メディア関係者ならFeedlyで追っておきたい注目メディアサイト38選

まゆこ


メディア関係者ならFeedlyで追っておきたい注目メディアサイト38選

ちゃおっす! エディターのまゆこです。
皆さんのスマホの中には、はてなブックマーク、NAVERまとめ、Antenna、グノシー、スマートニュースなど、キュレーションアプリが1つは入っていると思います。通勤・通学などの短い時間で効率よく情報を取得することが当たり前になっていますね。

しかし、「キュレーションアプリを全部見なきゃいけない」という情報迷子に陥っている方も多いのではないでしょうか。 そこで今回ご紹介したいのが『Feedly』です。

Feedlyとは?

feedly

Feedlyとは、RSSリーダーです。Webサービスなので異なるプラットフォームに制限されることがなく、PCからスマホまで幅広い機種で利用することができます。

RSSとは?

RSSは、ニュースやブログなど各種のウェブサイトの更新情報を簡単にまとめ、配信するための幾つかの文書フォーマットの総称である。

出典元:Wikipedia

また、iOS/Android端末はもちろん、Webブラウザのアプリケーションもあります。Google+/Facebook/Twitter/TumblrなどのSNSと連携することもできますよ。

つきまして、この記事ではFeedlyに登録しておきたいメディアを38サイトご紹介させていただきます。

Web制作

Web担当者Forum

Web担当者Forum

企業のWeb担当者やマーケティング担当者に向けて「明日役立つ」ノウハウやニュースを更新しているサイトです。
イベントやセミナーのレポート記事も豊富に揃っています。記事を読みすぎて疲れてしまったら、サイト内には漫画で読めるコンテンツもあるので、そちらもぜひ。

SEO Japan

SEO Japan

日本で最初のSEO情報サイトとして登場し、最新のSEOとコンテンツマーケティングの情報配信をしています。
検索マーケティングメディア『Search Engine Land』をはじめ、コンテンツマーケティングを代表する人気ブログ『Copy Blogger』の翻訳記事の配信もおこなっていますよ。

Ferret

Ferret

Webマーケティングの最新ニュース/事例/ノウハウ/用語辞典など、幅広い情報を配信しているサイトです。
会員数は24万人を誇り、記事では『IT業界希望の就活生必見!面接やインターンで飛びかうWebマーケティング用語43選』『デザインだけじゃなく資料作成にも使える高品質無料ベクター素材80選』なども公開されています。

二十歳街道まっしぐら(個人ブログ)

二十歳街道まっしぐら

管理人のかめきちさんが見つけたWebサービスやITを中心とした役立つ記事を更新しているサイトです。
サイト下には『過去の栄光』として『Chromeに乗り換えて1年、私が愛用している拡張機能13個まとめ』(1737はてブ)/『Chromeを使うなら是非とも知っておきたい、便利な小技20個まとめ』(2006はてブ)など、今読んでも役に立つ記事が数多くあります。

ガジェット/ニュース

The Huffington Post日本版

The Huffington Post日本版

世界中の政治家/評論家/学者などが寄稿し、2012年にブログメディアとしては初となるピューリッツァー賞を受賞した『The Huffington Post(英語版)』。(受賞したのは戦争で重傷を負い、退役軍人となった本人とその家族に密着した約8ヶ月間の長期連載シリーズ『Beyond The Battlefield』。)

寄稿という形で政治からエンターテイメントなど、多種多様なコンテンツを大量に生み出す超大型ブログメディアとなっています。日本版では朝日新聞社が写真や記事の提供を行っていますが、内容に関しては編集部が独立した編集権を握っているようです。

ニュースやブログに加え、ソーシャルメディアを活用し、専門家やユーザー間での活発な議論や意見交換による「オピニオン・フォーラム」の提供を目指します。このサイトの目的は「言論・表現の自由を貫き、新聞をはじめ多様なメディアを通じて公共的・文化的使命を果たす」(朝日新聞社行動規範から抜粋)という朝日新聞社の基本方針と合致します。

出典元:朝日新聞社

VICE Japan

VICE Japan

世界各国に根強いファンを持つ『VICE(英語版)』は、もともとフリーマガジンでしたが、日本では『VICE Magazine』が休刊した後にWebメディア、VICE Japanとして復活を遂げました。

さて、初めにVICE Japanのポリシーをご紹介。VICE Japan YouTubeチャンネルは、現状のメディアと本来のニーズとのギャップを埋める役割を果たし、オンライン・ビデオ・プログラムの革新を狙います。そして、硬化しつつある現在のメディア情勢を奮い立たせ、タブーとして放映が難しいとされる若年層のトレンド及びサブカルチャーの現状を映し出してゆくのです。

