LIGPR

【株式会社サイバード編】モチベーションを刺激する、イケてるベンチャー企業のオフィスづくりとは?

たかし


【株式会社サイバード編】モチベーションを刺激する、イケてるベンチャー企業のオフィスづくりとは?

こんにちは、セールスのたかしです。

最近、様々なベンチャー企業にお伺いするのですが、どれもこれもおしゃれなオフィスを構えていらっしゃいます。エンジニアが職場を選ぶ要因の一つに「オフィス環境」が必ず入ってくることもあり、採用効率の向上や離職率の低下に大いに役立つそうです。ただなんとなくおしゃれにしているわけではなく、「人材」に重点をしっかりと置いた結果なのですね。

第1回目に続いて第2回目も、オフィスに詳しい三幸エステートさんのご協力をいただき、先進的なオフィスづくりに取り組まれている企業さんに「働きやすいオフィスづくり」についてお話を聞いてきました! 今回は、代官山にオフィスを構える株式会社サイバードさんです。

株式会社サイバードとは

1998年、日本におけるモバイルインターネットのスタートともに創業し、「モバイルでスマイル!」を企業理念に、モバイルに特化したコンテンツ提供会社としてスタートした。

現在では、App StoreやGoogle Playを中心としたスマートフォンゲーム事業と、豊かなライフスタイルをサポートするコンテンツ事業を展開している。

株式会社サイバードのオフィスは、2012年度に「第25回日経ニューオフィス賞」においてニューオフィス推進賞を受賞されており、今回は、素敵な笑顔で迎えてくださった同社の高谷さんにお話を伺いました!

9796 人物紹介:株式会社サイバード 高谷 美妃 さん
同志社大学卒業後、2008年に株式会社サイバードへ入社。企画、経営企画を経て、広報全般、「イケメン研究所」のアシスタントを担当する。

独創性やトレンドがいち早くあふれる「代官山」で新しいサービスの発想を

受付エリア㈰

素敵なオフィスですね。緑がいっぱいかと思いきや、真っ赤な壁があったり、はたまた正面の大きな窓から光が差し込んでいたり。そもそも、オフィスを移転されたキッカケはなんだったのでしょうか?

高谷
移転してきたのが2011年2月。震災の前のタイミングだったのですが、2010年からオフィス移転を考えていました。スマホ向けアプリ・サービス、SNSが台頭してきて、弊社としても「事業転換」をしなくてはならないという大事な時期だったんです。

スマホ向けアプリやサービス、SNS系のサービスは、「0から1」を創る発想が重要です。独自性やクリエイティビティといったものが大切になってきますので、そのようなチカラを養うためにも「代官山」への移転を選びました。

なぜ、代官山に?

高谷
代官山は様々な独自性のあるお店であふれていて、独自のブランドを発信している街だと思います。そういった街の特性と融合しながら、新しいサービスの発想をうまく養えていければと考えたからです。

たしかに、個性的なお店がたくさんありますもんね。

高谷
そうなんですよ。飲食店もそうですし、服屋さんや雑貨屋さんもそうです。いわゆるチェーン店が非常に少ない街だと思っています。独創性やトレンドがいち早く街にあふれる代官山へ足を踏み入れることで、有益な情報をキャッチしてサービスやアイデアに活かしていければと、代官山を選びました。

社員みんなで自ら作り上げたオフィス

ver2

—会議室、個性的な色ですね! 会議室の名前も特徴的ですが(後述)、これらはどうやって決まったんですか?

高谷
実は、2012年までは六本木ヒルズに入居していました。オフィス環境的にはとても優れていて、何も不便のない恵まれた状況でした。

しかし、そういった環境から脱却して、「自ら作り上げていくチカラ」を大切にしていかなくてはいけないとも考えていました。そのため、新しいオフィスについては、入居したときにスケルトン状態だったものを社員たちで自ら作っていったんです。

え!? 社員さんたちが自ら作られたんですか!?

高谷
そうなんです! 2階受付フロアに関してはニューヨークの設計事務所さんに入っていただいたのですが、3〜7階の執務スペースエリアは別です。各階にいる社員が代表になって、「どういうオフィスにしたいか?」「パーテーションは何色にしようか?」「会議室エリアの椅子はどういったものがいいか?」などを、すべて自分たちで決めました。社員みんなでオフィスを、会社を作っていこう。そんな一体感のもと、考えていったんです。

すべてですか。。。すごいですね。各階ごとに色々な意見が出たと思いますが、社員の声を拾うためにはどんな取り組みをされていたのですか?

高谷
アンケートをとったり、目安箱みたいなものを作って意見を集めたり。できるものから対応していきました。

質のいい椅子を使うなど、ある程度、基本的な部分は決められていたのですが、それ以外の「会議室の名前」「内装デザイン」「小物の選別」だとかは、各階に予算を渡しつつ「うまく見繕ってね〜」とお願いしてしまう感じでしたね。

そこまですると、社員としてもオフィスに「愛着」が湧きますよね?

高谷
はい。それも狙いとしてありました。例えば、会議室の名前に「若草」というものがあります。これは毎年行っているクリスマスパーティーの商品に会議室の命名権がありまして、新卒3年目の社員がそれを手にして決めたものです。

試行錯誤した上で社長にプレゼンし、何度もブラッシュアップしながら、作り上げていきました。ちなみに、会議室にはどれも自然由来の名前がつけられていて、「大地」「牡丹」「桔梗」「向日葵」「橙」などがあります。

会議室:若草

会議室ひとつを取っても、社員の想いがしっかり込められているんですね!

