いいとこすぎて移住しちゃいました / LAMP壱岐
いいとこすぎて移住しちゃいました / LAMP壱岐
2015.10.15
#3
デザイナーズコラム

Webデザインが「どこかさみしい」と思ったとき、3分で試せるアイデア7つ

まきこ

こんにちは、デザイナーのまきこです。
iPhone6のディスプレイがバキバキに割れてしまってから、心を無にしてずっと使っていましたが、iPhone6sの発売により、最近はちょっとウキウキしています。

ところで、デザイナーのみなさんは、普段作業をしているときに「このままのデザインだと、なんかさみしい」「もっとにぎやかにしたい」と思ったことはありませんか?
そんなときは、制作物に応じた「にぎやかし」をするのがもちろん良いのですが、いろいろ難しく考えるよりも、手を動かしてみたほうが早い、ということもありますよね。ということで今回は、デザインが「なんかさみしい」と思ったときに、だいたい3分あれば試せるデザインアイデアを7つご紹介します!

▼ デザインアイデアに詰まったときはこちらもどうぞ。

どこかさみしいデザインの例

3mondi-01

センター揃えにして、すっきり見えるようにレイアウトされたデザイン例です。
スタンダードなデザインではありますが、場合によっては、さみしく見えるかもしれません。今回はこちらをもとにして、3分でできるデザインアイデアを実際に試してみましょう。

1. 水平・垂直に揃えたラインを崩す

デザインの基本は、水平・垂直のラインをきれいに揃えること。
でも、きれいに揃いすぎたデザインは、まじめすぎたり、単調でつまらないものに見えてしまうことがあります。そんなときは堅くなりすぎないように、揃えたラインをちょっと崩してみるといいかもしれません。

全体を斜めに傾けてみる

3mindi-02

バナーなどでもよくみかける手法です。
回転させるだけでそれなりにスピード感や動きを感じさせることができます。さらに丁寧に、スイスデザインのように斜めのグリッドに沿って配置して、にぎやかさと整然とした美しさを同居させることも可能です。スタイリッシュな雰囲気にも合うため、汎用性の高いアイデアですね。

曲線を取り入れてみる

3mindi-03

文字を円弧に沿って配置してみました。
簡単ですが、ポップなにぎやかさがプラスされましたね。座布団のかたちを工夫すれば、打ち出したい世界観に合った、にぎやかなデザインが実現できるはずです。
そのほかにも、整えたラインから飛び出させたり、互い違いにしてみたり、ランダムにずらしたり。崩し方にはたくさんのパターンがあるので、いくつかを手早く試してみて、しっくりくるものを探してみるのもいいですね!

2. 版面率や密度を上げる

ページ全体の面積に対して、文字や写真などの要素がどれくらいを占めているかを示すのが「版面率」。版面率が高いほど、余白は少なくなります。
たっぷりと余白をとったレイアウトは、高級感やゆとりを感じさせますが、ときに大人しすぎることもありますよね。そこで、版面率や要素どうしの密度を上げることで、大人しくてさみしすぎるデザインの印象を変えてみましょう

文字間・行間を詰めて、周りの余白も小さくしてみる

3mindi-04

ぎゅっと中身が詰まったような、にぎやかな印象になりました! 文字間や行間を詰めると、ひといきに読みやすくなって文字全体の面積が小さくなるので、バナーなどサイズが限られた制作物のときにも役立ちます。

色面を増やしてみる

3mindi-05

緑色の部分の面積を増やしてみました。すっきりとした印象はそのままですが、全体の余白が少なくなり、大人しい雰囲気は軽減しましたね。色のイメージが強くなるため、どの色を増やすかは慎重に決める必要がありますが、とりあえず試してみるだけなら3分もかかりません

  • 1
  • 2