出典元:VICE Japan

VICE JapanのYouTube公式チャンネルでは、日本語に訳されたドキュメンタリー/インタビュー映像が数多く投稿されているので、ぜひご覧ください。個人的には、以前話題になった“ウクライナの生けるバービー美女”Valeria Lukyanova氏を取り上げた『Real Life Ukrainian Barbie』がおすすめです。

iTunesでは『VICE Magazine』(※17歳以上の方が対象)がダウンロード可能となっているので、興味のある方はぜひ。

ギズモード・ジャパン

Gizmode

アメリカのオンラインメディア企業であるGawker Mediaが運営する『GIZMODO(英語版)』。ギズモード・ジャパンでは、GIZMODOから翻訳された最新のテクノロジーニュースやレビューまで、時事性の高い記事を素早く配信しています。

4月にはギズモード・ジャパンの新カテゴリとして“アクション系エンタメサイト”の『コタク・ジャパン』が登場しました。

ライフハッカー[日本版]

ライフハッカー[日本版]

GIZMODOと同じくGawker Mediaが運営する『Lifehacker(英語版)』。ギズモード・ジャパンの兄弟サイトとして2008年に運営を開始したライフハッカーは、ビジネスから生活に関わる幅広いライフハック記事を配信しています。

WIRED.jp

WIREDjp

“未来のトレンド”をコンセプトに最新のテクノロジーニュースからサイエンス、ガジェットを中心に配信している『WIRED(英語版)』。通常の記事以外にも著名な経営者やクリエイターのインタビュー記事も豊富に揃っていますよ。

一次休刊となっていましたが、 現在はGQ JAPANの増刊号として約3ヶ月に1冊のペースで書籍も出版されているので、書店でもチェックしてみてください。

ロケットニュース24

ロケットニュース24

“昨日のニュースをいち早くお届けしたい”をコンセプトに運営されているロケットニュース24。
編集部やライターが独自に収集した国内で話題になっている出来事から海外で話題になっているネタまで、さまざまなコンテンツで溢れかえっています。1日の更新本数も結構な量があるので、ぜひチェックしてみてください。

GIGAZINE

GIGAZINE

IT系のニュース以外にもグルメや雑学などを取り上げるブログメディアで、2015年1月時点での月間PV数は約1億32万PV(※1)になるそうです。
2000年に開設した当初は個人のニュースサイトでしたが2006年より編集部が設置され、現在に至ります。

2008年にはイギリスの大手新聞社The Guardianが公開した『The world’s 50 most powerful blogs/「世界で最も影響力のある50のブログ」』やアメリカの週刊誌TIMEが公開した『The Top 25 Blogs/(ブログトップ25)』にも選ばれました。

(※1)出典元:GIGAZINE

BLOGOS

BLOGOS

“意見をつなぐ、日本が変わる”をコンセプトにLINE株式会社が運営をする『BLOGOS』。現在は日本で最大規模の“提言型ニュースサイト”となっており、政治家や研究者、経営者からブロガーまで、多彩な執筆者が意見を発信しています。

また、ユーザー同士がコメントで議論を展開することができ、専用のカテゴリも設けられています。

PR TIMES

PR TIMES

プレスリリース・ニュースリリースの配信を行っている『PR TIMES』。2015年3月時点の月間PV数は400万PV(※2)にも及び、プレスリリースに特化したサイトとしては国内最大規模となっています。

12,000を超えるメディア媒体の中から激選されたリリース記事をお届けし、上場企業の22.87%(※2)がパブリシティする実績を誇ります。

(※2)出典元:PR TIMES

ITmedia

ITmedia

ITmediaは“IT総合情報ポータル”として、運営元であるアイティメディア株式会社が運営する数々のITメディアが集約されたサイトです。

トップ画面には各メディアからピックアップされた記事が並んでおり、多くのメディアの中でも何が注目されているのか分かりやすく、旬なネタからビジネス、経営、Webマーケティングなど、カテゴリはさまざまです。

NATIONAL GEOGRAPHIC日本版

NATIONAL GEOGRAPHIC日本版

地球の美しい自然、野生動物の知られざる生態、人々の暮らしと文化、宇宙の神秘と最先端の科学を中心に取り上げており、アメリカの雑誌の中でも古い歴史をもつ『NATIONAL GEOGRAPHIC(英語版)』

また「ナショナル ジオグラフィック」は、アメリカ雑誌史上、全ページをカラー写真にした雑誌の第1号。 キャプションのみで本文抜きの組写真を最初に採用したのもこの雑誌です。地球が丸いことを証明した写真、 海中撮影、空中撮影をはじめ、「古代インカの空中都市マチュピチュ遺跡」や「大西洋に眠るタイタニック 号」の写真を最初に掲載した雑誌です。

