新人エンジニアにすすめたい、Google検索でいち早く物事を調べる方法

しょごたん


こんにちは、しょごです。

LIGにきて1年が過ぎました、早いものです。
家の近くのゲーセンにダンスエボリューションという音ゲーをしに、よく通っています。エンジョイ勢ではありますが、点数よりも踊りを完コピするようにしてるのでそれなりの運動量で、おかげさまでずいぶん体重が減りました。

さて、春になり新社会人の季節となりました。
今年からエンジニアとして一歩を踏み出した人もいるのではないでしょうか。
そこで、ウチの今まで経験から、先輩風を吹かせてアドバイスをしようと思います。

新人は全てを教えてもらえるわけではない

新人はその名のとおり新人であり、右も左もわからない人が多いと思います。アレはどうすればいいのか、コレはどうすればいいのか、分からないことが続きます。

先輩エンジニアに相談したとき、答えてもらえる場合もあれば、「まずは自分で調べて」という回答をもらう場合もあるかと思います。
もちろんパワハラやそういうことではなく、ちょっと今相手してる余裕がない、自分で調べる力を身につけてほしい、学んでほしい。という意図があると思います。

しかし、何をどうやって調べたらいいのかがわからないこともあるかと思います。

大体Googleで検索するかと思いますが、それこそ検索結果の膨大な情報の中から探すことになります。検索してうん万件の中で、1ページずつ探していく……どんだけ時間かかるのよ。。
そんなときの、調べ方のコツを伝授します。

まず「わからないこと」を明確にし、文章化する

「物事の調べ方がわからず、どうやったら自分の知りたい情報が得られるのかわからない!」と嘆く方もいると思います。
これを明確にするために、そもそも自分が何が知りたいのか、何がわからないのかを理解しているかを考えます。
バカみたいなことかもしれませんが、案外これができてない人が多いんです。わからないことがわからないと、何を調べていいかすらわかりませんからね。

わからないことを明確にした例

例を出して説明したいと思います。
ウチがエンジニアとして初めてした仕事は、会社のWebサイトを設置するWebサーバの構築でした。
レンタルサーバなどではなく、実機サーバにてWebサーバ構築してほしい、OSはLinux系なら何でもいいけど、Vine Linuxでよろしくとのこと。

「え? サーバをつくる? これ普通のPCみたいなんだけど……どうすんの?」と思いました。しかし、次に言われたことは「サーバを作ってもらうけど、まずはサーバの作り方を調べてみて」でした。

どんな情報が必要なのか

なるほど、じゃあサーバの作り方がわからないからまずは手順を調べる必要があるなと。

まず、どんな情報が必要なのかを明確にします。単純なことなんですけど、コレが次のステップで重要になります。
わからないことが明確になったら、それをそのまま文章にします。

  • 「Webサーバって何?」
  • 「そもそもVine Linuxって何なのよ。。」
  • 「Webサーバの構築方法を知りたい」
  • 「Vine LinuxでWebサーバを構築の仕方が知りたい」

紙に書いたり、文章をタイピングしたりするのもいいでしょう。文章化することで、調べることの方向性がより見えてきます。

文章化したものの中から要点をピックアップする

先ほど文章化したものの中から、重要な単語、要点になりうる単語のみを吸い上げてみると、以下のようになりました。

 
[Vine Linux]で[Webサーバ]を[構築]する[仕方]が知りたい

このように調べたいことの中から単語をピックアップしたら、この単語を使ってGoogleで検索をかけます。

単語を複数入力して検索する

Googleで検索する際、先ほど文章化したことをそのまま入れても答えてくれるわけがありません。基本は単語を入力して検索しますが、これも一つだけだと記事が膨大にヒットしてしまいます。
そこで、先ほどピックアップした単語を複数入力することで、より具体的な検索条件をもとに情報を絞り込みます。

このように単語を複数入力して調べる、絞り込むという方式を身に着けることが、必要な情報を探し出す近道になります。

なお、このときの単語はお堅い書き方よりもやわらかい書き方のほうがヒットしやすいときもあります。

複数の単語で検索する例

例えば、システムを開発したものの実行したら動かなかった場合の検索なら、

「php CSV 出力されない」「apache エラー 再起動できない」

という、なに駄々こねてるん?みたいな文章でも意外とヒットしたりします。

大体こういうときは、先人エンジニアがやり取りしてるFAQサイトや備忘録ブログ記事などに行き着くので、実践的な情報が得られるときが多いです。

検索結果のタイトル、概要文で見極める

ピックアップした単語にページがヒットしても、自分が望んだ内容が掲載されてるとは限りません。ですが、ヒットしたページを一つ一つ見ていくのは、これまた時間の無駄です。

そこで、結果一覧のページタイトル、概要文でそのページに求めている情報が掲載されてるかを判断するようにします。
難しそうですが、慣れてくると意外とそれだけで判別もできるようになります。

検索結果を閲覧するのは1ページ目まで

ヒットしたページが複数あった場合でも、求めている情報が掲載されているページは大体1ページ目で見つかります。
場合によっては、2ページ目までいかないと出てこない可能性もありますが、ページングすればするほど欲しい情報は薄れていきます

2ページ目を過ぎてもなかなか目当ての情報が見つからない場合は、検索したキーワードが最適でない可能性があります。
そのため、だいたい2ページ目までで必要な情報が見つからなかった場合はキーワードを変えて再検索しましょう。

最終的には先輩に聞く

拾ってきた情報を元に作業をできればいいんですが、時にはその情報が古かったり、そもそも既存システム改修であればそのシステム独特の仕様や方針があったりします。そこはGoogleで検索しても、もちろん出てきません。

そのため、そこまで情報がまとまったところで思い切って先輩に聞くことも大事です。

  • 質問A「Webサーバの構築の仕方が全然わからないんで教えてください」
  • 質問B「Webサーバの構築方法ですが、Webサーバはapacheをこういう設定で構築しようと思うのですが問題ないでしょうか」

など、結果はあきらかかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
これまでの一連の流れを瞬時に行えるようになると、“仕様を実現するにはどうしたらいいか”を自分で導けるようになるだけでなく、ディレクターやクライアントに対してもレスポンスが早くなり、ひいては自分の引き出しを増やすことにもつながります。

これは業務に限らず、普段の生活での疑問点などを調べることにも直結するので、身につけると必ず役に立ちます。
ぜひ実践してみてください。

それでは。

 

【新人エンジニアのために】

フロントエンドエンジニアがオススメするWeb技術の書籍5選

2013年厳選版!フロントエンドエンジニアがオススメするWEB系の技術書・指南書

行きたいイベント・セミナー情報がきっと見つかる検索サービスまとめ23選

PHPとは?Web業界で働きたいプログラミング初心者のためのエンジニア基礎入門

WordPressのカスタマイズでよく使う!初心者が覚えておきたい条件分岐タグ9選

しょごたん
この記事を書いた人
しょごたん

バックエンドエンジニア

関連記事