光×影のアーティスト「ひょうたんランプ作家」を訪ねて長野県の山奥にいってきました。

のっち


光×影のアーティスト「ひょうたんランプ作家」を訪ねて長野県の山奥にいってきました。

こんにちは♩ 長野チームののっち(@nocci_84)です♩

突然ですが、みなさんは長野県が「ものづくりが盛んな県」であることをご存知でしょうか?

アートの街・松本の「クラフトフェアまつもと」をはじめ、善光寺の「びんずる市」など、毎月のようにクラフトフェアやものづくり市が開催されています。

作家さんとも気軽に交流できる形式のイベントが多いので、商品を購入するだけではなく、その作品やそのひと自身のルーツを知ることもできるのが魅力です。

そんな中で、一度見ると忘れられない、美しいアート作品を作り続けているアーティストさんにお会いする機会をいただきました。

それがこちら。

 

28

どうでしょうか? この圧倒的な美しさ。

これは「ひょうたんランプアート」と言って、ひょうたんに小さな無数の穴を開け、影に落ちる光の美しさを楽しむアート作品です。
1

初めて見たとき、あまりの模様の細かさに「これ本当に手作業でつくってるの!?」とおどろきました。幻想的な光と影の生み出す世界観に、思わず時間を忘れ、うっとりしてしまいます……。

今回はそんなひょうたんランプの世界に魅了され、7年前からアーティスト活動をはじめた北島拓弥さん(通称タクさん)を訪ねてみました。

美しい作品ができあがっていく工程をお楽しみください♩

icon 人物紹介:北島拓弥(タクさん)
長野県在住。ひょうたんランプの放つ光の世界に魅了され、2009年より作家活動をスタート。宇宙・地球・四季・和・安らぎ・癒しなどをテーマに生み出される作品は、どれも夢のような美しさ。最近では「ゲストハウスLAMP」にて、ひょうたんランプ×ミュージシャンLIVEの空間演出なども手掛けています。
https://www.facebook.com/takuyakitajima/

さっそく訪ねてみました♩

タクさんの住む、人里離れた山奥へ

駅からタクシーで走ること約40分。長野の山奥までやってきました。

2

写真では伝わりづらいですが、道の横からひょっこりトトロが出てきそうなくらい森の中です。「自然と共存」という言葉がよく似合います。

あまりのひと気の無さに不安に駆られてフラフラしていると、近くの庭先からタクさんがお迎えにきてくれました。
5

こちらが北島拓弥さん、通称「タクさん」。ひとに出逢えたことに思わずホッとしたのですが、あとでおうかがいしたところ、半径1km以内には誰も住んでいないそう。誰にも邪魔されず作品に打ち込める環境なんだとか。細かいアートをつくる作業は集中力との勝負なので、騒音のない環境は最高ですね。

ひょうたんランプづくり、スタート

まずは庭先へ向かいます。

6

はじのほうへ置かれた、大きなローリータンクに向かっていくタクさん。この中に1ヶ月前収穫したひょうたんが入っているそう。1ヶ月放置されたひょうたん……どんな状態になっているのだろうと、おそるおそる近づくと「ものすごいくさいから気をつけて」とタクさん。心の準備ができたところで蓋を開けていただくと……
 

7

おおおおおおうぅう……ものすっごくくさい!! どんなにおいか表現するのがむずかしいのですが、鼻にツーンとくるような、けっこうな硫黄臭です!

ゴロゴロと浮いたひょうたん(らしきもの)たち。なぜ水に浮かべておくのか聞いてみると「ひょうたんランプを作る際、中を空っぽにする必要があります。こうしてしばらく放置することで、中に入っている種や実を溶かして、取り出しやすくするんですよ」とのこと。

これだけ放置してしまったら、外側の柄を描いていく部分にも影響がでないのかな……と心配になったのですが「外側は意外と堅くて丈夫だから、この状態でも腐ることは少ない」んだそうです。
 
9

タンクの横には手作りのひょうたん棚がありました。おうかがいした時期はもう栽培が終わってしまっていたのでありませんでしたが、作品づくりに使うひょうたんはすべてここで栽培しているんだとか。
 

11

棚の下にひとつだけ、今年の夏に育てたひょうたんが落ちていました。こんな風に傷みすぎてしまったり小さすぎたりすると、作品として使えなくなってしまうため、慎重に栽培しなければなりません。毎年品種を変えたり、水の量を変えてみたりと試行錯誤を繰り返しながら、より良いひょうたんが育つようにチャレンジを続けています。
 

8

汚れた水を抜いて出てきたひょうたんがコチラ! 中に溶け出した種がいっぱい詰まっています。この状態から、どのようにあの美しい姿に変わっていくのでしょうか。ワクワクです!
 

