩に褒めてもらえてうれしかったです!

どこでもオフィス in 大分(2017/8/7-2017/8/13)

bgj-170807-dokodemooffice
定期的に開催しているLIGの「どこでもオフィス」という、地方創生事業の一環のプロジェクトの背景ジャックです。

「どこでもオフィス」とは、日本各地のリモートワークができる環境(コワーキングスペースなど)のところで、地方の環境を楽しみつつLIGの社員とお仕事をしようというものです。

開催地が大分で、仕事をするだけはなくいろいろなところへ訪問するとのことだったので、その多色さを写真の多さで見せつつ、水彩画のようなテクスチャや手書き風のフォントを使用して、あたたかみのある表現にしました。

ギルド開発(2017/9/4-2017/9/10)

bgj-170904-guild
ギルド開発の背景ジャック第3弾です。前回までの「RPGのギルド」のコンセプトは一度ひいて、「LIGのオフショア」ということで打ち出しました。選ばれがちなあのドリンクのオマージュです。あのドリンクが、ついついいろんな人に選ばれてしまうように、「やっぱり頼むならLIGのオフショアだよね」と訴求しました。

まあせいとさん以外の他の3人はエンジニアじゃないんですけどね……選ぶしかないってことですね。ラッパーのべべさんの顔が最高に素敵でお気に入りです。

Web制作無料相談会(2017/9/11-2017/9/15)

bgj-170911-lig
前回の春のWeb制作無料相談会の背景ジャックでは、お酒を片手に江戸っ子が飲み歩いていましたが、今回は爽やかクール系のデザインです。今回も遷移先の記事が先にコンセプトが立っていたので、そちらに合わせたデザインになっています。

今回の主催であるディレクターのZIMAさんは、スケボーの先生をするほどのすごい人。せっかくだからそのかっこよさを活かしたコンセプトに、とスポーツ系のスタイリッシュなデザインを参考に制作しました。

「写真何枚かそれっぽくとってくるから、かっこよくして!」と、かなり自由度の高い依頼でしたが、カメラマンがモデルのZIMAさんをかっこよく撮影してくれたので、ちゃんと仕上げられたかなと思います。個人的につくってみておもしろかったなと思うのは、わざとモデルの後ろに影を置いて、立体的な表現を試してみたところです。

前回も今回も、LIGの社員のそれぞれの個性を活かしていて、企画をしているディレクターさんたちは本当よく周りをみてらっしゃるなあと感じます。

AiD Generator(2017/10/16-2017/10/22)

bgj-171016-bind
Webサイトを使用する用途やイメージを答えるだけで、自動でWebサイトを生成するという画期的なサービス「AiD Generator」の背景ジャックです。

「好きな味付けや素材などを注文すれば、あとは料理が出てくるのを待つだけ」というコンセプトのもと制作しました。AIっぽさを出すために、人をメカっぽく加工しています。わたくし、LIGに入ってから何人もロボットにしてきましたが、もう人をメカ化するのなんて慣れたものです。また別で記事にしたいなと思っています。

実は実際に撮影した写真では背景にいろいろと写り込んでいたのですが、Photoshopのパワーで抹消しました。いろいろ消えてます。シンメトリーな構図は目の動線を止めがちで動きがなくなるのでなかなか難しいのですが、こちらのデザインはキャッチコピーに動きをつけることで、止まってる感じを軽減しようという意図があります。

あとは「ごちうさ」っぽくならないように気をつけました。今回はオマージュでもなんでもないんですよ!

後編のまとめ

長々と前後編に分けて自分の制作した背景ジャックを紹介してきましたが、いかがでしたか?

実は最後に紹介している2017年10月以降、しばらく受託のWebサイトデザインのほうに従事していたのですが、また今年の6月あたりからLIGブログの自社デザインを担当することになりました。自社に限らず、受託でもグラフィックデザイン領域のことを部分的に依頼されることがあり、自分の得意な領域を確立することができて本当に光栄だなあと感じております。

自分にできることを伸ばしていきながら、自分が作っていて「たのしい」ものを、誰かにも「たのしそう」って思ってもらえたら最高だなあ……。そう考えながら、今日もPhotoshopと遊びます。

そうすれば、みんなハッピー。
Life is Good!