出典元:NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版

今年で日本版の創刊が20周年を迎える日本版では、“国を超え、大人から子どもまで「知の冒険」に誘います。”という言葉どおり、画面を見ているだけで探究心をくすぐられる素晴らしいメディアです。

GGSOKU ガジェット速報

ガジェット速報

国内外のスマートフォンやタブレットに関わらず、電化製品、科学・テクノロジーを中心としたニュースを配信するメディアです。また、ガジェットを中心としたニュースに留まることはなく、コラムや評論といったカテゴリもありますよ。

techcrunch

スタートアップ企業の紹介やインターネットの新しいプロダクトのレビューや、業界の重要なニュースを扱うテクノロジーメディアである『TechCrunch(英語版)』

日本版では翻訳記事の他に、オリジナル記事の投稿やイベントの開催なども行なわれており、Airbnb本社への訪問動画など、動画コンテンツも揃っています。

TeckWave

もざ

“「Glocal」世界視点で日本のテクノロジーを考える”をコンセプトに国内既成メディアの概念を打ち破り、“社会を変えるための新興メディア”となっています。
海外の話題をリアルタイムで記事にしていますが、スタートアップへの支援にも注力していますよ。

AdverTimes

AdverTimes

宣伝会議が運営する広告業界のニュースをまとめた情報ポータルサイトです。
広告や宣伝に関わる方は、絶対にチェックするべきサイトだと思いますので、ぜひお見逃しのないようにしてください。

THE BRIDGE

THE BRIDGE

“起業家と投資家を繋ぐ”をコンセプトに、スタートアップを中心としたニュースを配信するメディアサイトで、月間UU54万人(※3)を誇ります。
起業家や投資家、エンジニアに向けたスタートアップの情報やテクノロジーに関する記事も配信していますよ。

(※3)THE BRIDGE

ねとらぼ

ねとらぼ

“気になる・人に話したいネットの旬ネタをお届け”してくれるメディアで、ITmedia内にあるITmediaニュースでスタートしましたが、2011年に独立したメディアとなりました。
サイト内には「ちょいエロ」という本当にちょっぴりエロいカテゴリから、「ねこらぼ」という猫のネタを中心に取り上げるカテゴリもあります。

トゥギャッチ

トゥギャッチ

Twitterで話題になっていることを旬なうちに配信してくれるメディアなのですが、ネットの著名人によるコラム記事も多数配信しています。
個人的には、現代社会に対して抱く「言葉にできないモヤモヤ」を綺麗に言語化して解決してくれる小野ほりでいさんのコラムが好きです。

ビジネス

NewsPicks

NewsPicks

“もっと自由な経済誌を。”をコンセプトに、経済を中心としたニュース記事を配信しています。記事を執筆している業界の著名人をフォローすることによって、自分だけの紙面を作成することもできますよ。

電通報

電通速報

株式会社電通のコーポレート・コミュニケーション局が運営する電通報。
広告業界の最新動向やトピックスの他にも、コミュニケーションに関連する電通グループの先進の知見やサービス、ソリューションなどが紹介されているニュースサイトとなっています。

CAREER HACK

CAREER HACK

“WEB・IT業界で働く人々の人生を少し豊かにするメディア”として、キャリアからライフ、ノウハウなどさまざまな記事を配信しています。自分のキャリアを見つめることができるボリュームのある記事が多いので、ぜひチェックしてみてください。

Poole

Poole

LIGが運営する転職サイトPooleでは、求人を掲載してくださった企業のインタビュー記事を公開しています。現在注目の企業からスタートアップまで、創業者の想いや苦労話、今後の展望などを中心に記事を公開しているので、ぜひご覧ください。

ライフスタイル

nanapi

nanapi

“生活の知恵が集まる情報サイト”として、記事コンテンツを“ライフレシピ”と呼び、日々の生活を豊かにしてくれるメディアサイト。恋愛から人間関係、趣味や経済など数多くのカテゴリを取り扱っています。

ベットに入ってもなかなか眠ることができない私は『ぐっすり眠って健康に!睡眠のハウツーまとめ』という記事に救われました。本当にありがとうございました。

Roomie

Roomie

“Small Happiness”をテーマに、“気分がちょっとあがるモノ・コトを紹介するメディア”となっており、グルメの紹介から生活雑貨、映画や音楽などのカルチャーを中心に紹介しています。Twitterでは、公式マスコットである「るみたん」が語尾に「るみー」を添えて最新情報を発信していますよ。

CINRA.NET

CINRA.NET

株式会社CINRAが運営をするCINRA.NETは、カルチャーを中心に取り扱うニュースサイトとして、音楽/アート・デザイン/映画/演劇/書籍などのニュース記事だけではなく、編集部の独断と偏見によってピックアップされた今をトキメク人のインタビュー記事も公開されています。

