品質、費用、納期、どれも重要!そんなときに確認したい「なにを最優先にするか」

品質、費用、納期、どれも重要!そんなときに確認したい「なにを最優先にするか」

さささん

さささん

こんにちは、ディレクターのさささんです。

Web制作現場だけの話ではないかもしれませんが、こんな場面に遭遇したことはないでしょうか?

  • 納期は、1か月後
  • 品質は、PCでもスマホでもタブレットでも最適化されたUI
  • 費用は、数十万円

品質、費用、納期のどれもが高いパフォーマンスを求められているケースですね。
「トレードオフ」とも呼ばれる、ひとつを追求すればその他を犠牲にせざるを得ないという状態です。

そうした場合、決裁者や担当者にまず確認しなければいけないこと。
それは「なにを最優先にするか」です。

納期を最優先とする場合

最初に挙げた例の場合は、納期は1か月後です。
高品質・高機能のものを作り上げるためには、優秀な人材が多数必要になります。そうなると、必然的に人件費が増えてしまいます。当然、数十万円ではつくり上げることができません。

それでも品質・機能を担保して1か月後にリリースする場合は、お金が必要となるので予算を見直さなければいけません。追加予算をとるために資料を作ったり稟議にかけたり……そうしているうちにすぐ1か月経ってしまうでしょう。

本当に納期が最優先であるならば、要件や機能を削減するほかありません。

品質を最優先とする場合

品質を最優先とする場合は、時間費用もかかってしまいます。
高品質を実現できる優秀な人材をアサインすれば、時間は短縮できますがその分、費用がかかります。このケースの場合は、追加予算の調整が必要になります。

納期を延ばしたとしても結局費用がかかってしまうので、どちらにせよ追加予算の調整が必要になります。

この記事のシェア数

49

さささん
さささん マネージャー / 佐々木 亮介

Web事業部マネージャーの佐々木亮介です。 (LIG出戻り1号です) 真っ直ぐみんなを見つめる美しい瞳とキラキラ輝く眩しい笑顔、周りを優しく包み込む癒し系ボイスがチャームポイント のようです。 趣味はコスパの良い食べ物を探すことです。 【役職紹介 / Web受託制作マネージャー】 WebサイトおよびWebサービスを作り続けるWeb事業部に複数ある受託制作チームのマネジメントをおこなっています。 コンセプトの設計と、常に追いかけている最先端のデザインと開発技術で、イケてるものを作れる集団にしていきたいと考えています。 【普段やっていること】 Web制作部門の未来を見据えた組織構築と、組織や制作業務の課題・解決に取り組んでいます。 そのほか、採用面接、顧客折衝、プロジェクトマネジメント、制作ディレクションなど様々な業務をしています。