LIGのメルマガ、はじめました!
LIGのメルマガ、はじめました!

Evernote APIを利用してログイン機能を実装してみた

まろ

組み込んでみる

今回はexpressというフレームワークで組み込みたいと思います。
こちらのURLにサンプルが用意されているので、それをベースに作っていきたいと思います。

サンプルソースのダウンロード

まずは、ダウンロードしましょう。
プロジェクトディレクトリにexpressをコピーします。

APIキーのセット

config.json.templateをconfig.jsonにリネームします。
前章で取得したAPIキーを設定します。

{
  "API_CONSUMER_KEY" : "XXXXXXXXXX",
  "API_CONSUMER_SECRET" : "XXXXXXXXXX",
  "SANDBOX" : true
}

コールバックURLの設定

ログイン後の遷移先を設定します。

var callbackUrl = "http://{ココを設定}/oauth_callback";

実行

node app.js

このコマンドで実行して、サーバーの3000ポートにアクセスしてみましょう。

スクリーンショット 2015-05-26 11.26.39

ログインボタンを押すと、ログイン画面に遷移し、サンドボックス用のアカウントでログインできました。

スクリーンショット 2015-05-26 11.26.51

スクリーンショット 2015-05-26 11.27.11

スクリーンショット 2015-05-26 11.27.22

ログイン後は、セッションにアカウント情報が記載されていることを確認できます。

まとめ

実際のアプリケーションにはこの後、申請が必要になります。
比較的簡単に作成することができましたので、他言語での実装も重くはないと思います。
oauth認証がSDKによって簡単にできると、開発者にとってもサービス間連携が作りやすいので、次はTwitterログインのサンプルも作ってみようと思います。
それでは。

 

【Evernoteでなんでもできる!】

【超便利】EvernoteとFacebook&Twitterを連携させて情報を保存・管理する方法

ビジネスで活躍!フリーランスにオススメの無料クラウドサービスまとめ

フリーランスは知っておきたいオンラインクラウド請求書作成ツール8選

デザイナーにおすすめのウェブサービスとその使用例まとめ

Webライターが快適にライティングするための便利なツール・サービスまとめ

  • 1
  • 2
M o n g o