Fashion Press

Fashion Press

ファッションを中心にビューティー/アート/グルメ/音楽/映画など、ライフスタイルに関する情報を配信しており、カテゴリにはスナップもあり、街角のオシャレさんの写真も豊富に揃っていますよ。

GQ JAPAN

GQ JAPAN

女性向けファッション雑誌『VOGUE』を出版しているコンデナスト・パブリケーションズの男性向けファッション雑誌『GQ』の日本版Webメディアサイトです。 リモアの情熱的な記事など、もう好きでたまりません。

娯楽系

カラパイア

カラパイア

『カラパイアの歩き方』によると“記事は主に、RSSに登録してある巡回リストから集めたものを紹介しています。”と記載されています。
そのキュレーションとタイトルのセンスに、思わず記事をクリックしてしまうのです。そして何よりも私は管理人のパルモさんが大好きです。

「生」と「死」は表裏一体の関係にあります。同様に「喜び」と「悲しみ」、「善」と「悪」、「真」と「偽」、「戦争」と「平和」も両面セットになっていて決して切り離すことはできません。その両方を知り、認め、受け入れることで、見えてくるなにかがあるのかもしれません。

出典元:「カラパイアの歩き方」

DDNJAPAN

DDNJAPAN

デジタルやアート系のネタを中心に記事を配信しているDDNJAPAN。サブカルチャーを愛する層の人々から絶大な支持を得ましたが、最近だとクスッと笑えるようなコンテンツも配信しているようです。

パネ━━━━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━━━━ッ!!!!などの顔文字で最初に記事の印象を伝えてくれるのですが『【生ける伝説】弓術5千年の歴史「ロビン・フッドをも超えた」現代の射手ラース・アンダーセンが凄すぎる』の記事は「これ本当にパネーわ」と思いました。本当にすごい。

KAI-YOU

kai-you

“世界をよりワクワクさせるあらゆるポップなコンテンツ”を中心に、国内で話題になっている旬なネタや日本のポップなカルチャーを中心に記事を配信しています。

ちなみにKAI-YOUは「何やってるの?」「カイヨウ?」と言われることがあるらしく、そんな方のために同サイトにある自社ブログにて『KAI-YOUとは何か? Webメディア以外にもいろいろやっているのです!』という記事が公開されています。

海外メディア

Interviewly

Interviewly

英語圏で圧倒的な人気を誇る『reddit』で人気のスレッドのまとめサイトです。redditはブックマーク/ニュース/電子系版の機能を持ち合わせたサイトなので、日本では『2ちゃんねる』に似ていると言われることが多いです。

2012年にはオバマ大統領が『I am Barack Obama, President of the United States — AMA (self.IAmA)/(バラク・オバマだけど質問ある?)』というスレッドを立てて一気に話題になりました。

Bored Panda

Bored Panda

私は英語が得意ではないので、写真がとにかく綺麗な海外メディアが好きです。Bored Pandaも同じく、写真が綺麗で枚数も多いので英語を読まなくても、なんとなくではありますが内容を把握することができます。

Colossal

Colossal

こちらも写真が綺麗なサイトです。写真/デザイン/アニメーション/絵画/イラストレーション/アート/建築/描画/ストリートアートなどのカテゴリに分けられています。

また、記事タイトルをクリックしなくてもサイトトップで記事が完結するUIになっており、写真の数も豊富なので1スクロールでスラスラ読み進めることができます。

My Modern Metropolis

My Modern Metropolis

アートやデザイン、写真を中心に配信しているMy Modern Metropolisは、芸術家や写真家など作り手が生み出す作品をブログ上で詳細に紹介することで、より多くの人に知ってもらうことを運営方針の1つに設定しています。

世界中から集まった作品は、独創的なものから可愛らしいものなどさまざまで、見ているだけで楽しい気持ちになれますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか。好きなインフルエンサーやキュレーターを見つけることも効率よく情報を取得する手段だと思いますので、Feedlyに登録するだけではなく、ご自身のSNSも積極的に活用してみてください。

Feedlyにご登録されていない方は、この機会にぜひ。

>>公式HPはこちら<<

>>Chrome版はこちら<<

>>iTunesダウンロードはこちら<<

>Androidダウンロードはこちら<<

ではでは、失礼いたします。

 

【いろんなメディアを見ておきたい!】

美容・ファッションから健康管理まで!女性向けお役立ちメディアサイトまとめ15選

ブログのネタにも!海外のおもしろいメディアサイトまとめ12選

好みの記事をピックアップ! おすすめキュレーションサービス4選

Web業界では定番!毎日見たいIT系ニュースサイトまとめ14選

田舎暮らしのための仕事や地域がわかる情報メディアまとめ

まゆこ
この記事を書いた人
まゆこ

エディター

関連記事