10

少し距離を取って、強力なシャワーで綺麗に洗っていきます。どんどん見たことがある色になってきました! ここまでの作業で20分ほど。汚れがだいたい取れたら、スポンジなどで優しく擦り、薄い表皮を取り除いていきます。ひょうたんの量が多いときは、この作業に丸1日はかかるそう。この辺りの地域も冬は零下になるそうなので、冬の作業を想像しただけでブルブルしてきます……。
 

12

綺麗になったら、水を新しくかえて再度タンクの中に沈めていきます。穴の中にもたっぷり水を入れないと浮いてきてしまうので、一つひとつ丁寧に水を入れていきます。においがまだ取れないので、この状態でまた1週間ほど置いて、天日干しすると……
 

30

ツルッと綺麗な土台のできあがり! 長い道のりでした……。やっとここから「柄付け」が始まります。

模様を刻み込みます

26

ここがタクさんの作業スペース。部屋の周りにもギッシリと彫りかけの作品や、ニッコリ笑顔の模様が描かれた、奥さんオリジナルのひょうたんランプなどが置いてありました。ここだけ時間が止まっているような、不思議と落ち着くスペースです。
 

31

天井にはこんなものも! ひょうたんで作られた「スピーカー」がありました。もちろんタクさんのオリジナル作品です。実際に音を聴かせていただきましたが、中の空洞部分で音が響き合っていて、すごく心地良い音が鳴り響いていました。特に重低音の響きが綺麗! 欲しい。
 

13

このドリルを使って柄をいれていきます。先端のハリの太さは、開けたい穴の大きさによって少しずつ変えていくのだそう。
 

15

こちらが今回使用していく、カラカラに乾燥させたひょうたん。綺麗な色のものはそのまま、少し傷がついてしまったものは黒く塗ったりと、工夫しながら作品づくりをしています。今回はひょうたんの色が綺麗なので、そのままを活かした作品にしていきましょう。
 

14

穴の大きさや細かさなどを考慮しながら、まずは鉛筆で掘りたい模様の下絵を描いていきます。この時点でめっちゃ細かい……。
「描いているときが楽しくて、ついつい細かく描き込んでしまったりするのですが、あとでめっちゃ後悔しますね」と笑うタクさん。それでも一度描いたものは、最後まで仕上げるのがタクさんのポリシーです。
 

20

下絵が完成したら、絵に沿って穴を開けていきます。作業自体はシンプルですが、大きい作品やむずかしい柄のものだと半年以上かかるのだそう。部屋にひょうたんを削る機械音が響き渡ります。だんだん模様ができていく過程を見ているのが、本当に楽しく集中してしまいました。
 

34

ランプの土台もタクさんの手作りなんだそう。ひょうたんの形や柄、シチュエーションなどに合わせて木を選び、一つひとつ丁寧に作り上げています。
 

24

世界にひとつだけの特別な癒し空間を、魂込めてつくり上げていくタクさん。できあがっていく工程を見ながら「あのひとに渡したら喜びそうだな」とか「あの辺りに置いたら絶対癒されるな」とか、思いをめぐらせていました。

完成作品を見せていただきました!

本日、工程を見せていただいた作品の完成は約1ヶ月後!ということで、すでに仕上がっている作品をいくつか見せていただきました。

22

こちらは以前にタクさんが制作した、お花をイメージしたスタンドランプの作品。マンダラのような模様が施されています。
 

23

明かりを灯すとこんな感じに。模様の彫りの深さによって、中に入っている光の透け方も変わります。美しすぎる……。
 

21

こちらはタクさんがかなり苦労してつくったという一品。四方に落ちる影と、丹念につくり込まれた編み目になった模様が素晴らしい。編み目の幅を調整することで、丸いひょうたんに奥行きが生まれています。

制作にどれくらいの時間がかかるのか聞いてみると「何度もつくり直したので、制作には半年ほどかかりました」とタクさん。もらった側もここまでのクオリティで作品が送られてきたら、感動しますよね。もはや、どこがどうつくられているのかわかりません。
 

27

こちらは人気作品。真っ黒に塗られたひょうたんに模様が浮かび上がる「宇宙ランプ」。さまざまな大きさに彫られた無数の丸が星くずのように、ひょうたんの上にオリジナルの宇宙をつくり上げています。

その他にも、家の天井ランプや玄関など、家中ひょうたんアートだらけでした。癒された……。帰り道、山奥から聞こえるいろいろな獣の声(実際に野生動物がものすごく多いそう)は怖かったですが、本当に自然に囲まれた、素敵な場所でした。

これからも光と影の世界で、人々の心を魅了し続けていってほしいと思います。

LIG LIKEからオーダーできます♩

ic

ということでコチラのタクさんのランプ、LIGオフィシャルECサイト「LIG LIKE」でオーダー可能です。

興味のある方は、ぜひご注文を。タクさんが心を込めた「世界にひとつだけ」の作品です! 大切なひとへのクリスマスプレゼントにも良いかもしれません。

ゲストハウスLAMPにてワークショップを開催します

来月12月5日(土)には「ゲストハウスLAMP」でひょうたんランプワークショップも開催されます♩

人数に限りがあるので、興味がある方はお早めにお申し込みください。

25

▼ワークショップ詳細

制作費 4,000円(税込)
制作時間 4時間ほど(途中お昼休憩あり)
人数 5名まで(定員になり次第、募集終了)
当日スケジュール 10:00〜ワークショップ開始
12:00〜ランチタイム
15:00〜点灯式
17:00〜LIVEイベント
予約方法 ゲストハウスLAMP「お問い合わせ」よりご連絡ください。

また、同日には「Okika」と「小さい鷲男」によるLIVEイベントもおこなわれます♩

今回はタクさんのランプ展示はありませんが、ワークショップで作成したランプを灯すには、絶好のチャンス! ぜひ自分の手で作りだしたひょうたんランプと、アーティストたちの音楽が融合する光の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

それでは、また♩

のっち
この記事を書いた人
のっち

ライター

関連記事