おいキミ、彼はいったいどこで!?
おいキミ、彼はいったいどこで!?
2015.10.15
#6
菊池良の「聞いてみた」

Amazon電子書籍って儲かるの?作家・架神恭介に聞いてみた

菊池良

 
── 前からKindleはやってますよね。これまで何冊出してるんですか?

計4冊。最初に出したのが『作ってあげたいコンドームごはん』。これはかなりネット上で話題になったね。

で、最近になってダンゲロスの短編集を3冊出してる。これは本命の『1969』を売るための助走。短編集を出しながら、宣伝のたびに「Kindleはスマホでも読めますよ!」って連呼してんの。ほら、Kindleは専用機でしか読めない、って思ってる人、まだたくさんいるじゃん。肌感覚的には3人に1人くらいはそう思ってるじゃん。

なんで俺がKindleの説明を連呼しなきゃいけないんだ、って思うんだけど、「Kindleは専用機持ってないから読めないんですよねー」って、もう読者から何度も言われてるからさ。Amazonさんには、この点の宣伝を頑張ってほしいよね・・・。

(*「作ってあげたいコンドームごはん」・・・2014年9月に発売された料理レシピ本。イベントプロデューサーのおぱんぽん氏との共著で電子書籍として発売され、ねとらぼなどのWebメディアやTVにも取り上げられた)

 

cagami-1-2

── 『コンドームごはん』は売れたんですか?

先日、ちょうど発売から一年経ったので集計してみたのよ。ズバリ、一年で売上が352冊

 

── おー、冊数的には結構行ってるんじゃないですか?

いやでも、本とか紙で出したら1000〜2000冊くらいは売れるじゃん。あれだけネット上で話題になって、テレビでも取り上げられて、海外でもニュースになって・・・それでも352冊なんだよね。

てことは、紙の本になって書店に並ぶことの宣伝効果って、まだまだ結構デカイってことなんだよな。たまたま書店に立ち寄った人がパッと見て買うってことがないから、電子書籍はネット上で宣伝するしかないんだけど、ネット上であれだけ話題になっても、まあこの結果なわけよ。

 

cagami-7

── 事前にはどれくらいの売上を予想してたんですか?

それが全然予測つかないからさ。実験的にやってみたのが『コンドームごはん』なんだよね。

やっぱ鈴木みそさん羨ましくってさあ。これが2000冊とか3000冊とか売れるんなら、今後はKindleだけでやっていこうかなって思ってたんだけど・・・。

他に紙で出してる本も幾つか電子化してるんだけど、大体、期待していた数字の1/10くらいしか売れないね。けど、希望が持てる面もあってさ。『コンドームごはん』は旬が過ぎた今でもちょびちょび売れてるんだ。

 

── 右肩上がりに売上が増えてるんですか?

ううん、超低空飛行。墜落しない程度に地面スレスレを飛んでる感じ。月に1000円入るとかそんくらい。でも、一年経過しても月に1000円入ってるから、もしかすると、これからずーっと毎月1000円入るのかもしれない。それだと年金感覚で悪くないかな、って。

 

── 毎年1万2000円ですか・・・。やっぱり講談社から出した方が良かったんじゃないですか。

だって、出してくれないんだもん。あと、出せたとしても初版3000部って言われたんだよね。

作家のリアルな収入状況って?

cagami-5

── 初版3000部ってそんなに低いんですか?

うん。作家の収入について説明しておくと、作家の単行本収入は基本的に「初版部数×価格×10%」なんだよね。印税は10%が基本で、最近は9%とか8%とかの会社も多くて、場合によっては4%のところもあるとかないとか。講談社は10%くれるよ。

初版3000部で価格が1500円だと収入は45万円。小説1冊出して原稿料45万円。これが作家のリアルな収入状況。

3000部を店頭で販売して、良い感じで本が売れた、よっしゃ、こりゃまだ売れるぞ、勝負かけるぞ、と出版社が決意したときに、500部だとか1000部だとか増刷して冊数を増やす。そのたびに10%が入ってくるから、500部増刷されたら7万5千円、1000部増刷されたら15万円が振り込まれるの。

けど、問題はそうそう増刷されないことで、単純に3000部売れても増刷はかからなくて、「おっ、刷っただけ売れてくれた。在庫がなくなって良かった良かった」で終わることもままあるわけ。増刷したらまた刷った分だけ売らないといけないから、「なんとか売れてくれた」くらいじゃ増刷はかからないんだよね。出版社的には損益分岐点を越えて一安心となるんだけど、作家は45万じゃ餓死するわけですよ。

で、今回の『ダンゲロス1969』はシリーズ3作目。シリーズ物は巻数を重ねるごとに売上が落ちていくので増刷が掛かるとは考えにくい。よっぽどのことがない限り、講談社も勝負には出ない。45万貰って終了の可能性が非常に高いんだよね。そこでKindleなわけ。