地味で固いイメージの検証会社こそ、イノベーションの宝庫 | 株式会社ウェブレッジ

まゆこ


地味で固いイメージの検証会社こそ、イノベーションの宝庫 | 株式会社ウェブレッジ

“バグを憎んで人を憎まず”という言葉をご存知でしょうか。バグを生んだ“人”を憎むのではなく、“バグ”そのものを悪と捉えることで、その原因を究明し、再発防止に専念することを提示する、システムエンジニアの格言の1つです。

人の手が関わっている以上、バグとは縁を切ることはできないでしょう。そんな中、Webサービスに関する第三者品質検証・測定事業を中心に事業を展開する企業が、株式会社ウェブレッジです。

しかし、Web業界において認知度が低い“品質検証”という領域で、ウェブレッジはどのように事業を拡大していくのでしょうか。同社の取締役であり第2検証部の事業部長を務める尾舘氏と、新規事業戦略室でグループ長を務める渡辺氏にお話を伺いしました。

7d5afb91308299a4609bc485f812c8eb 人物紹介:尾舘 誠一朗氏
取締役・第2検証事業部の事業部長。1978年生まれ。株式会社ウェブレッジには2009年9月入社。品質検証部門のグループ長としてテストチームのマネージメント、品質コンサルタントとしてWeb制作会社様やコンテンツプロバイダ様などお客様先での品質向上/改善に向け施策提案を元に品質体制の構築や効率化の為のツール導入を行う。現在はお客様先常駐での品質向上を目的とした検証事業部の事業部長に就任。
1027a5b4eb0ee36cb17b913e3ff061f1 人物紹介:渡辺 誠一郎氏
新規事業戦略室・室長。デザイン事務所やコンテンツプロバイダー、Web・アプリ制作会社などを経て、株式会社ウェブレッジに新規事業担当として入社。これまでに、さまざまなプラットフォーム(Web、iOS、Android、Windows)で受託開発、自社サービス両方の開発・運営を経験。現在は、視線・表情解析を活用した“次世代型テストツール”『FACT4』などの新規事業を担当。

検証の会社なのにベンチャー、抜くとこは抜いて締めるとこは締める

402d3dcd9ad5b4c990f3e4ef8ad2a7f31

ウェブレッジの事業の中核となる“検証”。Webサイトやアプリの構成や動作、ユーザビリティをディベロッパーとユーザーの両視点から確認する重要な工程のサービスですが、そのイメージは“地味”、“固い”などになりがちです。どうして尾舘氏と渡辺氏はこの業界に飛び込んだのでしょうか。

尾舘
私、2000年からずっと品質管理の業界で仕事をしてきてるんですが、当時組み込みと呼ばれている業種の中でフィーチャーフォーンを中心としたモバイルをずっとやってきたんです。

モバイルの検証をしている過程で、Webがどんどん出てきて。Webっておもしろいなと思っていたところにウェブレッジという会社と出会い、入社したっていう流れです。

渡辺
前職では、受託開発、自社サービス両方の企画・開発・運営に携わってきたんですけど、検証工程をウェブレッジにお願いしていました。

機能・性能品質に関わるバグや不具合の検証だけではなく、ユーザビリティ(利用品質)の評価についても相談していて。当時、私が感じていた課題と同じ内容をウェブレッジが取り組んでいることを知って、ウェブレッジとだったら一緒にできそうだなということで「じゃあ、一緒にやりましょう」と。

叩き上げの尾舘氏と半年前にジョインしたばかりの渡辺氏。業界に対するお二人の感想からは、ベンチャーでありながら品質管理を担うウェブレッジという企業の特色が垣間見えます。

渡辺
いい意味のギャップがありました。検証というキーワードだと堅苦しいイメージがあったんですけど、堅苦しい社風ではなくて、風通しがよくて。もちろんスタッフ同士もそうですし、役員のような上層部との距離感もそれほど遠くないですし。

そこら辺は非常にベンチャーらしいというか、スタッフの意見が役員に届きやすい印象を受けました。

尾舘
正直な話をしちゃうと、固くなりました(笑)逆のこと言っちゃうんですけど。やっぱり、私が入社したときは10名かそこらの会社で、抜けてるところも多々ありつつ、いろんな意味でゆるかったんですけど、もう140名を超えているので。

