#71
LIGプレス

たくさんのメッセージを込めました。リニューアルした「LIG 」新ロゴのデザインプロセス

トミー


たくさんのメッセージを込めました。リニューアルした「LIG 」新ロゴのデザインプロセス

こんにちは、デザイナーのトミーです。

先日、こちらの記事(↓)でもお伝えしたとおり、LIGのロゴが新しくなりました。

僕は今回、制作メンバーのひとりとして、デザインを担当させていただきました。

普段、仕事で他企業様のコーポレートロゴやサービスロゴなども制作しているのですが、自社のロゴ制作は初めての経験。悪戦苦闘しながらも、無事リニューアルができたことに、今、とても嬉しく感じています。

今回、あらためてそのプロセスを振り返って記事にまとめてみました。

 

▼目次

これまでのロゴの変遷

まず、最初にこれまでのLIGロゴの変遷を見てみましょう。

ver.0

v0

※10年前のデータなので、小さくてゴメンなさい。

だいぶ今のLIGとイメージが違いますね。一瞬、インベーダーっぽいって思ってしまいました。

ver.1

v1

このロゴから、LIGを知った方も多いのではないでしょうか。

ver.2

v2

Life is Good トリ。

ver.3

v3

リニューアル直前のロゴで、みなさんも愛着があるのではないでしょうか。

 

 

今回のリニューアルにあたり、あらためて会社の沿革を見てみましたが、
2012年9月の出来事「社長が砂浜に埋められる」、今見ても衝撃的ですね。僕もこの記事でLIGを知ったわけですが、ブログとのイメージと違い、FWA(The FWA – Awards)のFWA OF THE DAY受賞していたり、なんだか面白そうだなと思っていました。

砂浜に埋められる意味は未だに理解できませんが、笑えます。

1.調査

まず、LIGの企業イメージ調査を制作メンバーで行いました。社内・社外からアンケートを募ったわけです。

出てきたのは、「いろんなことをしている」「意外と真面目」「自由」「楽しい」「個人商店の集まり」などなど……

以上のアンケート結果から、重複する共通の部分を抜き出していきました
事業部が増え続けるなかで、目指すべき方向や、メンバーの想いもさまざまであったり、なかには辛辣なコメントもあったりしたのが、実際のところ。個々のパーソナリティの違いを改めて感じました。

LIGを辞めたあとも活躍しているメンバーを多く目にすることもあり、LIGとは、ベンチャーであったり、個人商店の集まりであったり、そんな場所なのかもしれないな、と思うようになりました。

2.分析

調査結果から、社内・社外ともに「LIG のブランドイメージ(企業の現状)」は「楽しい(楽しそうな)企業」であるという部分を抜き出しました。

また、「挑戦的(面白いこと・尖ったことをする)な姿勢」が、「LIG=楽しい(楽しそうな)企業」といイメージをつくり、「会社の目指すべき方向性が不明確」というネガ印象も、社外から見ると「事業に多様性がある」に変わるのだということが分かりました。

これらの分析からLIGのブランドイメージを体現するVI(ビジュアル・アイデンティティ)を作るため、制作メンバーと一緒に基本となるロゴの方向性を立てました。

3.新ロゴデザイン・コンセプト設計・選定

もりた・藤田・トミーの制作メンバー各自が、ロゴデザイン・コンセプト設計案を持ち寄り、テーブルプレゼンで新ロゴを選定しました。

4.新ロゴ設計

そうしてできあがったロゴがこちら。

new-logo

RGBの#200706は、創業年を表しているという「遊び」が隠されているので、カラーのブラックは継承しました。

grid

ロゴのグリッドは、上記のようなルールで制作しました。「L」に対して「G」が少しだけ大きく、「I」を基準にセンタリングさせていないことで、「引っかかりと、Gに重心が寄らない」よう設計しました。

 

また、今回のロゴには、下記の3つのメッセージを込めました。

  • BE STRONG
  • BE GROWN
  • BE HAPPY

それぞれのメッセージについて説明していきます。

new-logo1

川の流れで研ぎ澄まされた石(前ロゴのコンセプト「削られ、磨かれ、形成される石」より)が集まり、凝固され岩となった「力強さ」を表しています。

new-logo2

「I」を、仮想bodyより短くしているのは、現状に満足せずに自己を成長させる「常に成長を模索し飛躍する社員ひとりひとり」を表しています。

new-logo3

ロゴを俯瞰して見ると、ロゴ全体で「笑顔」に見えるような形状になっています。これは、「わくわくをつくり、みんなを笑顔にする」ことを表しています。

おわりに

最後は、このロゴを社内で発表したときのスライドの最後に載せたメッセージで、締めたいと思います。

new-logo4

「事業規模は大きくなってきたけど、これまで積み上げてきたメンバーあっての今だから、主体性、大事。」ってメッセージだったのですが、これは若干滑ってました。

普段の制作でもサイトや企業ロゴを作ることはありますが、今回のロゴリニューアルに関わったことで、これまで以上にロゴの影響力や存在意義を体感できました。今後の活動をしていく上でも、貴重な経験になったと思います。

新ロゴは、

「力強さ」
「常に成長を模索し飛躍する社員ひとり一人」
「わくわくをつくり、みんなを笑顔にする」

を表し、「会社組織としての LIG 」ではなく Life is Good を体現する「 LIG 」というカルチャーを示しています。

さまざまな事業、ライフがある中で、中からも外からもLIGをイメージできるシンボルに育ってくれるといいなと思ってます。

 

「新しいロゴをよろしくお願いします」

 

それでは、また/”

 

 

次回、10月17日(火)に、ディレクターのちゃんれみが、ディレクター目線からロゴリニューアルについて振り返った記事をリリース予定! 乞うご期待!

トミー
この記事を書いた人
トミー

デザイナー

おすすめ記事

Recommended by