高谷
そうなんです。2階の受付を進んでいただくと、左手にサイバードグループのデザインがあるんですが、あれも当時の新卒社員たちが「どういったデザインがいいか?」ということを考えて、文字を切り抜いたり、スポンジを使ってポンポンポンと叩いたりしてデザインしていきました。みんなで作り上げていこうとの想いが詰まったものになっています。

受付エリア㈫

—素敵ですね! 手形がデザインに使われているところもありましたが、あれは社員さんたちの手形ですよね?

高谷
はい、入居当時はよくやっていました。来客された方にも手形をつけていただいたりして、思いの丈をぶつけていましたね!(笑)コメントとかも書き加えたり。

あの部分はもともと壁面緑化にする予定だったのですが、「このままでもデザインとしてなかなか面白いよね!」ということで、あのままで。会社のキービジュアルのひとつといった感じで、あえて残しています。

「サイバードらしさ」が関わる人たちの満足度を高める

受付エリア㈪

高谷
結局、壁面緑化の計画はなくなってしまったんですが、その代わりにフロアの床から実際に生木を植えています。植えられているのは南方植物で、窓が非常に高いオフィスの特徴と合わせて、ちょっとダイナミックな開放感を演出しているんです。驚きセンス「サイバードらしさ」を感じていただける空間になったのではないかと思います。

たしかに、この生木、ダイナミックですね。

高谷
ありがとうございます。現在は50種類ほどで、季節に合わせて植える木々を変え、四季折々の表情も演出しています。春には「桜」も飾ったりするんです。生木なのでリラックス効果もあるかと思います。

お陰様で、いらっしゃったお客様にも好評です。「アイスブレイク」的な効果もあり、スムーズに商談にも入って行きやすかったりしますね。やはり、エンターテインメントを提供している企業なので、お客様にもそういった部分を強く感じていただけると嬉しいです。

思わず触れたくなってしまうようなオフィスですもんね。御社のオフィスは「採用」の面でも良い方向に繋がりそうですが、「入社意欲が高まる」などといった声はありますか?

高谷
人事担当者からよく聞いています。「こんなオフィスで働きたい!」と思っていただけるのは、すごくありがたいことですね。「社員みんなで作り上げる」「新しいサービスを生み出す」といったチャレンジングな「サイバードらしさ」を感じていただくことにもつながっているので、このようなオフィスにしてよかったと思っています。

社員からも「このオフィスが大好き」「打ち合わせ一つとっても良い気持ちで臨める」などの声が聞かれ、「働きやすさ」に関する満足度は高いですね。

ParkCYBIRD

高谷
働きやすさという意味では、「Park Cybird」というリフレッシュスペースも作っています。畳やこたつもあってゆっくりできますし、週に2回ほどカレーやお弁当の販売なども行われていて、休憩スペースとしてみんなで使っているんです。執務スペースにずっといるとアイディアも硬直してきますが、リフレッシュルームでリラックスしながらだと柔軟に発想できる。そんな効果もあります。

社長室

高谷
こちらの部屋は社長室なのですが、普段は役員のミーティングでもよく使われています。

弊社オフィスの特徴である大きな窓から光がたくさん入ってきて、アイディアも出やすいと評判です。太陽の光を浴びるとリフレッシュにもなりますし、晴れやかな気持ちでミーティングができるので、私自身も満足しています!

社員のみなさんが働きやすい環境、ここで働きたいって思える環境をつくられているサイバードさん、すごいです。1階のイベントスペースも拝見しましたが、「サイバードらしさ」が感じられる空間ですね!

高谷
そうですね。1階のイベントスペースは、社内向けイベントや映画の試写会、新サービスの発表会などの他、街の方々との交流の場としても活用しています。月1回の代官山マルシェという野菜市を開催したり、ハロウィンイベントに使っていただいたりと、街の方々とのつながりを大切にしているんです。

六本木ヒルズにオフィスがあったときは、同じフロアにいる他企業の方や、それこそ街の方々とお話しする機会はほとんどなかったのですが、移転してきてから地域の方々との交流が増えました。

代官山マルシェ 企業が街の方々と積極的に関わりを持つというのは、珍しいですね?

高谷
そうですね。他企業様との違いの一つと言えるかもしれません。1階の開けたスペースで、オープンな関係性を作る。そのような機会をどんどん生み出していきたいです。

私たちは代官山にやってきて、代官山の街を歩いたりするなかで、様々な刺激をいただいているわけです。だからこそ、その街を作ってくださっている街の方々との関わりを今後も本当に大切にしていきたいと思っています。

さいごに

オフィスを社員みんなで作り上げた、サイバードさん。オフィスに対する愛着を随所に感じました。自社に限らず、街の方々との繋がりも大切にするというスタンスも、コンシューマー向けサービスを展開されているサイバードさんらしさを感じますね。

これらのオフィス活用が、良い企業ブランディングへとつながり、採用社員満足度にも良い影響がもたらされているようでした。

もし、サイバードさんのように企業らしさや自社のこだわりをオフィスに表現したいという方は、ぜひオフィスの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

賃貸オフィスの仲介なら「三幸エステート」

賃貸事務所・賃貸オフィス・貸事務所の仲介なら三幸エステート

三幸エステートの特徴

  • 年間1,600件に及ぶ豊富なオフィス仲介実績
  • 全国10万棟のオフィスビル情報をデータベース化
  • 「1社1担当者制」で営業職が長期にわたって担当し、クライアントを知り尽くす

三幸エステートさんでは様々な企業のオフィスを掲載しており、大手からベンチャー企業までどのようなオフィス環境で働いているのかを知ることができます。

働く人にとって働く環境はなんといっても重要なもの。また企業にとっても、オフィスは企業ブランドに直結するものです。

ぜひ、次回のオフィス移転をする際に、社員の満足度を高めるための手法として、参考にしてみてください!

たかし
この記事を書いた人
たかし

メディアセールス

関連記事