ベンチャーらしさを残しつつ、“組織”といえる組み立てもできていますね。品質管理会社だからこそ、メールやドキュメント、資料など間違っちゃいけない。抜くところは抜いて、締めるところは締める、いい雰囲気になっています。

ゼロイチで測れないものを、客観的かつ公平に評価できる仕組みでイノベーションをもたらす

a325ec52c7fa77a38057379c71e7aef3

検証という分野は業務が限定されており、あまり大きな技術革新が起きにくいイメージがあります。そんな業界にあって、ウェブレッジは次世代の検証を生み出そうとしていました。

渡辺
次の課題である新たなステージに向けて、新規事業として取り組んでいることは、“品質”というキーワードの軸はブラさないようにして、システムの不具合を検証するだけでなく、ユーザーの使い勝手や満足度など、サービス自体の品質を第三者視点で客観性が高く定量的に評価することです。

最近では、どの企業もWebサイトやアプリ、ブログなど、何かしらのサービスを活用しているし、提供していますよね。数年前は「とりあえず、つくっとけ」だったけれど、今は「システムは正常に動いて当たり前」。開発者目線の機能テストだけでは見落とされがちなユーザビリティ上の不具合を改善することが非常に重要視されていて。現在は、ユーザーの満足度を、客観的かつ定量的に評価するには「どのようにしたらいいんだろう」っていうのを追求しています。

それに、ユーザビリティ評価を実施する場合、アイトラッキングの機材を付けて視線とか、ヒートマップを使ってユーザーの動向を分析しようとすると導入コストが非常にかかるし、テストが終わるまで時間もかかる。そのため、安価でスピーディにユーザビリティ評価を実施できるように開発中です。

もう少し具体的に話すと、手元にあるスマートフォン、これを使えば導入コストかからないですよね。手元にあるスマートフォンのカメラで人の目の動きであったりとか顔の表情を分析して感情を数値化しようとしてます。

このような発想に至る経緯には、クリエイティブへの想い入れがあるそうです。

渡辺
サービスに対する、「使い勝手や満足度」とか、いわゆるゼロイチで評価できないものをどうやって評価するのかっていうのは、ずっとテーマだと私は思ってます。

「感情(こころ)を数値化することは、いいことなのか」っていう考えはあります。でも、大勢の人たちを表出するさまざまな感情データによって、今まで取得できなかった指標(潜在意識=無意識)を組合せてサービスを評価することができれば、クリエイターに対して、より適性な評価をしてあげられるんです。

いち個人で蓄積できるナレッジって、たかが知れている。どうすればナレッジを属人化させずに済むか

検証事業で定評のあるウェブレッジ。これまでたくさんのノウハウを蓄積してきた同社だからこそ、それをWebサイトやアプリケーション制作の現場に還元したいと言います。

渡辺
受託開発のさまざまなジャンル、さまざまなプラットフォームやアプリケーションの検証をやってきました。一番悩んでいたのは、自社サービスに関しても言えることなんですけど、特に受託については個人レベルではパターン化ができないので、不具合やバグのナレッジの蓄積や再利用をすることが難しいということ。

不具合が少ないときは、たまたま運がいいだけであって、どれだけ事前にリスクヘッジしても新技術が出てきたら、また不具合が出る可能性が高くなります。どうすればナレッジを属人化させずに済むのか考えると、やはり、不具合の原因となりえるナレッジをデータベース化する必要があると前々からずっと思っていて。

「世の中の不具合情報は、たぶん、どこのWebサイト・アプリ制作会社と比較しても弊社が最も多いと思います」と話を続ける渡辺氏。その根拠はどこにあるのでしょうか。

渡辺
自分でどれだけ経験しても、いち個人で蓄積できるナレッジ量ってたかが知れてるでしょう。一方で、検証会社っていうのは、さまざまなジャンル、プラットフォームのサービスをチェックしてるので、不具合発見から改善情報までのトレーサビリティの宝庫なわけです。

また尾舘氏は、常駐という業務形態ゆえの他社を巻き込んだナレッジの共有を目指していると言います。

尾舘
うちのチームはお客様先に常駐して、品質管理を行うっていう事業内容なんですね。ただし、お客様先で言われたことだけをするんじゃなくて、品質管理をやる。つまり、こちらから「こういうふうにしたほうがいいですよ」とか、お客様先に品質がよくなる提案をする意識をメンバーには持ってほしいっていうのが、テーマです。

