開発コストを削減「BiTT開発」って?
開発コストを削減「BiTT開発」って?
2015.10.15
#6
菊池良の「聞いてみた」

Amazon電子書籍って儲かるの?作家・架神恭介に聞いてみた

菊池良

 
── Kindleはそれよりは稼げると?

Kindleの印税率って70%なんだよね。Kindleだと1000円で売る予定なので、一冊売れるごとに700円。650冊売れれば講談社から紙で出すのとほぼ同じになるわけで。流石に650冊は売れるんじゃないかなあ、と。そう信じたい。

 

cagami-1

── でもコンドームごはんが350冊だったんすよね。それを上回れると?

俺はKindleに全く高望みしてないんだよね!

長期的スパンで考えてて、10年で1000冊売るのを目標にしてるんだ。それが『コンドームごはん』の経験を経ての結論だね。

書店に書籍がどのくらいの期間並ぶのか分からないけど、多分、いいとこ半年くらいじゃん。それ過ぎたあとはKindleとかでしか入手できなくなっちゃうわけで、書店に並ぶ宣伝アドバンテージ消えちゃうんだよね。で、講談社経由だとKindleの印税率がおそらく実質10%くらいなので、すごく長期的に考えるとすれば、自分でKindle出して70%もらった方がいいっちゃいいんだよ。

 

── どうやって1000冊売っていくんですか?

Kindleは宣伝力の限界が本当にネックだよね・・・。

読者に「新作が出たぞ」という情報をそもそも届けられないんだよな。ブログ、ツイッター、フェイスブック・・・。手軽にできる宣伝手段は当然全部やるとしても、まだ足りない。漫画版のダンゲロスは20万部売れてるから、そこの読者層に情報が届けば1000冊行けると思うんだけれど・・・。一番イイのは、どこかの漫画雑誌が『ダンゲロス1969』をコミカライズしてくれることなんだけどね。ただ、俺もこれから先の仕事で名前が売れていけば、そこから過去の作品に流れていく読者も増えるだろうし、全く勝算がないわけじゃない。

結局、紙と電子書籍はどっちがいいの?

cagami-4

── で、結局のところ、作家は紙とKindle、どっちで出すのがいいんですか?

紙で出した方がいいんじゃないの。

 

── あ、やっぱそうなるんですか。

この時代は、まだね・・・。ほら、今はまだ紙で本出してるとスゴイ感あるじゃん。「俺は紙でも出してるスゴイやつですぅー!」みたいな顔して、箔をつけて・・・Kindleやるとしてもそっからのがいいんじゃないかなあ。俺の場合は、今回は紙で出してもあんまり希望がないから、Kindleの方がまだ夢がある感じになってるけど、紙で出版社から出した方が売れるケースの方が多いと思うよ。俺にしたって10年計画でペイしていく腹だし。

 

── 10年後、Kindleがあるかどうか、不安ですね・・・。

それは実際ちょっと不安だよね。Kindleがこのまま電子書籍のデファクトスタンダードになるのかどうか。

それにKindleどうこうじゃなくて、「あー、電子書籍、そんなのあったなー」って、ベータビデオみたいなことになっちゃう可能性もある。

逆にAmazonが業界で一人勝ちしたら、著者の印税率が下がっていくのではないかという懸念もあるし・・・。まあ、賭けだよね。

まとめ:電子書籍は儲からないらしい

cagami-10

電子書籍は大きく儲かるわけじゃないけど、長期的に(10年〜20年のスパンで)見たら紙の本で出すよりも収入があるかもしれない、俺はそれに賭ける、という暗いんだか明るいんだかわからない、祈りのような結論になりました。架神さん、頑張って!

この記事がこれから電子書籍をやろうかな、という人の参考になれば幸いです。

ほんとうに10年も売れるのかな

ダンゲロス1969
ダンゲロス1969
2