上司の家にある冷蔵庫の残り物で料理をしようとした結果……

菊池良


上司の家にある冷蔵庫の残り物で料理をしようとした結果……

こんにちは、ライターの菊池(@kossetsu)です。

kikuchi_ico 人物紹介:菊池良
株式会社LIGに所属するライター。ブログ記事の企画・執筆を担当している。

 

kikuchitosomehiko-1

今、上司の寺倉そめひこの家に無断で侵入しています

some_ico 人物紹介:寺倉そめひこ
立命館大学を卒業後、経営コンサルティングファーム、広告代理店などを経て現職。入社1ヶ月半でマネージャーに就任、その後は新規事業の立ち上げや人事採用など幅広くおこなう。独身クソ野郎。

上司といえば、自分より給料をもらっている存在。その分、良いものを食べているはずです。

 

kikuchitosomehiko-3

そこで今回は上司の家にある冷蔵庫のもので料理をしたいと思います。普段より良い食材で美味しいものが食べられるのでは?

 

kikuchitosomehiko-4

さぁ、それでは行きましょう……ん?

 

kikuchitosomehiko-5

……。

 

kikuchitosomehiko-6

……ワンカップがありました。独り身っぽい感じが出ていますね。

 

kikuchitosomehiko-10

冷凍うどん。これも独身っぽい感じ。

 

kikuchitosomehiko-9

なぜか200円が入っていました。お金は嬉しいけど、求めているものではありません。

 

kikuchitosomehiko-7

豆板醤。

 

kikuchitosomehiko-8

賞味期限が切れていました。

 

kikuchitosomehiko-11

これじゃ料理できません……まさか自分より給料をもらっている存在がこんな食生活をしているなんて……。

 

そうだ。

 

 

kikuchitosomehiko-12_c

 

kikuchitosomehiko-13

 

kikuchitosomehiko-14

 

kikuchitosomehiko-15

 

kikuchitosomehiko-16_c

 

kikuchitosomehiko-21_m_c

 

kikuchitosomehiko-20

着きました。そめひこの実家です。

母親に息子の悲しい現状を報告しよう

kikuchitosomehiko-33

息子が物悲しい食生活を送っていることをお母さんにチクりました報告しました。

お母さんは悲しそうな顔をして、息子の愚痴を話してくれました。

  • ぜんぜん実家に帰ってこない。
  • LINEを既読スルーされている。
  • Facebookでしか近況がわからない。

そめひこ、親は大事にしろよな!

女性関係の話もちょっと聞いたのですが、なんか引きました。

 

kikuchitosomehiko-22

家の中も見せてもらいました。おもしろ半分で来たからには物色させてもらいます。

 

kikuchitosomehiko-23

壁にセーラームーンのシールが……。好きだったんでしょうか。

 

kikuchitosomehiko-24

本棚。意外と読書家です。

 

kikuchitosomehiko-25

起業の本。起業していませんけどね。

 

kikuchitosomehiko-26

なんかお金のことが書いてそうな本。あと少しで20代終わりますけどね。

 

kikuchitosomehiko-27

恋愛と結婚について書いてそうな本。結婚してないですけどね。

 

kikuchitosomehiko-28

いろんな写真も残されてました。野球部時代と顔、違いすぎ。

 

kikuchitosomehiko-29

なぜかスケッチブックに「俺はできる」と書かれていました。

 

kikuchitosomehiko-18_b

家の周りを散歩。自然がいっぱいの場所でした。

 

kikuchitosomehiko-19_b

お母さんによると、そめひこはこの場所を「たそがれ」と名づけて、よく物思いに耽っていたそうです。

 

 

kikuchitosomehiko-30

可哀想なそめひこに、お母さんが弁当を作ってくれました。

 

kikuchitosomehiko-31

美味しそう! 野菜がゼロなのは、そめひこが野菜嫌いだからです。

 

kikuchitosomehiko-32

直筆の手紙も書いてくれました。

 

kikuchitosomehiko-34

この弁当をそめひこに渡しますか。

悲しいそめひこに手料理を渡そう

kikuchitosomehiko-35

戻ってきました。会社の会議室を使って、弁当の受け渡しをします。

 

kikuchitosomehiko-36

何も知らずにそめひこがやってきました。

 

kikuchitosomehiko-37

まずは事情説明。そめひこの家に侵入したことを報告。冷蔵庫の中身がヒドかったこと。そのせいで料理ができなかったこと。

 

kikuchitosomehiko-38

そして、そこから実家に行ったことを話しだすと、「えっ……?」と表情が変わるそめひこ。

 

kikuchitosomehiko-39

「そめひこのために手料理を作ってくれました」と、お母さんが作った弁当を取り出します。

 

kikuchitosomehiko-40

驚きのあまり、笑い続けてました。

 

kikuchitosomehiko-41

落ち着いてから、弁当を開封。

 

kikuchitosomehiko-42

「これ、昔よく作ってもらっていた弁当」

 

kikuchitosomehiko-43

照れ笑いしながら食べるそめひこ。

 

kikuchitosomehiko-45

(普通に美味しかったです)

 

kikuchitosomehiko-47

直筆の手紙があると伝えると、また笑い出しました。

 

kikuchitosomehiko-48

せっかくなので読み上げます。

 

kikuchitosomehiko-50

そめひこへ

京都は随分寒くなってきました。
歳をとったせいか、年々寒さがこたえてきます。
東京はどうですか?

そめひこが東京に行った頃の事を、いまでも時々思い出します。
大好きだったLigの話を目を輝かせて、嬉しそうにしてくれていましたね。

ある日、仕事終わりにスマホを見ると「3月2日から東京の人になります」とラインが入っていました。
私はそのスマホを胸に押しあてて、心からよかったと思ったものです

東京に着いてすぐに電話をかけてきてくれましたね。
建設途中のスカイツリーの写真も送ってくれました。
心配しているかと思い、私を気遣って電話をくれた事もありましたね。

あれから2年と9ヵ月、早いものですね、
ブログやFacebookでそめひこの姿を見ては、よし私も頑張ろうと励まされています。

 

kikuchitosomehiko-49

照れながら聞いていました。

 

kikuchitosomehiko-51

けっこう長文だったので、じっくり読むそめひこ。

これで渡さなきゃいけないものはすべて……ではありません。

 

 

kikuchitosomehiko-54

「じつはもう一つ渡すものがあって……」

 

kikuchitosomehiko-52

「なに……?」

 

kikuchitosomehiko-55

「京都までの往復のチケットの領収書です。払ってください」

 

kikuchitosomehiko-59

「2万6000円……マジで? え……これ払ったら実家に帰れなくなるんだけど……」

 

kikuchitosomehiko-57

「そんなことは関係ないです。手料理のデリバリー代です。払ってください」

まとめ

kikuchitosomehiko-58

可哀想なそめひこ、手料理が食べられてよかったね。「今、現金がない」と言い逃れしたけれど、チケット代はマジで払ってください。

(*現在、取り立て中です。そめひこを見かけた方は「金払った?」と声がけお願いします)

 

 

菊池良
この記事を書いた人
菊池良

メディアクリエイター

関連記事