もう1つは、お客様先の近くにいるというところで、素早くニーズをキャッチできる。お客様の想うニーズに貢献していくのと、やっぱり、今話題だったり勢いある企業様とかに常駐してるメンバーが何人もいて。

そのような企業様って、やっぱり新しいツールを使ったり、新しい手法を使ったりということに取り組んでいたりするので、現場メンバーが新しいツールや手法を覚え共有できたらなということを目標に掲げています。もちろん企業様にご理解いただいたうえで、守秘義務に違反しないようにですね。

イノベーティブな新規事業に必要なのは、問題解決能力よりも問題発見能力

91435b06b2975c62cb5233e8640689cd

検証会社でありながらベンチャーであるウェブレッジ。どうやってその社内文化を維持・発展させているのでしょうか。

渡辺
現在、弊社では新卒を含めた全社員で新規事業案のアイデアを持ち寄る取り組みを行っています。

ただ企画案を募集するだけではなく、事業計画まで落とし込んで、チーム制でプレゼンをして、その中から事業化するという仕組みを構築中です。そういうベンチャーっぽさは、やっぱりこの会社のいいところかもしれないですね。

このようなウェブレッジの気風は、代表取締役の佐藤保氏によるところも大きいそうです。そのお人柄について伺いました。

渡辺
懐が結構大きいというか、プロセスももちろん重要視するんですけども、結果さえちゃんと出してくれればプロセスについて細かいことはあまりとやかくは言わない。もちろん、やばいと思ったらちゃんと言ってくれるんですけど、そこは信じて見守ってくれるので。

もし自分が社長だとすると、心配になってちょこちょこ言いたいと思うんです。

尾舘
社長はやはり頭がいいですよね。頭の回転が速い。会議などで突っ込まれて、回答をいくつか用意してるけど「こう言われたら、こう言う」っていうところの上を行ってて。やっぱ納得することを言ってくれるので「確かにそうだな」ということとか、自分では閃かないアドバイスをいただけて助けてもらっています。

あと、社長は朝早いですね。社員よりも早く来て、社員の動向とか、きちんとメールなんかもチェックしているので、心地よい緊張感が生まれていいですね。

2009年の創業以来検証を専門にしながら、イノベーティブな新規事業にも積極的に取り組むウェブレッジ。現在はエンジニアの採用に注力しているそうですが、どのような人材が必要とされているのか、伺いました。

尾舘
検証って、経験も必要なんですけど、“気づく”ってことだと思います。気づきって鍛えられる部分と、センスの部分があるので、いろんなことに気づく力を持った人ですね。例えば、工事現場を1週間後に見たら3階建てになっていたとか、そういう気づきでもいいんですよ。「今日、髪の毛切ったよね」とか。

あとは、全部が10できる人材がいたら、それはそれで最高ですが、全部が全部5できるより、何か1つ8、9の能力を持っている人のほうが、今はまだいいですね。

渡辺
問題解決力も重要ですが、もっと必要だなと思うのが問題発見力。問題がどこにあるのかっていうことがわからなければ、解決策を考える以前に“問題”そのもののとらえ方が間違ってた場合、解決したと思っても何も変わらないものが多いので。

特に新規事業の場合は、問題がどこにあるのかと気づくことのほうがむずかしいです。でも、本当の問題を捉えることができれば、問題解決のために今後取り組むべき課題を設定できます。

インタビュー中、スマホでユーザーの行動を検証するという新規事業のシステムを拝見させていただくと、インカメラが目と鼻と口の場所を検出し、その評定の変化を検出していました。

実際には4人の女性の画像が表示されて、どの女性を見ているのか、その結果どのような感情になったのかを判定され、体験するとなると恥ずかしい気持ちになりますが、これが次世代のスタンダードになっていくであろうことを身にしみて感じました。

このようなイノベーションは、風通しがよく、問題発見と問題解決に優れたウェブレッジならではでしょう。実際にWebサイトやアプリケーションの改善に活かされる日を楽しみに待っています。


furture_bnr

まゆこ
この記事を書いた人
まゆこ

エディター

おすすめ記事

Recommended by